【期待値◎軸馬】競馬予想blog

2015年から儲ける馬券→回収率100%超えを目指し攻略を開始。2年かけて遂に黒字化に成功。当初は平場の芝レースのみを対象にしておりましたが、2017年天皇賞秋から重賞での予想を試験的に開始すると、予想と反してここでも複勝回収率113.6%と結果を残すことに成功しました。予想重賞数が2018年4月24日現在では54レースと少ないことからまだ楽観はできません。ですが皆様の予想のお手伝いが少しでもできるのであればとの思いから、予想を公開させていただいております。

いつもは平場の芝レース専門で予想をしています。ブログでも主に芝重賞の予想を上げていく予定です。予想方法ですが、複数の指数を独自のアルゴリズムで分析したものを基準に、レース毎の過去傾向と枠順などの当日情報を分析して予想をしています。分析が終わり次第順次記事を更新していきます。重賞で予想するのは基本的に◎本命と〇対抗の2頭となります。

タグ:過去傾向



8月12日(日)新潟開催のG3関屋記念の過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

レパードSほどではありませんせんが、こちらも前につけた馬が有利なレースとなっています。直線の長い新潟なので上がり3Fは速い方が好走確率が高いです。理由ははっきりとわからないのですが、外枠の馬の好走率が高いのも特徴の1つです。以上のことから、当日比較的前目につけることができて、直線では馬場の荒れていない外に出せるポジション取りをできる馬番号で、速い上がりを使える馬を狙うのが王道となりそうです。


そんな馬どうやって見つけるんだということで、重要となる狙うべき好走馬の条件ですが、
当日上がり3F2位以内の馬でいきたいと思います。
過去10年間で上記の条件から馬券になった馬は30頭中11頭です。
上がり2位以内の馬が仮に1年あたり2頭だとすると20頭中の11頭が馬券になっているということで50%以上の確率で馬券に絡んできます。※正確には同タイムがいるのでもっと分母は大きくなるはずですが、、、


続いて上記の条件に該当しながら好走した馬の共通点ですが、以下の1つです


①前走の上がり3Fが3位以内かつ着差0.3秒以内



【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬


ショウナンアンセム、チャンピョンルパン、フロンティア、プリモシーン、リアライブルエース


今年はこの5頭が該当しています。


ここに条件を1つ足して2頭まで絞ります。
その2頭を過去傾向推奨馬とさせていただきます。


過去傾向推奨馬①はと追加条件こちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


過去傾向推奨馬②と追加条件はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング





最後になりますが、ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。




8月12日(日)札幌開催のG3エルムSの過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

結構偏りのある重賞です。まずは、4~5歳の比較的若い馬の好走が顕著であること。それ故にリピーターが少ないレースでもあります。次に当日の上がり3Fが速くかつ、4角を前の位置で回ってくる馬の好走確率が高いです。1言で表すなら小回り適正が問われるレースと言えそうです。まとめると若くて小回り適正のある馬を選べば的中確率がグンと上がるのではないかと思います。


今回の好走馬の条件は
当日最終コーナーを6番手以内で通過してかつ上がり3F3位以内で好走する馬でいきます。
過去10年間で上記の条件から馬券になった馬は30頭中22頭と高い好走率を見せています。
今年もこのデータにあてはまる馬の好走確率はかなり高そうです!


続いて上記の条件に該当しながら好走した馬の共通点ですが、以下の2です


①4~5歳

②前走最終コーナー通過順位6位以内かつ前走着差0.2秒以内



【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬


アンジュデジール、ノーブルサターン、ハイランドピーク


今年はこの3頭が該当しています。

ここに条件を1つ足して1頭まで絞ります。
その1頭を過去傾向推奨馬とさせていただきます。

ハイランドピークかと思いきやこの穴馬ですか!
なるほど、少し楽しみになってきまましたね♪


過去傾向推奨馬はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


追加条件はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング





最後になりますが、ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。




8月5日(日)小倉開催のG3小倉記念の過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

小回りの中距離レースとは思えないほど、内前有利の傾向が読み取れない少し珍しいレースです。代わりに当日上がり3位以内の馬、特に上がり2位以内の馬の好走傾向が高くでています。関西馬の活躍が目覚ましく関東馬の好走は数年に1頭のレベルで今年も関西所属の馬が主役となりそうです。


このレースの好走馬の条件は
当日2位以内の上がりを使う馬でいきたいと思います。
過去10年間で当日上がり2位以内を使いながら馬券になった馬は15頭と圧倒的な好走率を見せています。
今年もこのデータにあてはまる馬の好走確率はかなり高そうです!


