【期待値◎軸馬】競馬予想blog

2015年から儲ける馬券→回収率100%超えを目指し攻略を開始。2年かけて遂に黒字化に成功。当初は平場の芝レースのみを対象にしておりましたが、2017年天皇賞秋から重賞での予想を試験的に開始すると、予想と反してここでも複勝回収率113.6%と結果を残すことに成功しました。予想重賞数が2018年4月24日現在では54レースと少ないことからまだ楽観はできません。ですが皆様の予想のお手伝いが少しでもできるのであればとの思いから、予想を公開させていただいております。

いつもは平場の芝レース専門で予想をしています。ブログでも主に芝重賞の予想を上げていく予定です。予想方法ですが、複数の指数を独自のアルゴリズムで分析したものを基準に、レース毎の過去傾向と枠順などの当日情報を分析して予想をしています。分析が終わり次第順次記事を更新していきます。重賞で予想するのは基本的に◎本命と〇対抗の2頭となります。

タグ:重賞


12月16日(日)阪神11R朝日杯FSの予想です。

考察で書くことが殆どないので今回は省きます。

グランアレグりアが抜けた人気になっています。
実際強い馬です。
能力を出し切ればこの馬が勝つでしょう。

ただ2歳レースなので思わぬアクシデントも考えられます。
そうなってくると狙うべきは他の馬。

2歳のレースは最速の上りを出す馬を見つければ基本的に当たると思っています。

この法則で行くと、今回最も速い上がりを使うであろう馬ということでこの馬が本命として導き出されます。




本命の馬名こちらをクリック

➡️最強競馬ブログランキング


今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


今日はline及びツイッタ‐の方でブログ観覧数3万人突破記念として2歳レースを多数配信しています。
ブログの方でも古馬のレースを配信する予定でしたが、期待値が取れそうなレースがありませんでした、、、
楽しみにしていただいていた方には申し訳ありませんが、明日再挑戦したいと思います。

レースがあればですが、、、



それでは
12月15日(土)中山11Rターコイズステークスの考察と予想です。


【考察】

【リナーテ】 三浦騎手

上がり馬ですね。判断が難しいですが、今回は重賞級の馬も多数でているのでまだ少し力が足りないかなという印象です。


【ミスパンテール】 横山典騎手

調子を崩していましたが、最近回復の予兆が見えてきているとの情報もあります。前に行く馬の少ない今回、馬のやる気が復活して前目から進める競馬ができるとしたら好走する可能性は高い気がします。何にせよ馬と騎手次第という点では手が出しにくいのですが、伏兵としては面白いと思います。


【フローレスマジック】 ルメール騎手

上がり馬ですね。ただ戦ってきた相手が重賞級の馬ばかりで、この馬もそれに準じる力があることは明白です。中山はルメール騎手とデムーロ騎手の庭なので、絶好枠を引いた今回は好走確率高そうです。


【デンコウアンジュ】 柴田善騎手

昨年は好走しておりますが、個人的には中山が向く馬だとは思っていません。前走かそれ以下のパフォーマンスになると考えると少し相手が強くなりすぎるのでは?


【レッドオルガ】 Cデムーロ騎手

この馬も上がり馬です。ただ内容は充当奈1600万以下といった感じです。Cデムーロ騎手が騎乗することは驚異ですが、強くは推せないです。もっと外目の枠を引いて自信満々消せたらよかったのですが、、、


【プリモシーン】 ビュイック騎手

あのアーモンドアイから0.6秒差と考えるとここでは力が1枚上手だと思います。ビュイック騎手への乗り替わりでおそらくパフォーマンスを上げてくるのではないかと思うので、ここは期待していいと思います。後は展開次第でしょう。


【ディメンシオン】 福永騎手

一番評価に悩む馬がこの馬です。上位の馬と比較すると実績は物足りませんが、勢いでどこまでやれるか、本当に判断に困る馬です。


【ミエノサクシード】 川島騎手

穴として1番面白いのはこの馬だと思います。何気に強い相手と戦っており、目立ちはしませんがここでは実力上位だと思います。川島騎手というところだけ気に食わないですが、馬券に組んでおいて損はない気がします。


