【期待値◎軸馬】競馬予想blog

2015年から儲ける馬券→回収率100%超えを目指し攻略を開始。2年かけて遂に黒字化に成功。当初は平場の芝レースのみを対象にしておりましたが、2017年天皇賞秋から重賞での予想を試験的に開始すると、予想と反してここでも複勝回収率113.6%と結果を残すことに成功しました。予想重賞数が2018年4月24日現在では54レースと少ないことからまだ楽観はできません。ですが皆様の予想のお手伝いが少しでもできるのであればとの思いから、予想を公開させていただいております。

いつもは平場の芝レース専門で予想をしています。ブログでも主に芝重賞の予想を上げていく予定です。予想方法ですが、複数の指数を独自のアルゴリズムで分析したものを基準に、レース毎の過去傾向と枠順などの当日情報を分析して予想をしています。分析が終わり次第順次記事を更新していきます。重賞で予想するのは基本的に◎本命と〇対抗の2頭となります。

カテゴリ: 予想結果

お待たせ致しました。


4月21日・4月22日の予想結果です。

まず、21日の福島牝馬Sです。


【期待値1強レース・結果】

本命 カワキタエンカ 2着
前走大外からハナを奪ったときに思いましたが、この馬は抜群にスタートセンスが良い馬ですね。かつスピードの持続力も素晴らしいです。前に出れて沈まないことから先行勢に負けることが殆どありません。この馬が負けるとしたら後方から差してきた馬にキレ負けするか、能力の違いでかわされるかですが、今回は格上の馬がいないということでキレ負けしか負け方がありませんでした。3頭以上この馬をキレで負かせる馬が出るようなレースではなかったのでここは必然の好走であったと言えるかも知れません。今後もお世話になる事が多い馬だと思います。この馬の負ける条件をしっかり抑えておきましょう。当てはまらない時は全力買いですね。


【主要馬回顧】

キンショウユキヒメ 
大外を通して差し切る素晴らしい差し脚でした。この馬はツイッター・ラインで評価を上げても良いと発信した馬の1頭で、理由は内から4頭分ほどが荒れており外が若干伸びが良いのでそこを通ってくる可能性が高いと思ったからです。案の定その芝の荒れていない境目をドンピシャで走って来て最速の上りを発揮しての好走でした。つまりこれはこの馬の実力ではなく、差しの届くミドルペースでレースが進んだことと最高のコースを走ったことが重なったことによる好走なのであまり高い評価をし過ぎない方がいいと思います。とはいえ弱い馬にできる勝ち方でもないので次走の結果に注目です。次走も好走できるようであれば本物かも??

デンコウアンジュ
キンショウユキヒメとほとんど同じことです。ただキンショウユキヒメより1列内を走ることによる馬場の違いでキレ負けしたのだと思います。早めに仕掛ける競馬ができたのはよかったですね。考察で書いた通り能力上位ではあったので位置さえ取れるなら好走するのも頷けます。

トーセンビクトリー
考察に書いた通りのキレ負けをしてしまいました。この馬は立ち回りの上手さと、瞬発力で好走してき馬です。それがキレ負けするようではもう衰えとしか言いようがありません。内有利馬場の内枠かつ急坂がありスピードが出にくい環境くらいの条件が揃ってやっと馬券になるかくらいだと思います。長い間重賞を盛り上げてくれた名牝です。後は無事に現役を終えることができるように祈っています。

レイホーロマンス
通った馬場がよくなかったですね。ただ外を回すとロスが大きく届かなかった可能性もあります。この枠この馬場になってしまった時点で詰んでいたということだと思います。またどこかで穴をあける馬だと思うので、しっかり好走のタイミングを見逃さないようにしましょう。

ワンブレスアウェイ
また出遅れました。この馬は1度好走するまで消しでいいと思います。もう馬に走る気持ちがないのかも知れません。


続いてフローラSです。


【おまけレース・結果】


本命 サラキア 4着
素晴らしい騎乗でした。池添騎手とは思えない神騎乗が炸裂しただけに馬券にしてあげたかったですね。それよりも前残りの傾向が強烈だったということすが、残念です。

対抗 レッドベルローズ 7着
全くいいところがありませんでした。これがこの馬の今の実力なのでしょう。


【主要馬回顧】

サトノワルキューレ
スローペースを直線一気で差し切りました。それも強烈な前残りの傾向があってです。相手が弱かったとはいえ十分能力を感じる内容でした。面白い馬がでてきましたね。これでオークスがさらに面白くなってきました。