続いて当日上がり最速を記録しながら好走した馬の共通点ですが、以下の1です


①4~5歳の関西所属馬



【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬


エーティーサンダー、キョウヘイ、キンショーユキヒメ、サトノクロニクル、ストロングタイタン、トリオンフ、マウントゴールド、レイホーロマンス


今年はこの8頭が該当しています。
ほとんど該当しとるーーー

と思いきや、1つ条件を足すだけで1頭まで絞ることが可能です。
その1頭を過去傾向推奨馬とさせていただきます。


過去傾向推奨馬はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


追加条件はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング





最後になりますが、ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。




8月5日(日)新潟開催のG3レースレパードSの過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

ダートレースらしく前につけることのできた馬の好走確率が高いレースです。それとは反して当日の上がり3位以内の馬の好走傾向も高くなっています。これは3歳とまだ成長途上の馬であるために、重賞の厳しいペースに対応しきれない馬が最後に差される結果を示しているのだと思います。なので好走する馬の傾向としては、前につけることのできかつバテないだけの能力のある馬、または最後の着拾いができる速い上がりを使うことのできる馬となりそうです。


とりあえずこのレースの好走馬の条件は
当日最速の上りを使う馬でいきたいと思います。
2011年からの6年間で最速の上がりを使いながら馬券を外したのは4着に敗れた13番人気のブライトンロックのみです!
今年もこのデータにあてはまる馬の好走確率はかなり高そうです!


続いて当日上がり最速を記録しながら好走した馬の共通点ですが、以下の2です


ダートレースで上がり3位以上になった経験が2回以上ある馬

②前走着差0.2秒以内



【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬

アドマイヤビクター、アルクトス、イダペガサス、ショーム、チョウワウィザード



今年はこの5頭が該当しています。
まだ出走する馬が決まっていないので現状ではここまで絞るので精一杯でした。。。

とはいえアイビスSDでは好走条件該当馬である5頭の中から4頭が掲示板に入っています。
今回もここから複数頭馬券になる馬がでるかも?



本日はここまで!

最後になりますが、ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。




7月29日(日)新潟開催のG3レースアイビスSDの過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

日本で唯一直線で行われる重賞だけあり、非常に偏った特徴のあるレースです。有名なのは外枠が有利というものですが、具体的に言うと4枠より外に好走傾向があります。他の好走傾向としては直線レースなので当然ですが、道中前目の位置に付けることのできる馬が好走傾向にあります。一方でオーバーペースの弊害か最後は上がり勝負になることが多く、上がり3Fのタイムが2位以内の馬の好走も目立ちます。関西馬や4~5歳馬の好走も多く、とにかく偏りの多いレースです。こういったレースは馬の強さではなく過去傾向で予想するべきレースだと思います。


このレースの好走馬の条件は
道中前目の位置を取ることのできる馬でいきたいと思います。


続いて道中前目の位置を取りながら好走した馬の共通点ですが、以下の2です


①過去に前半3F通過タイムが33.1秒を切るレースで好走した経験がある

②前走着差0.4秒以内



【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬

ナインテイルズ、ラインスピリッツ、レジーナフォルテ、レッドラウダ※ダイメイプリンセスが抜けておりました。



今年はこの4頭が該当しています。

ここからさらに頭数を絞るために1つ条件を足して、2頭まで絞りたいと思います。※ダイメイプリンセスも含めた3頭が推奨となります。

あとは外枠を引くことさえできれば勝負してもいいレースとなる予感です。



追加条件と過去傾向推奨馬①はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


追加条件と過去傾向推奨馬②はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング



今忙しさが限界突破しており、かなり情報量の少ない記事となってしまっています。
楽しみにして下さっている方々、申し訳ありません。
明日の夜を過ぎれば1段落するはずで、時間を割けるようになると思います。
そこからは通常通りにブログを更新していきますので、ご容赦ください。


最後になりますが、ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。




7月22日(日)中京開催のG3レース中京記念の過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

このレースには枠による極端な差は見られません。強いて言うと内が若干有利くらいだと思います。このレースは当日上がり1位の馬の好走確率が非常に高いです。さらに斤量が57キロ以上の馬の好走確率が高く、馬体重480キロ以上の馬の好走率も高いです。まとめると馬格と力があり、速い上がりの使える馬が好走傾向にありそうです。逆にレース間隔が3週以下の馬、前走0.3秒以上負けている馬、距離短縮で挑んでくる馬は割引傾向にあるのでご注意ください。


このレースの好走馬の条件は
当日最速の上がりを使う馬でいきたいと思います。

上記の条件では1600mにコース変更後の過去6年間に6が馬券になっています。
均等割りで行くと毎年好走しているようなイメージですね。

続いて当日上がり最速を記録して好走した6の共通点ですが、以下の2です


①最速かつ33.6秒以内の上がりを使用して馬券になったことがある馬

②前走と同距離または距離延長の馬


共通点①と②の該当馬は6頭中6頭でした。
最速の上りを使って馬券になった馬はこの条件を必ずクリアしています。
今年もこの条件をクリアしている馬には注目する必要がありそうですね!


