【期待値◎軸馬】競馬予想blog

2015年から儲ける馬券→回収率100%超えを目指し攻略を開始。2年かけて遂に黒字化に成功。当初は平場の芝レースのみを対象にしておりましたが、2017年天皇賞秋から重賞での予想を試験的に開始すると、予想と反してここでも複勝回収率113.6%と結果を残すことに成功しました。予想重賞数が2018年4月24日現在では54レースと少ないことからまだ楽観はできません。ですが皆様の予想のお手伝いが少しでもできるのであればとの思いから、予想を公開させていただいております。

いつもは平場の芝レース専門で予想をしています。ブログでも主に芝重賞の予想を上げていく予定です。予想方法ですが、複数の指数を独自のアルゴリズムで分析したものを基準に、レース毎の過去傾向と枠順などの当日情報を分析して予想をしています。分析が終わり次第順次記事を更新していきます。重賞で予想するのは基本的に◎本命と〇対抗の2頭となります。

タグ:結果


ヴィクトリアマイルの予想結果です。

【期待値1強レース・結果】

本命 リスグラシュー 2着
いつも通りの指定席2着でしたね。これだけ着が読みやすいと馬券も買い易くてありがたいです。今後も2~3着を主体に買っていきたい馬ですね。今回もレース内容は強かったのですが、半分は偶然勝ち馬であるジュールポレールの後ろを通っていたために道ができたので好走したという形です。能力的には圧倒的とまではいかないようです。


【主要馬回顧】

ジュールポレール
雨が降ったら本命でもいい予想でも書きました。雨降っていましたね、、、天気予報の嘘つき!!また、lineとツイッターで発信した直前情報の中では評価を上げるべき馬と書いた馬でもあります。今回は買える材料が揃っていましたね。脚の速い馬ではないので、雨で馬場が渋った時などにまた買いたと思います。次は人気するはずなので良馬場であれば軽視してきたいと思います。


レッドアヴァンせ
今回のレースは牝馬のレースにしては珍しく地力の問われるレースだったと思います。そこで3着に入ることができたこの馬もまた強い馬ということだと思います。次走くらいまではまだ半信半疑のオッズだと思うので楽しみな1頭です。


アエロリット
やっぱりこの馬は強いなーと再認識するレースでした。レッドアヴァンセとは枠、位置取りの差であり十分逆転可能です。着差のほとんどない上2頭も同様です。次走人気がもし落ちるようなことがあればお世話になると思います。


ミスパンテール
馬券になった馬と比較すると少し力の差を感じましたG2、G3でまた買いたと思います。


レッツゴードンキ
少し持続力で負てしまった感じがしますね。1400m位までは普通に戦えていたので短距離でまたお世話になりたいと思います。能力的にはG1ある馬だと思います。


ソウルスターリング
今回も馬券にはなりませんでしたね。能力的にはリスグラシューと遜色ない馬が連敗続きです。これは精神的な面がでかいと思うので、1度馬券になるまで買う気はありません


ここより下は着差が開き過ぎているので参考外です。
この敗戦で人気が下がるようであれば、また買いたいと思います。


今年も関西馬が好走していましたね。
3着まで全て関西馬ですが、さらに上位2頭は過去傾向推奨馬でした!

今週もしっかりと過去傾向分析するのでまたよかったら見てやってください。



今週も頑張って予想しますのでもしよろしければ、応援のクリックにご協力お願いします。


京王杯SCの予想結果です。

【期待値1強レース・結果】

本命 ダンスディレクター 15着
レース自体は予想通り外の差し決着となっています。同じ位置で直線を迎えたムーンクエイクとサトノアレスが伸びて馬券になるなか、この馬は全く伸びていません。競馬は生き物を相手にやるものなので不可解なことは起こるものですが、なぜここまで負けてしまったのでしょうか。原因が分からない以上次走はちょっと買いにくい馬になってしまいました。


【主要馬回顧】

ムーンクエイク
強い内容でしたね。これだけのレース内容で走れるのであらば今後も重賞で十分通用すと思います。折り合いをつける能力の高いルメール騎手が乗るときは好走する確率がかなり高い印象です。他の騎手が乗るときは折り合いに不安があるので少し評価を下げてもよさそう。次走は誰がのるのでしょうか?楽しみですね。