【フロンテアクイーン】 マーフィー騎手

馬自体はここでは上位の存在となるとあとは、マーフィーって誰だーとなる訳ですが、すごい騎手ですね。このまま成長していくと世界1の騎手にもなれるかも知れません。今のところ日本での騎乗は中山の5Rしか見れていませんが、一般的な海外のトップ騎手と同じですね。最小限の内を回って直線で外に出す教科書通りの競馬です。ただ少し追い出すタイミングが遅いかも知れません。ここからへんは今から調整するのでしょうが、逆に今はまだ調整中のように見えます。もともと差し遅れるイメージのあるフロンテアクイーンなのでどこまで調整してくるかがカギとなりそうです。外目の枠なのである程度の不利は覚悟した方がいいかも知れません。


【カイザーバル】 四位騎手

この馬は前走がとにかく郵趣で四位騎手と手が合うようです。そうなってくると底を見せていないという点で伏兵としては面白い馬だと思います。


【カワキタエンカ】 池添騎手

この馬に関しては外枠は関係なさそうです。テンの速度が違いますからね。そうなるとあとは力を発揮できるかどうかですが、ここは普通に上位の能力を発揮してくる場面だと思ています。前走のダートだけは余分ですが、その分人気が下がるとなると狙う価値はありそうです。

これはいい意味で悩まされるレースです。

ルメールを買ってフローレスマジックか、ビュイックを買ってプリモシーンか、マーフィーを信じてフロンテアクイーンか、穴狙いでカワキタエンカ、ミスパンテールか

本当に楽しみなレースです。



直前まで悩みましたが、中山の5Rをみて本命はこの馬に決めました。
期待値1強レースです。

本命の馬名こちらをクリック

➡️最強競馬ブログランキング


今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



12月8日(土)中京11R中日新聞杯の考察と予想です。


【考察】

【エンジニア】 北村宏騎手

前走パフォーマプロミスから0.5秒は立派な結果と言えると思います。このメンバーなら通用していいはず。ただレース内容自体は非常に展開が向いたこともあってのなので、そこは少し割り引きが必要か。最高のレース展開になれば馬券内もあるし、そうでなければ着外の可能性も高い、そんな感じです。内枠を引けてるので最高を狙うのも面白いかも?


【アメリカンズカップ】 松山博騎手

個人的にものすごく好走条件が厳しい馬です。こういう馬が好走するときは事故なので買わないのが吉だと思います。


【グレイル】 津村騎手

指数ピックアップに該当していないので買いません。セントライト記念では、先週大敗したレイエンダの後ろにいた馬です。


【ハクサンルドルフ】 藤岡康騎手

この馬は末脚は確実ですが、いつも届きません。そういう馬です。戸崎騎手から変わったとは言っても藤岡康騎手ではそこまで一変も期待できないので、好走しない可能性の方が高いと思います。


【ギベオン】 Cデムーロ騎手

前走の負け方が不可解です。ここに照準を合わせてきているなら好走するでしょが、セントライト記念を調整に使ってここが本番!!なんてことは普通はないですよね。Cデムーロ騎手への乗り替わりでどこまでパフォーマンスを上げてくるか。人気になるようなら不安視してしまう1頭です。こちらも指数ピックアップ非該当馬です。


【ドレッドノータス】 中谷騎手

近走のパフォーマンスを見るとここでも通用するだけの能力はあるように感じます。騎手が中谷騎手ということでパフォーマンスを落とす可能性が高いことからあまり積極的に買いたい馬ではありません。


【メートルダール】 福永騎手

前走はブラストワンピースから0.3秒、これは立派と言えます。ただ後方有利の展開利が合っての好走というのも忘れてはいけません。なんせこのレースの3着はミスター差し遅れショウナンバッハですから。ということでまず間違いなく前走よりパフォーマンスが落ちると思います。とは言え昨年の覇者ということで一定の評価は必要でしょう。差しが届く展開になれば前走の再現も?