【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬

ガリバルディ、グレーターロンドン、ダイメイフジ、ブラックムーン、ムーンクレスト、ワントゥワン



今年はこの6頭が該当しています。
この6頭の中から当日最速の上りを記録して好走する馬が出てくる可能性が高いと思います。

ここからさらに頭数を絞るために2つ条件を足して、2頭まで絞りたいと思います。

いい感じに穴馬が浮かび上がってきましたね!
これはレースが楽しみで、今からわくわくしてきましたよ♪



追加条件①と過去傾向推奨馬①はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


追加条件②と過去傾向推奨馬②はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング



ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。




7月22日(日)函館開催のG3レース函館2歳Sの過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

このレースも先週の函館記念同様に、枠による極端な差は見られません。2歳1発目の重賞レースということで指数が一切通用せず苦手なレースなのですが、予想の難しさを象徴するかのように毎年穴馬が好走してくる荒れ模様のレースです。当日3位以内の速い上がりを使った馬が好走傾向にあり、過去10年で123が5回起きています。このレースは当日速い上がりを使う馬を予想するのが的中の近道だと思います。


ということでこのレースの好走馬の条件は
当日上がり3位以内の馬でいきたいと思います。

上記の条件で過去10年の間に24が馬券になっています。

続いて当日上がり3位以内を記録して好走した24の共通点ですが、以下の1です


①前走1200mのレースで上がり最速を出していた

共通点①の該当馬は24頭中15頭でした。
過去10年で馬券になった馬の半数がこの条件に該当していることになり、今年も1頭以上が好走してくる可能性が高そうです。


【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬

カルリーノ、スズカカナロア、トーセンオパール、ニヴィアン



今年はこの4頭が該当しています。
いろいろ条件を探してみましたが、これ以上絞ると精度が落ちるように感じるのでこの4頭を推奨していこうと思います。
強いて言うのであれば、ある条件からこの馬は怪しいなと思える馬がいるのでその馬は除いてもいいかも知れません。



怪しいと思う好走条件該当馬はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


ある条件はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング



ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



軽くジャパンダートダービーの回顧を

ルヴァンスレーブは本当に強い馬ですね!スタミナに不安などかけらも感じさせない圧倒的な勝ち方でした。スローペースの瞬発力勝負になった時に差し損ねるくらいじゃないと、もうこの世代では負けないのではないのではないかと思えてきます。本当に強かった。

グレートタイムは上手く前が空きましたね。さすがルメール騎手です。ルメール以外が乗った時には同様の競馬はできない可能性があるので、注意が必要だと思います。

オメガパフューム期待値の高さで言えばこっちを本命にするべきだったのかも知れません(泣)。距離延長で見事にパフォーマンスを上げてきましたね。展開も向いたと思います。これでこの馬の力が知れ渡ってしまったので次走以降は人気してしまいそうですね。やはり今回買うべきでした、、、

5頭の内テイオーエナジーを軽視して残り4頭の中から見事に外れを引いてしまいました。200m距離延長と武豊騎手の強気の外回しがよくなかったのかも知れません。距離が短くなればまた違ってくると思うのでその時に再度期待したいと思います。



それでは7月15日(日)函館開催のG3レース函館記念の過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

枠による有利差は存在しません。ここまで偏りがないレースは珍しいと思います。その分顕著になっているのが、前から競馬をする馬と当日上がり2位以内の馬の好走率の高さです。前目につけて速い上がりを使う使うことのできる馬、ということで小回り適正が問われるレースと言えそうです。



今回の好走馬の条件は
当日最終コーナーを先頭で走ってくる馬でいきたいと思います。


実に過去10年で6に馬券になっています。

続いて当日最終コーナーを先頭通過し好走した馬6の共通点ですが、以下の1です


①前走最終コーナー3位以内で通過&着差0.4秒以内

共通点①の該当馬は6頭中4頭でした。


【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬

マイネルハニー、クラウンディバイダ



今年はこの2頭が該当しています。
この2頭の内どちらかが先頭でコーナーを曲がってきた場合、好走する確率は高いと言えそうです。

条件を足して、1頭に絞ります
その1頭が当レースの過去傾向推奨馬になります。


過去傾向推奨馬はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


追加条件はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング



ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



7月9日(日)中京開催のG3レースプロキオンSの過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

2012年から中京競馬場開催となったレースです。そのため、過去傾向分析は2012年以降の5年分とさせていただきます。
内枠の成績が若干良いですね。1400mのダート戦はスプリンターも出走してくることが多く、ペースが早くなる事が多いです。そのため、ダートのレースでは珍しく中団から差してきた馬の好走が多くなりがちです。それとは逆に逃げ馬の好走確率が30%超えと高めなので、逃げる馬への注意は怠らずに馬券を買うようにしましょう。