キャンベルジュニア
なんとも掴みどころのない馬ですが、確実に成長していることが分かりました。今後も伏兵として期待できそうです。

サトノアレス
今回1番強い競馬をしたのはこの馬です。やはり末脚は確かな馬ですね。過去傾向通り最速の上りを記録して好走してきました。今後も上がり勝負になるレースでは期待したいと思います。

グレーターロンドン
全く勝気のない騎乗ですね。陣営の指示なのだとは思いますが、今後もこの競馬をするのであれば軽視し続けていいと思います。馬券に加えるのはいいですが、絶対に軸になることはない馬ですね。陣営が考え方を変えない限りはですが。

ラインスピリット
何気にこの馬も結構強い競馬をしています。G3以下のレースであれば期待できると思います。


今日は時間がないので明日またヴィクトリアマイルの回顧記事を書きます
京王杯SCは完敗でしたが、ヴィクトリアマイルは結構いい予想ができていたと思います。

何より過去傾向推奨馬が新バージョンになってから本当に調子がいいです。
今週は複数頭いたのでわかり難いですが、
ヴィクトリアマイルの1,2は私の過去傾向推奨馬でした。
京王杯のサトノアレスは枠で推奨外としましたが、結果は予想通りの最速上がりでの馬券内でした。


今週も頑張って予想しますのでもしよろしければ、応援のクリックにご協力お願いします。


新潟大賞典の予想結果です。

【期待値2強レース・結果】

本命 スズカデヴィアス 1着
上がり最速で馬券!!とはいきませんでしたが、ハクサンルドルフと0.1秒差の上がり2位なのでほとんど過去の傾向通りの好走でした。三浦騎手もロスの少ない素晴らしい騎乗でした。願わくば取りこぼして欲しかったです。私の3連単が~(涙)

対抗 ハクサンルドルフ 8着
いくら最速の上りを記録してもこのスローペースの前残り展開では届かないですね。また上がり勝負になるときに狙いたいと思います。

【主要馬回顧】

ステイインシアトル
隊列がスムーズに決まりスローペースになっての粘り込、完全に考察通りでしたね。指数ピックアップには引っ掛かっていませんが、休み明けは走る特殊な経歴の持ち主なので例外として考察に含めました。買うならここでした、次走は疑いの目で見ましょう。

ナスノセイカン
今回は面子が弱すぎて好走できてしまいましたね。今回はスローペースで能力を問われる展開でなかったことも大きくプラスに働いたと思います。指数ピックアップでは拾えているので、ハンデ戦のような混戦レースでは人気していない馬はとりあえず拾うようにしましょう。特にピックアップされている馬はご注目下さい。


今回のレースは能力より位置取りが問われるレースでした。
今後の予想の参考にはなりません
逆に言うとこの敗戦で人気が落ちる馬は次走以降美味しい場面があると思います。
そこは積極的に狙っていきたいですね。

特にステファノスには注目ています。


もしよろしければ、応援のクリックにご協力お願いします。


NHKマイルCの予想結果です。

【期待値2強レース・結果】

本命 タワーオブロンドン 12着
直線では中団から外くらいに持ち出すかと思っていたので、内をついてくるとは意外でした。内をついた分進路が塞がるリスクを受けての大敗です。今回の結果がで評価を落とす必要はないと思います。スプリンターとしての素質は一級品だと思うので、来年以降の短距離路線での活躍が楽しみです。


対抗 ギベオン 2着 
さすがの位置取りでした。勝ちきったかと思いましたが、最後の最後にケイアイノーテックに差されてしまいました。惜しかったですね。これは勝った馬が強かったです。次走以降も期待したい1頭です。

【主要馬回顧】

レッドヴェイロン
穴として面白い1頭と考察で書きましたが、今回も人気薄手好走してきましたね。今回はペース的に差しが届く展開になっての好走ですが、通ってきた道はケイアイノーテックと大差ないので、この馬の実力は本物と言えそうです。次走も人気しないようであれば買いたいと思います。

ミスターメロディ
今回1番強い競馬をしたのはこの馬だと思います。前に行く力と直線での伸び、この馬強いですね。安定感のあるタイプなので次走は問答無用で買いたいと思います。

プリモシーン
展開が向いての5着だと思います。この馬は今後も買いにくいですね。いつか穴をあけるとは思いますが、穴として買いたい馬です。

パクスアメリカーナ
やはり左周りは走り難そうにしていましたね。次は右回りで買いたいと思います。

カツジ
また出遅てしまいましたね。内枠では買いたくない馬と言えそうです。

ダノンスマッシュ、カシアス、テトラドラクマ
底が割れてしまった感じですね。買いにくいですね。


能力比較する上で重要なレースだったと思います。
回顧をしっかり覚えておいて今後の馬券の参考に活かしましょう!