【ストロングタイタン】 アヴドゥラ騎手

この馬もストライクゾーンが異常に狭い馬だと思います。基本的に買う必要はないと思いますただ、アヴドゥラ騎手はおそらく手が合います。前走を度外視すれば案外面白い伏兵な気もします。


【マイスタイル】 田中勝騎手

馬の能力は上位にあると思います。この馬の好走を決めるのは前に行けるか、ただそれだけでしょう。メンバーを見ると逃げる馬がいないので、田中勝騎手が腹を決めて逃げを打てば好走する可能性は高いように感じます。中途半端に好位につけようとすると暴走して2走前の二の舞もあるかも知れません。鞍上がモレイラ騎手だったら本命は間違いなくこの馬なんですが、、、


鞍上、枠と良くない条件が揃ってしまっているのでそれほど自信があるわけではありませんが、人気馬に怪しい馬が多いので相対的に配当は高くなりやすいのではないかと判断しています。

期待値一強レースです。

本命の馬名こちらをクリック




今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



12月2日(日)中京11RチャンピオンズCの考察と予想です。


【考察】

【ルヴァンスレーヴ】 Mデムーロ騎手

三歳でこの安定感、この強さ末恐ろしい馬です。ここでも能力は最上位と言っていいと思います。前走で見せた競馬をすれば、連勝は4連勝に伸びることになると思います。ただ今回は多頭数でのレースの内枠を引いてしまいました。懸念点を挙げるとするならここでしょう。砂を被り続けてどうなのか、直線で進路がなくなるリスクもあります。実力は抜けているが、隙はあると思っています。



【ノンコノユメ】 内田博騎手

近走は勝ちきれていませんが、僅差ではあります。能力は現役最上級の馬なので当然でしょう。ではなぜ勝ちきれないのかそれは、後方からの競馬しかできないことでこの馬のベストパフォーマンスを発揮できる舞台が限られているからです。今回もこの馬にとってベストとは言えない舞台なので、僅差で敗れて再度掲示板付近止まりとなる可能性が高いのではないかと思います。来年の根岸Sで買いたいですね。


【アスカノロマン】 太宰騎手

前走は突然謎の力走をしましたが、それでも届いていないことからあれがこの馬の限界なのだと思います。今回は前回より相手が揃うので厳しいでしょう。


【サンライズノヴァ】 戸崎騎手

前走は素晴らしい末脚で差し切り勝ちを決めています。ただ条件的に差しが決まり易いコースですし、クインズサターンより位置が前だから勝てたような、クインズサターンと差のあまり感じられない内容ではありました。クインズサターンがG1で通用しないように、この馬もここでは厳しいと思います。この馬も来年、根岸Sに来てほしいですね。


【ケイティブレイブ】 福永騎手

勝ちきれないことで有名な馬が、格下相手とはいえ2連勝しています。今がこの馬のピークなのかも知れません。脚質的に不発が少ない馬なので、能力的に上位である今回も好走する確率は高いと思います。


【サンライズソア】 モレイラ騎手

前走でも書きましたが、逃げることができれば残ることのできる馬です。今回もメンバー的に逃げが叶う可能性が高くパフォーマンスは前走同様のものを見せてくれると思います。それでも勝てなかったのが前走で、この馬に先着した馬が2頭とも出てきています。ここに強い相手が増えるとなると少し厳しいかも知れません。この少しの不利を帳消しにしてくれるモレイラマジックに期待しましょう。


【オメガパフューム】 Cデムーロ騎手

とにかく末脚が確実な馬です。3歳でありながら前走はケイティブレイブに0.1秒差と、この馬も今後が楽しみな1頭です。Cデムーロ騎手への乗り替わりでどうかですが、目に見えてパフォーマンスが上がることはないと思います。それでも通用するだけの能力のある馬ではありますので、リベンジに期待したいですね。


【インカンテーション】 三浦騎手

前走から確実にパフォーマンスをあげてくる馬だと思います。それでも夏頃から調子を落としているのが目に見えているので買いにくいですね。ベストの状態でもこのメンバーでは通用するかどうかですから、調教を見て、人気していないようであれば馬券の端に加えるくらいだと思います。


ゴールドドリームの回避、枠が出るまではあまり買う気の無かった馬ですが、条件が変わりました。
こうなってくるとこの馬で間違いないと思います。

期待値一強レースです。

本命の馬名こちらをクリック




今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



12月1日(土)中山11RステイヤーズSの考察と予想です。


【考察】

【アルバート】 モレイラ騎手

今回勝つことができたなら前人未到の重賞4連覇です。3600mという特殊なコース形態とそこで発揮される当馬の能力を考えるとその可能性も低くはないと思います。何よりも2走前に京都大賞典で3着にねじ込んできたマジックマンことモレイラ騎手が乗るというのが大きいと思います。この3着って通常この馬の能力を考えるとありえないんですよ。4連覇見てみたいですねー。


