【期待値◎軸馬】競馬予想blog

2015年から儲ける馬券→回収率100%超えを目指し攻略を開始。2年かけて遂に黒字化に成功。当初は平場の芝レースのみを対象にしておりましたが、2017年天皇賞秋から重賞での予想を試験的に開始すると、予想と反してここでも複勝回収率113.6%と結果を残すことに成功しました。予想重賞数が2018年4月24日現在では54レースと少ないことからまだ楽観はできません。ですが皆様の予想のお手伝いが少しでもできるのであればとの思いから、予想を公開させていただいております。

いつもは平場の芝レース専門で予想をしています。ブログでも主に芝重賞の予想を上げていく予定です。予想方法ですが、複数の指数を独自のアルゴリズムで分析したものを基準に、レース毎の過去傾向と枠順などの当日情報を分析して予想をしています。分析が終わり次第順次記事を更新していきます。重賞で予想するのは基本的に◎本命と〇対抗の2頭となります。

タグ:弥生賞

先週のレース回顧をしていきます。


まず、オーシャンSです。


【結果】

本命 ビップライブリー 5着
スタートからあまりよくなかったですね。予想段階で逃げの後ろを走ることができたら好走と書いたように、もう1段前で競馬ができていたらネロより前にいた可能性もあるのではないかと思っています。直線でじわじわ伸びるタイプの馬なのでそういった馬が好走するレースでまた狙ってみたいと思います。


対抗 スノードラゴン 11着
後ろからくるのであればこの馬かと思い対抗評価にしていました。ですが、当日ツイッターやlineでお知らせしたように外枠の馬、特に2桁馬番の差し馬は届かない馬場となっていたので直前で評価を下げることになりました。この馬に関しては今回のレースは向かなかったのが全てだと思います。直前情報で回避はできたのでよかったのではないかと思います。


【レース回顧】

まずネロが積極的に追ってハナに立ちます。正直ハナを取りきったところで好走すると思いましたが、結果は僅差の4着でした。思い切りのある良い競馬だったと思います。1着は好位から抜け出したキングハート、2着にはその少し後ろからナックビーナスが地力の違いを見せつける好走。何より驚いたのは前が残る展開のな中、ただ1頭大外から追いあげてきたダイメイフジです。デムーロ人気をしているのかと思ってみていましたが、この馬の実力は本物のようです。差しが届く展開であれば、レッドファルクスやモズアスコットに近い評価をしてもいい馬なのかも知れません。


続いて、チューリップ賞のレース回顧です。


【結果】

本命 リリーノーブル 3着
ラッキーライラックの後ろから競馬をしていましたね。完全にラッキーライラックをマークしていましたが、地力の違いで直線で引き離されてしまいました。これで正攻法では勝てないことがわかったと思うので、本番ではラッキーライラックより前で競馬をして欲しいと思います。マウレアに負けたのは位置取りの差なのであまり気にしなくていいと思います。


対抗 ラッキーライラック 1着
強かったですね。3番手の位置をこの馬が走っている時点でもう勝未来しか見えませんでした。他の馬とはスピードが違うように感じます。1度負けるまではずっと本命でもいいかも知れません。桜花賞も期待ですね。


【レース回顧】

上位3頭が抜けていました。1着と3着に関しては書いてあるので、2着のマウレアについて書きます。この馬は内枠を活かすのが上手いですね。ただクイーンCでそうであったように、外から競馬をすると地力が少し足りずに掲示板で止まってしまうという完全な立ち回りタイプだと思います。桜花賞でも内枠を引くことができたら、その時は注意しましょう。外枠のときは思い切って低評価するのもありかも知れません。


続いて弥生賞です


【結果】

本命 ワグネリアン 2着
予想通りの良い末脚でしたね。これは皐月賞に向けていい予行演習となったのではないでしょうか?皐月賞はタイトなペースになる事が多く、逃げ切りが難しいとされるレースです。例年通りの傾向であればこの馬の出番がくる可能性は高い気がしています。


【レース回顧】

サンリヴァルが好スタートを決めてレースを引っ張ります。続いて1着のダノンプレミアムが2番手に付けました。ダノンプレミアムにとっては理想の形になったと思います。この形になってしまえばもうこの馬を止めることはできませんね。皐月賞当日は無敗の皐月賞ということでかなり人気すると思います。ただ毎年前の馬には厳しいレースとなる事の多い皐月賞、楽しみですね~♪3着にはジャンダルムがサンリヴァルとの接戦を制して入着しております。この馬も強い馬ですが、あれだけ完璧なレースぶりで最後止まってしまっているということはやはり距離が長いのだと思います。皐月賞で負けて、NHKで復活して欲しいと思います。NHK出るのか知りませんが。(笑)