もしよろしければ、応援のクリックにご協力お願いします。


京都新聞杯の予想結果です。

【期待値おまけレース・結果】

おまけレースのため公開しておりません。

【主要馬回顧】

ステイフーリッシュ
最近藤岡佑騎手が積極策で結果を残していますね。ですがまさかこの馬でこの馬番から位置を取ってくるとは思いませんでした。素晴らしい勝負強さです。かなり縦長の展開になったので、それもこの馬に味方した感じですね。次走以降の評価が難しいですが、今回は展開が向いての好走というのは覚えていた方がいいと思います。

アドマヤアルバ
想像以上に強い馬でした。今回のレースで1番強い内容の競馬をしたのはこの馬だったと思います。負けはしましたが、次走には期待したいと思います。ダービーとかいかれるとさすがに足りないですけれど(汗)。

シャルドネゴールド
素晴らしい末脚でした。アルムフォルツァもこの馬と同様の最速の上りを使っていますが、位置取りが後ろ過ぎて届いていません。対してこの馬は後ろから届くぎりぎりの位置をキープしていたので馬券になる事ができました。これは馬の能力というよりも騎手の能力によるところが大きいと思います。この馬はここからの成長次第といった感じですね。


他は馬も騎手も含めて、ドングリの背比べ状態です。
今後の成長に期待しましょう。

ちなみに予想ですが公開していたら外していたと思います。
まだまだ私もドングリですね(笑)。
今後の成長に期待しましょう。


最後に京都新聞杯を当てることのできない私の負け惜しみですが、

当てることのできないレースの選別、これが競馬でプラス収支を出すポイントだと思っています。

レースに賭けさえしなければそのレースの回収率は100%なのですから!!


いつか時間のある時に賭け方とか競馬におけるもろもろの話も記事にできたらいいなーと思っています。
もしよろしければ、応援のクリックにご協力お願いします。


5月5日(土)の東京10Rの予想結果です。

【レース結果】

本命 アドマイヤロブソン 4着
想定より1列後ろからの競馬になってしまいました。本当はノーブルマーズの位置を取っていて欲しかったです。惜しい結果となりました。残念です。


【主要馬回顧】


ベストアプローチ
能力が1枚違いましたね。本命以外で唯一印を打った馬なので好走してくれてよかったです。好走してくれているだけに、アドマイヤロブソンのクビ差負けは悔しいですね。


ノーブルマーズ
良い位置取りでレースを進めました。これだけ完璧なコースを通れば好走するのも納得です。次走以降も同じパフォーマンスを発揮できるわけでなないので過大評価に注意しましょう。

ハートレー
さすがルメール騎手ですね。無駄のないコース取りとまくりに動じず完璧なタイミングでの仕掛け完璧な騎乗だったと思います。ルメール騎手でなければ持ってこれていないと思うのでこの馬も評価し過ぎには注意したいところです。


勝負は時の運、想定外のことはいくらでも起こります。
競馬の難しさですね。
今回はお力になれませんでしたが、また機会があれば平場の配信もしてきたいと思います。


もしよろしければ、ブログランキングクリックにご協力お願いします。


天皇賞春の予想結果です。

【期待値2強レース・結果】

本命 ガンコ 14着
スタートがいい感じで決まり、位置取りも予想通りでした。これは馬券内はもらったかと思いましたが、少しこの馬には距離が長すぎたのかも知れません。脚が止まってからはまともに追われていないので、この着順で評価を必要以上に下げる必要はありません。考察でも書きましたが、これは藤岡佑騎手の勝ちに行く競馬の結果です。今回は適正と相手の強さに屈しましたが、またどこかで狙いたいと思います。


対抗 シュヴァルグラン 2着
ガンコとほぼ同位置でレースを進めてきました。ジャパンカップでも思いましたが、シュヴァルグランができるはずのないレース運びを平然とやってのけます。ボウマン騎手は紛れもなく世界のトップジョッキーであると痛感するレースでした。それだけに勝ちきれなかったのは残念ですね。年末もまたこのコンビを見たいですね。ジャパンカップが楽しみです。