【モンドインテロ】 ビュイック騎手

陣営の使い方が不安定なせいで、この馬は適正がよくわっていません。ビュイックが乗ることと、年齢があまり関係ない長距離ということを考えると通用してもいいのかも知れませんが。判断が難しいですね。オッズを見て判断しましょう。


【コウキチョウサン】 北村宏騎手

未知の距離で才能が開花しない限り厳しいと思います。


【ララエクラテール】 戸崎騎手

距離が伸びてパフォーマンスが上がってきた馬です。このまま3000m以上でも適性を見せることができれば馬券内もあるかも知れません。


【リッジマン】 蛯名騎手

3000mを超えるダイヤモンドSで好走経験があるのが大きな強みです。3000m以上条件で再度好走する可能性は十分あると思います。蛯名騎手が乗ることもプラスです。


【メドウラーク】 丸田騎手

スピードの絶対値が低い馬なので厳しいと思います。


適正がものをいうレースですが、3000m超え初めての馬が多く未知のレースと言えます。
そうなると経験者から馬を選ぶのは当然と言える選択、、、

期待値一強レースです。

本命の馬名こちらをクリック




今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



12月1日(土)阪神11RチャレンジCの考察と予想です。


【考察】

【マウントゴールド】 武豊騎手

もともと前に付ける馬ではありましたが、逃げるようになって一皮剥けた印象です。ここ2戦のパフォーマンスであれば戦える水準に達したとは思いますが、今回は強力な逃げ馬がいるのでそれも叶わないとなると少し厳しい戦いとなりそうです。枠が絶好なのだけが救いです。


【ダンビュライト】 北村友騎手

このメンバーレベルであれば格上と言える馬だと思います。武豊騎手よりは北村友騎手の方が合いそうなのでそこもプラスです。枠はもう少し外目が欲しかったですね。馬群に包まれると能力が発揮できずに思わぬ凡走もあるとかも知れませんが、それがなければ好走するだけの下地はあります。


【マイネルフロスト】 丹内騎手

好走するビジョンが見えません。消しでいいでしょう。


【ダッシングブレイズ】 Cデムーロ騎手

ここ最近はふるっていませんが、Cデムーロ騎手への乗り替わりが少し怖く感じます。たぶんパフォーマンスをあげてくると思います。これは感覚的なところなので特に根拠はありません。パフォーマンスが上がったところで足りるかというと怪しいですし、凡走する可能性の方が高いと思います。


【ロードヴァンドール】 横山典騎手

半年以上間隔が空くのが怖いですが、横山典騎手が乗ってからのこの馬の、能力はこのメンバーでは最上位のものがあります。そうなると走る態勢が整っているかがカギとなりそうですね。とはいえ逃げないとその能力も半減する馬なのでマルターズアポジーがいるこのレースは様子見でいいのではないかと思います。


【レイエンダ】 ルメール騎手

セントライト記念もまだこの馬の底を見せたようなレースではなかったことを考えるとここは最上位級の評価を与えるべき馬でしょう。好走確率は普通に高いと思うので後は、どんなスケールの競馬を見せてくれるのかが楽しみです。


【エアウィンザー】 Mデムーロ騎手

8連続連対している安定感が売りの馬です。負けた相手も3回中2回がトリオンフなので仕方ない。となればここでも当然好勝負となるでしょう。内枠を引いていれば本命にしていたと思います。それくらい安定感のある馬です。


【トリコロールブルー】 岩田騎手

つかみどころがない馬ですねー。ただ休養明けが最も走る馬なので買うべきだったのは前走だったと思います。


エアウィンザーが外目の枠に入ってしまったので、おまけレースです。
強いていうなら、レイエンダでいいのではないかと思います。

私はハイリスク、ローリターンなので賭けませんが。




今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



11月25日(日)京都12R京阪杯の考察と予想です。

まずできていなかった指数ピックアップ馬をあげます。

オールポッシブル

キングハート

ビップライブラリー

以外の15頭です。

圧倒的な該当数、過去最高ではないでしょうか?
この拮抗具合に短距離、ハンデ、一流騎手不在と荒れる条件がこれでもかと集まっています。
このレースでは何が合っても驚けません。
なんとしても高配当をわがものとしたいところですね!