今回の好走馬の条件は
当日最終コーナーを7位以下で回る馬でいきたいと思います。


以下は過去5年間に当日最終コーナー7位以下で好走した馬です。

キングズガード 2017 2016

カフジテイク

ブライトライン

ニシケンモノノフ

キョウワダッフィー

アドマイヤロイヤル 2013 2012

ダノンカモン

ファリダット


全部で10になります。
5年でリピーターが2頭と癖の強いレースであることが伺えます。
こういったレースは結構予想がしやすいので個人的には楽しみなレースです。


次に当日最終コーナー7番手以下で好走した馬10の共通点ですが、以下の1です


①前走着差0.4秒以内

共通点①の該当馬は10頭中8頭でした。
カフジテイクとブライトラインが非該当馬となりますが、カフジテイクは前走海外なので例外扱いでいいと思います。
そうなると9頭中8頭が該当する激熱データと言えそうです。


【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬

インカンテーション、ウインムート、エイシンヴァラー、キングズガード、サクセスエナジー、ドリームキラリ、ナムラミラクル、マテラスカイ



今年もこの9頭の中から当日最終コーナー7位以下で好走する馬が出る可能性が高いと思います。
ここから条件を1つ足して、一気に2頭まで絞り2頭を過去傾向推奨馬とさせていただきたいと思います。
ここまで分析しておいてなんですが、多分最終コーナー7位以下で通過はしないですよね(笑)。
それでも好走傾向に変わりはないので、このままいかせていただきますが!!



過去傾向推奨馬①、②はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


追加条件はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング



ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



まず初めに帝王賞の結果ですが、本命テイエムジンソクは6着でした。
今回の予想は最終コーナーを先頭で迎える馬を軸に考えていました。
なぜならば過去10年の内2010年を除く9年で逃げた馬が馬券になっていたからです。

その例外の1回が今回再現されたということですが、最終コーナーを先頭で来る馬を当てること自体はできていたのでこの予想に悔いはありません。

リッカルド達がタイム的に馬券にならないこともわかっていました。
それでも外してしまいました。
本当にダート、特に地方は難しいですね。
またいつかリベンジしたいと思います。
その時は拙い予想ではありますが、また見ていただけるとありがたいです。


それでは気持ちを切り替えて
7月2日(日)中京開催のG3レースCBC賞の過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

短距離×ハンデレースということで荒れやすい傾向のレースです。中京競馬場は直線が長く坂もあるため、差し馬に有利な作りをしていますが、当レースでは前残りがよく目立ちます。差し馬を狙うのであれば、過去10年で50%が好走している当日最速の上りを使う馬を狙うべきだと思います。枠は内が若干成績が悪く、4番より内はマイナスと捉えてよさそうです。関西馬と関西所属騎手の好走が多く、ラジオNIKとは真逆の傾向があります。


今回の好走馬の条件は
当日最終コーナーを2位以内の順位で通過してくる馬でいきたいと思います。


以下は過去10年間に当日最終コーナーを2位以内で通過して好走した馬です。

ハクサンムーン

ヘッドライナー 2011 2010

エピセアローム

タマモナイスプレイ

マジンプロスパー

ベルカント

ラヴァーズポイント

アクティブミノル

スリープレスナイト

セカンドテーブル

全部で11になります。

ということで当日最終コーナーを2位以内で通過して好走した馬11の共通点ですが、以下の1です


①前走最終コーナーを3番手以内で通過&0.6秒差以内の好走

共通点①の該当馬は11頭中8頭でした。
ベルカント、スリープレスナイト、セカンドテーブルが非該当馬になりますが、ベルカントに関しては海外のレースだったため例外扱いできると思います。そうなると10頭中8頭が該当する激熱のデータになります。

【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬

アクティブミノル、セカンドテーブル、トウショウピスト、ワンスインナムーン


今年はこの4頭の中から最終コーナーを2位以内で通過して好走する馬が出る可能性が高いと思います。
ここから条件を1つ足して3頭へ、
残った3頭の中から当日ある条件をクリアした馬を過去傾向推奨馬とさせていただきます。

ここで2頭になるかも知れません??


1つ目の条件はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


2つ目の条件はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング



ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。


↑このページのトップヘ