【主要馬回顧】

レインボーライン
岩田騎手のイン強襲が成功し、見事シュヴァルグランを差し切りG1初制覇です。おめでとうございます!この好走は持続力勝負に付き合わず、かつ最終コーナーでロスの大きい外を通さずインを突いてきたがための好走です。実力でシュヴァルグランを超たわけではなことは覚えておいた方がいいと思います。ですが、このレース運びが可能な瞬発力と操作性また長距離適正があることは示したので今後のさらなる活躍に期待しています。
脚の具合は大丈夫なのでしょうか、心配です。また元気に走る姿を見ることができればいいのですが、、、

クリンチャー
予想通りサトノクロニクルがまくり込んで持続力勝負になりました。こうなると無尽蔵のスタミナを誇るこの馬の出番ですね。瞬発力の部分で上位2頭には屈しましたが、レース内容自体はほとんど差がない内容となっていました。現役最強の持続力&スタミナを誇る馬だと思います。持続力勝負になるレースではまた期待したいと思います。

ミッキーロケット
あわや馬券内というようなレースとなりました。これがこの馬の真の実力!!ではないと思います。これは位置取りによる好走だと思います。詳しくはレインボーラインと同じ内容です。次走この好走で再評価なんて流れになるようであれば軽視していきたい1頭ですね。

チェスナットコート・トーセンバジル・サトノクロニクル
最終コーナー前からの持続力勝負の犠牲者達です。チェスナットコートとトーセンバジルは十分その実力を見せたと思います。サトノクロニクルも最初に仕掛けた分の負けなので仕方ない敗戦だと思います。実力ある馬達なので、今後もG2戦線での活躍に期待したいと思います。G1馬シュヴァルグランとは実力差を感じるレースでした。


ずっとシュヴァルグランだと思っていたのですが、枠順をみてガンコを本命にしてしまいました。
情けない限りです。
ですが、過去傾向推奨だったレインボーラインが好走してくれたので一矢報いることができたのではないかと思っています。
青葉賞も過去傾向推奨のスーパーフェザーが3着に好走しています。
いい感じですね。

今から来週分の過去傾向分析を始めるので数時間後に、記事にまとめます。
お楽しみに!


もしよろしければ、ブログランキングクリックにご協力お願いします。


青葉賞の予想結果です。

【期待値1強レース・結果】

本命 サトノソルタス 6着

スタートで出負けして後ろからの競馬となってしまいました。差す形になるとは思っていましたが、もっと前からちょうど勝ったゴーフォザサミットの位置辺りから競馬をしてくると思って予想していたので無念です。スーパーフェザーより後ろの位置では届かない馬場&レース展開だったので、無謀とも思える外をまくる強行手段も仕方なかったのではないかと思います。出負けそして位置取りここが全てでした。


【主要馬回顧】

ゴーフォザサミット 
思っていたよりかなり前からの競馬でした。この馬にこのレースができるのかと驚きました。蛯名騎手の素晴らしい騎乗でしたね。能力はある馬なので今後もこれくらいの位置で競馬ができるなら安定感が出てくると思うので、次走の位置取りにも注目したいと思います。


エタリオウ
外枠ながら位置取りは完璧でした。枠が内であればもっと僅差の競馬になっていたと思います。考察で書いた通りの着順でしたが、レース内容は想像以上に強い内容でした。この枠からあの位置取りができてかつ能力のある馬です。次走も期待したいですね。


スーパーフェザー
素晴らしい末脚でした。後ろから差してきた馬はこの馬だけです。キレ勝負であれば今後も期待できる存在だと思います。この馬が強いことはわかったので今後に期待です。