【考察】

【エスティタート】 藤岡康騎手

1600万組からとしては比較的買いにくい馬です。そもそも能力が重賞では足りていない感じがします。


【フミノムーン】 国分騎手

脚質が追込み一辺倒なため安定感はありませんが、着差は案外少なくなっています。これは追込み馬に良く見られる現象で、この0.4~0.7秒は基本的には縮まらないと考えていいと思います。好走は難しいでしょう。ただただ展開待ちです。


【ダノンスマッシュ】 北村友騎手

良い枠を引きました。前に付けることのできる安定感が魅力の馬です。能力的にも上位の存在と言えそうで、ここは期待していいと思います。


【アレスバローズ】 藤岡佑騎手

もともとオープンで少し足りないくらいの馬ですが、逆に重賞級と言える馬の少ない今回は十分通用すると見ています。藤岡佑騎手がそこまで上手く馬群を捌くイメージがないので詰まりのリスクはありますが、上手く直線で前が開けば末脚は確実でしょう。


【コウエイタケル】 小牧騎手

掴みどころの無い馬ではありますが、比較的内枠を引けたことはプラスとなるでしょう。能力的には通用するか怪しい馬なので、どれだけロスの少ない競馬ができるかがカギとなりそうです。


【ナインテイルズ】 岩田騎手

1000m選手には少し荷が重い気がします。たぶん消しで良いと思います。


【グレイトチャーター】 福永騎手

能力的にはここで通用して良い馬ですが、脚質が差してくるものなので安定感に欠けます。必ず馬券に組み込むべき馬だとは思いますが、軸にするべき馬ではないかなーという感じがします。福永騎手への乗り替わりは大きなプラスになるはずなのでまたまた、2~3着あたりになる事を期待しています。


【ダイアナヘイロー】 菱田騎手

自分のペースで走ることができれば重賞でも通用するかも知れませんが、今回は逃げ馬が複数頭いるので厳しいレースになると思います。


【アサクサゲンキ】 吉原騎手

前走は重馬場なので度外視とすると安定した末脚の馬と言えると思います。アレスバローズと今回は斤量が2キロ違うことを考えると、展開次第では逆転もあるのではないかと思っています。穴として展開待ちをするのも面白いかも知れません。私は穴党ではないなので買いませんが。


【カルヴァリオ】 柴山騎手

集中の予想でも書きましたが、伏兵として期待している馬の1頭です。1600万組の中では最も高いパフォーマンスを秘めていると思います。脚質、鞍上と安定感はありませんが、はまれば1発があっても私は驚きません。


【ダイメイフジ】 秋山騎手

かなり波が目立つ馬ですが、この波は簡単に分けることができます。右回りなら高パフォーマンス、左周りなら低パフォーマンス、これだけです。今回は右周りなので高パフォーマンスが期待できると思います。後はその高パフォーマンスが通用するかですか、それは微妙なラインだと思います。人気はしていないので穴として抑えておくべき馬だとは思います。


【ベステンダンク】 松山騎手

これだけのパフォーマンスを2戦連続で発揮しながらまだ9番人気とは嬉しい限りです。鞍上の弱化もあり前走よりパフォーマンスが上がるとは思えませんが、そもそもの能力がここでは上位だと思うので、スタートさえ決めて位置を取れれば好走する可能性も十分あると思います。お勧めの穴馬の1頭です。


【ワンスインナムーン】 大野騎手

安定した先行力、重賞で僅差のレースをする能力、安定感という面では上位の馬だと思います。掲示板付近には来ると思いますが、そこから先はどうでしょうか。とりあえず馬券には組むべき馬だと思います。


【アンヴァル】 酒井騎手

前走から3キロ重くなっています。前走が酒井騎手と手が合うというパターンでの好走でない限り厳しい感じはします。個人的には酒井騎手とだけ手が合うという奇遇性に賭けるよりは、軽斤量での好走の方がしっくりくるので前走より数段厳しいレースになるのではないかと思っています。


【ナガラフラワー】 太宰騎手

休み明け初戦ということもあり、あまり期待していませんが、人気していないので馬券に組み込むのはありだと思います。差しが決まる展開になれば馬券内もあるかも知れません。