そろそろ3歳のレースも役者が揃ってきましたね。
ここからはしっかり予想できるようになってくると思います。ご期待ください。

さあ今週も3重賞があります。
あのサトノダイヤモンドの復帰戦もありますね!
大変楽しみです。
明日は過去傾向分析をする予定です。
お楽しみに~♪


3月5日(日)中山11R弥生賞の予想です。


【考察】
【オブセッション】 ルメール騎手

デビューからここまでルメール騎手が主戦を務めています。これは陣営の期待の表れだと思います。欲を言うのであればもう少し外の枠が欲しかったところですが、中山を得意としているルメール騎手なのでそこまで気にしなくてもいいのではないかと思います。普通に馬券内もあると思います。


【ジャンダルム】 武豊騎手

前走では直線で完全に息切れをしており、何とか能力だけで2着に粘り込んだというような内容でした。今回も同部隊ということで、最後には息切れしてしまうのではないでしょうか。そのため勝ちきるということはないと思います。4強の中では1番怪しい馬だと思います。


【ワグネリアン】 福永騎手

理想的な枠を引きました。今の中山はまだ内前有利の状態なので、その分差し切れない可能性があるのでそこは注意が必要かも知れません。福永騎手は取りこぼしの多い騎手でもあります。


【ダノンプレミアム】 川田騎手

大外枠になってしまいました。ですが前にいく馬が少ないのでそこまで影響はないと思います。弥生賞はトライアルレースということもあり、ペースが速くなりにくいという特徴があります。それを考えると一番展開が向くのはこの馬かも知れません。スタートさえ決めてしまえば馬券内は堅いと思います。


やはりダノンプレミアムが人気していますね。頭で買うのであればこの馬ですが、私は複勝で馬券を買うので本命は別の馬にしたいと思います。
このレースは期待値1強レースで本命の名前は上のランキングに記載します。
ランキングクリックにご協力ください。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


今週も皆様の馬券が当たりますように。

3月5日(日)開催の弥生賞指数ピックアップです。

【指数ピックアップ該当馬】

ダノンプレミアム

始めて指数の分析をしていて該当する馬が1頭だけとなりました。
これだから3歳のレースは嫌なのです。

例年通り、ペースが速くなることなくレースが進めばこの馬は堅いと思います。


続いて3月4日(土)開催のチェーリップ賞指数ピックアップです。

【指数ピックアップ該当馬】
以下の5頭となりました。

スカーレットカラー

マウレア

ラッキーライラック

リリーノーブル

レッドランディーニ


人気するであろう馬が順当に該当してきました。
この中でも特に期待している馬が〇〇〇〇です。

馬名は下ランキングで公開中です。

最強競馬ブログランキングへ



応援クリックお願いします。
明日はチューリップ賞とオーシャンSの予想をします。
今週は時間に余裕があったので頑張って予想しますよ~。

3月5日(日)開催のG2レース弥生賞の過去レース好走傾向を分析し該当馬をまとめました。


【過去傾向分析結果】

前走で早い上りを使い、複勝圏に入った馬の好走が目立ちます。また複勝率が高い馬が好走しており、強い馬がそのまま好走する傾向にあるレースです。


【好走条件該当馬】

続いて詳しい好走条件と該当馬です。


条件①  前走着差0.3秒以内

オブセッション、ジャンダルム、ダノンプレミアム、トラストケンシン、リピーリング、ワグネリアン


条件② 前走上がり3F、3位以内

オブセッション、ジャンダルム、ダノンプレミアム、トラストケンシン、ワグネリアン


条件③ 複勝率80%以上

オブセッション、ジャンダルム、ダノンプレミアム、リピーリング、ワグネリアン


今回の分析ではこの3つを条件に指定させていただきます。

現在登録馬内に全条件該当馬が4頭います。
ここにある条件を足して過去傾向推奨馬は〇〇〇と〇〇〇の2頭とさせていただきます。

馬名は上リンクに、理由は下リンクに記入します。
ぜひチェックしてみてください。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


明日も過去傾向分析記事をあげる予定です。
この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



↑このページのトップヘ