モンテグロッソ
馬場の傾向で4着になりました。この馬の力ではないので今後は疑ってみましょう。


トラストケンシン
馬場の傾向で5着になりました。この馬の力ではないので今後は疑ってみましょう。


ダノンマジェスティ
今回はいろいろ向かなかった点はありますが、この馬はこんなもんですね。


オブセッション
まったく見せ場なく破れてしまいました。今後はちょっと買い難くなりますね。


何もかもが想定と違うレースとなりました。やはり3歳は難しいですね。
時間がないので今日はここまでで失礼致します。
また明日の更新をお楽しみに♪



もしよろしければ、ブログランキングクリックにご協力お願いします。

お待たせ致しました。


4月21日・4月22日の予想結果です。

まず、21日の福島牝馬Sです。


【期待値1強レース・結果】

本命 カワキタエンカ 2着
前走大外からハナを奪ったときに思いましたが、この馬は抜群にスタートセンスが良い馬ですね。かつスピードの持続力も素晴らしいです。前に出れて沈まないことから先行勢に負けることが殆どありません。この馬が負けるとしたら後方から差してきた馬にキレ負けするか、能力の違いでかわされるかですが、今回は格上の馬がいないということでキレ負けしか負け方がありませんでした。3頭以上この馬をキレで負かせる馬が出るようなレースではなかったのでここは必然の好走であったと言えるかも知れません。今後もお世話になる事が多い馬だと思います。この馬の負ける条件をしっかり抑えておきましょう。当てはまらない時は全力買いですね。


【主要馬回顧】

キンショウユキヒメ 
大外を通して差し切る素晴らしい差し脚でした。この馬はツイッター・ラインで評価を上げても良いと発信した馬の1頭で、理由は内から4頭分ほどが荒れており外が若干伸びが良いのでそこを通ってくる可能性が高いと思ったからです。案の定その芝の荒れていない境目をドンピシャで走って来て最速の上りを発揮しての好走でした。つまりこれはこの馬の実力ではなく、差しの届くミドルペースでレースが進んだことと最高のコースを走ったことが重なったことによる好走なのであまり高い評価をし過ぎない方がいいと思います。とはいえ弱い馬にできる勝ち方でもないので次走の結果に注目です。次走も好走できるようであれば本物かも??

デンコウアンジュ
キンショウユキヒメとほとんど同じことです。ただキンショウユキヒメより1列内を走ることによる馬場の違いでキレ負けしたのだと思います。早めに仕掛ける競馬ができたのはよかったですね。考察で書いた通り能力上位ではあったので位置さえ取れるなら好走するのも頷けます。

トーセンビクトリー
考察に書いた通りのキレ負けをしてしまいました。この馬は立ち回りの上手さと、瞬発力で好走してき馬です。それがキレ負けするようではもう衰えとしか言いようがありません。内有利馬場の内枠かつ急坂がありスピードが出にくい環境くらいの条件が揃ってやっと馬券になるかくらいだと思います。長い間重賞を盛り上げてくれた名牝です。後は無事に現役を終えることができるように祈っています。

レイホーロマンス
通った馬場がよくなかったですね。ただ外を回すとロスが大きく届かなかった可能性もあります。この枠この馬場になってしまった時点で詰んでいたということだと思います。またどこかで穴をあける馬だと思うので、しっかり好走のタイミングを見逃さないようにしましょう。

ワンブレスアウェイ
また出遅れました。この馬は1度好走するまで消しでいいと思います。もう馬に走る気持ちがないのかも知れません。


続いてフローラSです。


【おまけレース・結果】


本命 サラキア 4着
素晴らしい騎乗でした。池添騎手とは思えない神騎乗が炸裂しただけに馬券にしてあげたかったですね。それよりも前残りの傾向が強烈だったということすが、残念です。

対抗 レッドベルローズ 7着
全くいいところがありませんでした。これがこの馬の今の実力なのでしょう。


【主要馬回顧】

サトノワルキューレ
スローペースを直線一気で差し切りました。それも強烈な前残りの傾向があってです。相手が弱かったとはいえ十分能力を感じる内容でした。面白い馬がでてきましたね。これでオークスがさらに面白くなってきました。

パイオニアバイオ
前残りの傾向を上手く活かした好走でした。今回のレースレベルだからの好走だと思います。次走以降はあまり期待していません。

ノームコア
パイオ二アバイオと同文です。ちなみにこの馬はツイッター・ラインでかなり展開が向きそうと発信した馬でした。



続いてマイラーズCです。


【期待値1強レース・結果】


本命 サングレーザー 1着
ただ1頭33秒前半の上りを繰り出しました。瞬発力勝負になると格が違うというような走りでしたね。もともと瞬発力に秀でている馬だとは思っていましたが、想像以上に成長しているようです。今のマイルでは間違いなく主役の1頭ですね。福永騎手の進路の作り方も痺れました。次走も楽しみな1頭です。


【主要馬回顧】

モズアスコット
ルメール騎手であればもしかしてとは思っていましたが、前目からの競馬をしてきました。そして結果を残しました。素晴らしい挑戦だったと思います。これで競馬の幅が広がったので次走以降も更なる成長に期待したいと思います。前走でレッドファルクスに近い能力と書きましたが、やはり強い馬ですね。