枠を評価して軸はこの馬からいきます。
期待値一強レースです。

本命の馬名こちらをクリック




今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



11月25日(日)東京11Rジャパンカップの考察と予想です。


【考察】

【アーモンドアイ】 ルメール騎手

現役最強牝馬との名高いアーモンドアイの出陣です。現在の3歳クラッシック路線の能力とそれに対するアーモンドアイのパフォーマンスの関係からいうとここでも十分通用するのではないかと思っています。そして鞍上にはデビューから乗り続けているルメール騎手を配して完璧な布陣です。牝馬の好走率が高いジャパンカップというのもこの馬にプラスとなるでしょう。ではなぜ牝馬の好走が多いのかですが、それはレースの質が瞬発力勝負に秀でている牝馬に有利なものになり易いからです。そのため、ロスなく直線に向かうことができる内枠の馬の好走確率も高くなるようです。全ての条件を満たしているのは間違いありませんが、肝心の瞬発力勝負に確実になるかというと正直自信がありません。問題となるのはキセキの存在です。今年に入ってから明らかに前に前に付ける競馬を試しています。そしてここ2戦は持続力勝負の展開から好走をしています。鞍上の川田騎手が土曜日の京都8Rでのエクレアスパークルのように積極的に乗ってきたら、瞬発力勝負にはならず牡馬の地力に押しつぶされるような形になる可能性もあるかも知れません。あくまで100%好走する馬ではないくらいの、邪推ですが。


【サトノダイヤモンド】 モレイラ騎手

復帰後のパフォーマンスを見ると、ピークを間違いなく過ぎてしまっている馬ですね。ここで通用するかはかなり怪しいと思います。とは言えメンバーレベルが低いので通用するかも知れませんが。鞍上がモレイラ騎手に変わることは間違いなくプラスで、枠もほぼ理想的な枠です。人気しないようであれば買い、人気するようであれば少し軽視という感じでしょう。


【ミッキースワロー】 横山典騎手

前走は横山典騎手特有のやらずなので度外視できますが、それだけ調子が上がっていなかったという証明でもあります。そこから休養明けで即マックスのパフォーマンスとはいかないはずなので、ここは様子見でしょうか。今回の結果を見て次走以降に期待したいと思います。


【サンダリングブルー】 ベリー騎手

ベリー騎手が乗るようになってから世界を相手に崩れ知らずです。この騎手は上手いですよ。相手が重賞レベルの今回はしばらくぶりの外国馬の好走もあるかも知れません。あんまり情報がないのでこれくらいし書けけず申し訳ありません。


【キセキ】 川田騎手

レースの鍵を握ると見ている馬です。恐らく前目から競馬をするのではないかと思っています。展開さえはまればレイデオロと戦うことのできる馬だけに、ここでも一発あっていい存在だと思います。スタートが決まれば要注意ですね。



【シュヴァルグラン】 C.デムーロ騎手

内枠を引けばこの馬が本命でもいいかと思っていのですが、少し外目でした。悩みます。もともと2走目に照準を合わせてくる馬で、前走より確実にパフォーマンスは上げてくると思います。ただその前走があまりにも不甲斐なく少し衰え的な部分を疑ってしまいます。とは言え昨年の覇者です。現在5番人気なのでこの人気であれば買うべきだと思います。


【スワーヴリチャード】  M.デムーロ騎手

前走は出遅れ&マカヒキとの接触があっての大敗なので度外視しましょう。ただ、調教が終始折り合い重視に徹底していることが気になります。前走の影響がないのであればこの馬が本命でいいのですが、、、悩みますね。


【カプリ】 ムーア騎手

あの凱旋門で5着です。クリンチャーと比較で言えば十分強い馬と言えると思います。ムーア騎手の人気があっても6番人気なので一応抑えておくべきだと思います。


【ウインテンダネス】 内田博騎手

ここでは足りない馬だと思います。ただ逃げるのはこの馬かも知れません。早めにキセキが動いてかわそうとするのに対抗して、ペースが上がって持続力勝負になったりしたら面白いですよね。その程度の馬です。


不確定要素と、一番好走率の高いであろうアーモンドアイの過人気を考えると買えるレースではないと思います。
今回はおまけレースとしてもし買うならこの馬かなという1頭を選びました。