エアスピネル
予想通り確信犯的な勝ちにいかない乗り方をしてきましたね。今回の3着は力負けではありません。恐らく武豊騎手は今のこの馬の出せる最速の脚、キレを試したのだと思います。サングレーザーという超えれない壁がいることはわかったと思うので本番は今回より前目から競馬をしてくると思います。今からわくわくしてきますね~♪

ちょっと他の馬はこの3頭と比べると格が違いましたね。


今週は予想した2頭が2頭とも馬券なってくれたので良かったです。
予想の外れているローズSをおまけレースにできたのもよかった点だと思います。
競馬で収支を出すためには自分の予想の精度を把握し当てることのできるレース、または期待値のあるレースを選んぶことが大切だと思っています。
その点で今週は満足のいく結果でした。
ですが現状に満足することなく、ローズSも、予想が発信できるように、また予想が当たるように精進致します。


明日は過去傾向分析を行う予定です。
今週は待ちに待った天皇賞春ですね!
現時点での本命はもちろんあの馬です。馬名は上のブログランキングに!
ブログランキングクリックにご協力お願いします。

お待たせ致しました。
4月16日23時 完全版を更新しました。


この土日もプライベートが大変忙しく、今にも意識が飛びそうな状態のためレース結果のみ書かせていただきます。
月曜日の夜にはレース回顧も含めた正式版を書きますので申し訳ございませんが、少々時間をください。




4月14日・4月15日の予想結果です。

まず、14日のアーリントンCです。


【期待値2強レース・結果】

本命 タワーオブロンドン 1着
道中は中団の内側をロスなく追走し、直線い向けて進路を確保する最低限の外を回る走りでした。もともと距離不安が囁かれていた馬なのでそれをカバーするためにもこういった騎乗になったのかも知れませんね。結果として直線のラスト200mを切ってからも力強く伸びることができており、この結果はルメール騎手の素晴らしい騎乗あってのものだと思います。
1つ覚えておいておきたいのはルメール騎手はこういった外目の枠から一旦内に入れて力を温存し、最後に外に出して進路を確保する騎乗が本当に上手いです。これに関しては現JRA所属騎手の中で1番だと思います。

対抗 パクスアメリカーナ 2着
タワーオブロンドンとは対照的にこちらはたまたま前が空いたが為の好走でした。もっとも展開が向いた馬がこの馬で結果は2着です。現時点ではまだその程度の実力ということでしょう。今後の成長が楽しみな1頭ですね。


【主要馬回顧】

レッドヴェイロン 
スタートで行き脚がつかずここまで結果を残してきた前からの競馬ではなく、そのまま後方待機の直線勝負という競馬になりました。この枠でスタートを失敗したのであればベストな騎乗だと思います。さすがデムーロ騎手は勝負強さが桁違いですね。レース運びは1着のタワーオブロンドンとほぼ同じで、伸び方もほとんど互角だったことを考えると、能力はかなりのものがあると予想されます。今回の負け方は位置取りの差なので次走以降に期待したい1頭ですね。

インディチャンプ
素晴らしい位置取りから早く先頭に立ち過ぎたが故の悔しい敗戦でした。能力的には今回馬券になった馬と遜色ないのでこの馬も次回に期待したいです。ただ注意が必要なのは、今回の早仕掛けは岩田騎手の意思ではなく、半ばインディチャンプの暴走だったのではないかと思える点です。道中も行きたがるそぶりを見せていることからもう少し距離が短い方が精神的にマッチするのかも知れません。今の岩田騎手は馬の制御があまり効かない印象があるので、折り合いが上手い騎手に乗り替わりがあれば積極的に狙いたいと思います。

ダノンスマッシュ
今回は中団待機の戦法を一変させ前に付けてきました。今回は外を回ることによる不利がかなりあったので負けて強しの内容と言えると思います。そのため騎乗ミスによる負けという側面が強いのでこの敗戦で評価を下げる必要は全くないと思います。今回はいい経験となる敗戦だったと思います。次にどういった競馬をするかが予想できない点は難しいですが、どこかで再度狙いたいと思います。