本命(仮)の馬名こちらをクリック↓

人気ブログランキング




今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。



人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



11月18日(日)京都11RマイルCSの考察と予想です。


【考察】

【ステルヴィオ】 ビュイック騎手

前走でアエロリットに負けておりますが、前有利の展開の中差し込んできた走りは評価できるものと思います。今回はそこから1キロ斤量が増えての出走になるので差を埋めることは難しいとは思いますが、前の残らない瞬発力勝負になれば可能性はあると思います。ビュイック騎手はマイナスにはならないと思います。


【ペルシアンナイト】 Mデムーロ騎手

前走の負けは59キロ&前哨戦&展開不向きでノーカウントで良いと思います。本来のパフォーマンスであれば、現役最強スワーヴリチャードと0.1秒差もある通り現役最強級と見ていいでしょう。昨年の当レースのパフォーマンスも圧巻の1言で、適正は文句なしです。怖いのは前が詰まることだけですが、そこはG1ハンターのMデムーロ騎手に期待といった感じです。枠以外は本当に文句なしです。


【アルアイン】 川田騎手

対象的にほとんど最高と言える枠を引いたのはこの馬です。能力的には最強級の馬の1つ下、2番手という印象ですが、それは距離2000m以上のレースでの話です。馬の体型的にマイル向きと言われている馬であり、ベストパフォーマンスではない状態での2番手であれば、適距離であれば最強級でもおかしくはないと思います。鞍上も川田騎手に戻り態勢万全といったところ。間違いなく好勝負になると思います。


【ロジクライ】 Cデムーロ騎手

この馬は持続力に長けた少し癖のある馬です。そのためペース配分に長けた外人騎手が乗れば一変するのはごく自然の流れだったという前走の勝利です。今回も引き続き外人騎手が乗るので能力は出し切ってくるでしょう。ただ出し切ったところで、このレベルの相手に好走できるかは不明です。恐らく前にいるアエロリットが持続力勝負に持ち込むと思うので得意の展開となり、ぎりぎりまでは勝負になると思いますがアエロリットに勝てるかと言われると、うーん。


【モズアスコット】 ルメール騎手

安田記念勝ち馬ということで現マイル路線の主役はこの馬であり、1番人気もこの馬となると思います。今をときめくルメール騎手が乗っていますしね。間違いなく現役最強級の能力を持つ馬ではありますが、前哨戦では勝ちきれない戦績が続いています。ここにはある1つの共通点があり、それは右回りのレースということです。よく見ると右回りの時に、明らかにパフォーマンスを落とす傾向が見て取れます。それでも通用するだけのポテンシャルを持った馬ではありますが、ベストではないという意味で少し疑ってみたくなってしまう馬です。


【ミッキーグローリー】 戸崎騎手

前走はかなり印象の強い鮮やかな勝利でした。まだ余力があったように感じられるので馬自身は前走以上のパフォーマンスを見せてくれると思います。ただ鞍上がルメール騎手から、戸崎騎手へ格下げされています。これにより前走と同等かそれ以下のパフォーマンスとなる可能性もあり、そうなると相手が強くなるここでは厳しいのではないかと思います。これがなければ悩むところでしたが、これで安心して軽視できますね。


【エアスピネル】 福永騎手

前走は前哨戦ということでパフォーマンスは必ずあげてくると思います。ただ今まで常に好走してきたよな馬が得意の舞台であの負け方となると衰えを疑ってしまいます。枠も少し外すぎますね。鞍上が福永騎手ということを考慮すると、劇的なパフォーマンスの向上も望めなく掲示板付近になるイメージが、、、もともと勝ちきれない馬なのでいつも通りと言えばいつも通りの評価ですが(笑)


【アエロリット】 ムーア騎手

今回のレースのペースを握る馬で、この馬もほとんど崩れ知らずの馬です。前走はモレイラ騎手の完璧なペース配分による完勝でした。今回はムーア騎手への乗り替わりですが、ほとんど評価は変えなくて大丈夫でしょう。今回も絶妙なペースを配分を期待します。瞬発力勝負になると分が悪いので、全てはムーア騎手にかかっていますが、ムーア騎手であれば恥ずかし競馬にはならないでしょう。


今回のレースの鍵はアエロリットだと思っています。

アエロリットが差しの決まり難いペース配分でレースを進めることができれば、前目の持続力型の馬が有利でしょうし、
差しが届く瞬発力勝負になるようであれば末脚特化の馬が必ず突っ込んできます。