続いてアンタレスSです。


【期待値2強レース・結果】


本命 クインズサターン 3着
過去傾向で指摘した上がり最速馬です。不良馬場の発表を見た時点でこの馬が最速を使ってくるのは結構自信があったので読み通りという感じでした。この馬を本命にしたのはそれだけが理由です。もっと荒れると嬉しかったのですが、がちがちでしたね。それでもオッズが割れていた分配当は高めだったのでしっかり回収はできて良かったです。

対抗 トップディーヴォ 4着
こちらも不良馬場ということで馬場で推させていただいた1頭になります。良馬場であれば対抗になる事はありえませんでした。かなり特殊な馬場だったので次走以降の参考にはなりません。


【回顧】

グレイトパール
この馬強いですね。直線手前で位置を上げてそのまま突き放す上がり最速タイの脚お見事です。良馬場でも同じレースができたのか気になるところですが、良馬場でも結局は役者の違いで1着になっている気がしますね。テイエムジンソクと言いこの馬と言い、世代交代感があっていいですね。長く活躍してくれることを願っています。

ミツバ
この馬が最終コーナーで先頭にいるなんて予想もしていませんでした。松山騎手の勇気ある素晴らしい騎乗でした。最近ミツバの乗り方が分かってきている感じがしますね。今後もこういったレースをしてくれると予想も立て易くまた買い易くもなるので、継続騎乗でお願いしたいです。次走はまだフロック視されると思うので、注目したいと思います。



続いて皐月賞です。


【期待値1強レース・結果】


本命 ステルヴィオ 4着
強烈な前有利馬場の中よくここまで追い込んできました。今回は馬場による敗戦なので評価を下げる必要はありません。この世代では能力上位だが馬場傾向で十分逆転は可能な馬というのがこの馬の今の位置ですね。


【回顧】

今回馬券になった、エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラレウーノは馬場傾向を味方に付けての好走です。皐月賞好走組として高い評価を与えると少し過剰評価気味になると思うのでご注意ください。反対にステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルは頑張った印象です。ただここで7着以下だった馬も今回は馬場が特殊過ぎただけなので、今回の敗戦で評価が下がるようであれば次走は狙う価値十分だと思います。今回の結果は能力とはそこまでリンクしていないということを頭に入れて3歳の予想はしていきたいと思います。



今週の皐月賞では予想記事で直前の傾向が重要になるので発信に注目くださいと書かせていただきました。そしてline及びツイッターで以下のように発信させていただきました。

--------------------------------――---------------------------------------------------------------------------------------------------
中山競馬場 馬場傾向
内有利かつ前残りの傾向が強くでています。

これは難しくなりました。
内を通る馬としてはタイムフライヤー、ワグネリアン、ジャンダルム、キタノコマンドール加えてもエポカドーロまでですね。

前から競馬をする馬は多数いますので、割愛させていただきます。

重複して該当している馬としてワグネリアン、ジャンダルム、エポカドーロまでは評価を上げる必要がありそうです。
かなり強い傾向がでているので、この三頭から好走馬が出てくる可能性が高いです。軽視していた方はご注意ください。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

結果はエポカドーロが予想段階で好走するパターンとして書かせていただいた、大逃げから離れた馬群の先頭からのパターンそのままのレース運びで好走しました。
2着には同じく予想で逃げ勢から上位に食い込むならこの馬と書かせていただいたサンリヴァルがはいっています。
あのアイトーンですら、ワグネリアンとそこまでタイム差のない競馬ができてしまうほどの前残り傾向があり、そのかなり強い傾向が事前に発信されていてなおかつ、評価を上げる必要があると3頭挙げたうちの1頭が1着を獲り、逃げ勢で馬券になるのはこの馬と書かせていただいた馬も好走している状態です。

上に書かせていただいた内容はたまたま前日に雨が降り、たまたま偏った傾向が強く出て、たまたま好走する馬が予想された通りだっただけです。

ですが
今回私のブログを見ていただいており、かつlineやツイッターの発信もご覧になられている方でこの簡単な馬券を外した方はいらっしゃらないと私は思っています。


上記のような直前にしか判断できない細部の情報を発信しています。
まだ登録していないという方!
もしよろしければ下記のリンクから友だち追加をして、あなたの収支を上げること間違いなしの直前情報をご利用ください。
友だち追加

ツイッターも下部から見ることができるのでそちらもよろしくお願いします。


明日は過去傾向分析を行う予定です。
最後になりますが管理人の励みになりますので、もしよろしければブログランキングクリックにご協力お願いします。

↑このページのトップヘ