私はムーア騎手を信じます!!
ということで本命はアエロリット

ではなくこの馬です。
期待値1強レースです。

本命の馬名こちらをクリック




今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



11月11日(日)京都11Rエリザベス女王杯の考察と予想です。


【考察】

【ハッピ-ユニバンス】 若松騎手

まず能力が足りていません、さらに若松騎手が能力の足りない馬で好走するビジョンが見えません。消しでいいと思います。


【フロンテアクイーン】 蛯名騎手

外枠であれば迷わず軽視していたと思います。ただベストと言える枠を引いてしまったので困りました。個人的にはこの馬は蛯名騎手とは合わない馬だと思っています。フロンテアクイーンは北村宏騎手が乗っていた頃のように内を活かして最後に馬群を割って好走する。つまり器用さと瞬発力を武器にするべき馬だと思っています。ですが、蛯名騎手は直線で外に出して進路を確保しようとする騎手なので、それだけ本来いらないはずのロスをする可能性が高いと感じているからです。もともと少し足りないこの馬が、いらないロスを背負うとなると勝つことはないでしょう。さらに適距離より長い2200mとなると今回は高い評価は与えれないですね。



【レッドジェノヴァ】 池添騎手

この馬も良い枠を引きました。スタートさえ決まれば馬券内にくる可能性は十分あると思います。


【アドマイヤリード】 藤岡康騎手

馬場が悪化して内を空けて走るような状況であれば買い。そうでなければ軽視する方向でいいと思います。


【モズカッチャン】 Mデムーロ騎手

遂にこの馬が1番人気になるときがきましたか。感慨深いですねー。去年から世代トップレベルの馬として見ていたのでここでも十分通用する馬で間違いないと思います。前走の評価は難しいですが、もっと適当に流してくると思っていたので、思っていた以上に強い内容でした。これは単純に抜いてレースをしていたのに能力があるがゆえに好走してしまったように見えるので、サングレーザー同様本番でパフォーマンスをあげてくる可能性が高いのではないかと思っています。去年勝っているレースなので適正も申し分なしです。


【カンタービレ】 Cデムーロ騎手

前走は差してきましたが、今回はどこから競馬をしてくるのでしょうか。読めない点が少し怖いですね。能力的には通用するかどうかのライン上くらいと見ています。Cデムーロ騎手があまりふるっていない印象なので、どう乗ってくるのか気になります。よくも悪くもスタートしてからでないとこの馬評価は難しいですね。こういう馬はオッズに注目しておきましょう。


【スマートレイア―】 武豊騎手

久しぶりに武豊騎手に戻ります。これはプラスでしょう。かといってもう8歳なのでG1では買えないです。


【リスグラシュー】 モレイラ騎手

G1、2着回数が実に4回というミスター善戦ウーマンです。前走は鞍上をデムーロ騎手にして勝負のレースでしたが、それでも勝ちきれませんでした。今回はモレイラ騎手ですが、基本的には前走以上はなく、前走と同じパフォーマンスが限界だと思います。まぁ前走と同じパフォーマンスが出るならここでも通用するということになるともうので、金曜日時点で3番人気とあまり人気していないこともあり馬券には必ず入れたい馬ですね。


【ノームコア】 ルメール騎手

今をときめくルメール騎手騎乗です。それだけで本気度が伺えますね。前走は相手が弱かったとはいえ、評価できる高いパフォーマンスだったと思います。正直ルメール騎手が乗らずにもっと人気しない感じになっていたら、この馬を本命にしていたかも知れません。ただルメール騎手が乗るということで人気が予想されます。馬券には入れますが本命と言われるとうーん。悩まされます。


【コルコバード】 浜中騎手

非常に大切に乗られてきた馬がついにG1の舞台に出てきました。この馬は扱いが難しいですね。ほとんど他馬との比較が効かないので人気していなければ馬券に加える、人気していれば加えないくらいしか評価のしようがありません。


【ミスパンテール】 横山典騎手

やる気があるか、ないかが最も重要しされる馬です。前走大敗していることから1か月でやる気が戻るとは思えないので消しでいいと思います。もしやる気になっていたら来てもおかしくはない馬なのですがね。


朝起きたらノームコアが一番人気ですか、それならばこの馬から
期待値1強レースで行きたいと思います。



本命の馬名こちらをクリック




今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ

↑このページのトップヘ