パイオニアバイオ
前残りの傾向を上手く活かした好走でした。今回のレースレベルだからの好走だと思います。次走以降はあまり期待していません。

ノームコア
パイオ二アバイオと同文です。ちなみにこの馬はツイッター・ラインでかなり展開が向きそうと発信した馬でした。



続いてマイラーズCです。


【期待値1強レース・結果】


本命 サングレーザー 1着
ただ1頭33秒前半の上りを繰り出しました。瞬発力勝負になると格が違うというような走りでしたね。もともと瞬発力に秀でている馬だとは思っていましたが、想像以上に成長しているようです。今のマイルでは間違いなく主役の1頭ですね。福永騎手の進路の作り方も痺れました。次走も楽しみな1頭です。


【主要馬回顧】

モズアスコット
ルメール騎手であればもしかしてとは思っていましたが、前目からの競馬をしてきました。そして結果を残しました。素晴らしい挑戦だったと思います。これで競馬の幅が広がったので次走以降も更なる成長に期待したいと思います。前走でレッドファルクスに近い能力と書きましたが、やはり強い馬ですね。

エアスピネル
予想通り確信犯的な勝ちにいかない乗り方をしてきましたね。今回の3着は力負けではありません。恐らく武豊騎手は今のこの馬の出せる最速の脚、キレを試したのだと思います。サングレーザーという超えれない壁がいることはわかったと思うので本番は今回より前目から競馬をしてくると思います。今からわくわくしてきますね~♪

ちょっと他の馬はこの3頭と比べると格が違いましたね。


今週は予想した2頭が2頭とも馬券なってくれたので良かったです。
予想の外れているローズSをおまけレースにできたのもよかった点だと思います。
競馬で収支を出すためには自分の予想の精度を把握し当てることのできるレース、または期待値のあるレースを選んぶことが大切だと思っています。
その点で今週は満足のいく結果でした。
ですが現状に満足することなく、ローズSも、予想が発信できるように、また予想が当たるように精進致します。


明日は過去傾向分析を行う予定です。
今週は待ちに待った天皇賞春ですね!
現時点での本命はもちろんあの馬です。馬名は上のブログランキングに!
ブログランキングクリックにご協力お願いします。

お待たせ致しました。
4月16日23時 完全版を更新しました。


この土日もプライベートが大変忙しく、今にも意識が飛びそうな状態のためレース結果のみ書かせていただきます。
月曜日の夜にはレース回顧も含めた正式版を書きますので申し訳ございませんが、少々時間をください。




4月14日・4月15日の予想結果です。

まず、14日のアーリントンCです。


【期待値2強レース・結果】

本命 タワーオブロンドン 1着
道中は中団の内側をロスなく追走し、直線い向けて進路を確保する最低限の外を回る走りでした。もともと距離不安が囁かれていた馬なのでそれをカバーするためにもこういった騎乗になったのかも知れませんね。結果として直線のラスト200mを切ってからも力強く伸びることができており、この結果はルメール騎手の素晴らしい騎乗あってのものだと思います。
1つ覚えておいておきたいのはルメール騎手はこういった外目の枠から一旦内に入れて力を温存し、最後に外に出して進路を確保する騎乗が本当に上手いです。これに関しては現JRA所属騎手の中で1番だと思います。

対抗 パクスアメリカーナ 2着
タワーオブロンドンとは対照的にこちらはたまたま前が空いたが為の好走でした。もっとも展開が向いた馬がこの馬で結果は2着です。現時点ではまだその程度の実力ということでしょう。今後の成長が楽しみな1頭ですね。


【主要馬回顧】

レッドヴェイロン 
スタートで行き脚がつかずここまで結果を残してきた前からの競馬ではなく、そのまま後方待機の直線勝負という競馬になりました。この枠でスタートを失敗したのであればベストな騎乗だと思います。さすがデムーロ騎手は勝負強さが桁違いですね。レース運びは1着のタワーオブロンドンとほぼ同じで、伸び方もほとんど互角だったことを考えると、能力はかなりのものがあると予想されます。今回の負け方は位置取りの差なので次走以降に期待したい1頭ですね。

インディチャンプ
素晴らしい位置取りから早く先頭に立ち過ぎたが故の悔しい敗戦でした。能力的には今回馬券になった馬と遜色ないのでこの馬も次回に期待したいです。ただ注意が必要なのは、今回の早仕掛けは岩田騎手の意思ではなく、半ばインディチャンプの暴走だったのではないかと思える点です。道中も行きたがるそぶりを見せていることからもう少し距離が短い方が精神的にマッチするのかも知れません。今の岩田騎手は馬の制御があまり効かない印象があるので、折り合いが上手い騎手に乗り替わりがあれば積極的に狙いたいと思います。

ダノンスマッシュ
今回は中団待機の戦法を一変させ前に付けてきました。今回は外を回ることによる不利がかなりあったので負けて強しの内容と言えると思います。そのため騎乗ミスによる負けという側面が強いのでこの敗戦で評価を下げる必要は全くないと思います。今回はいい経験となる敗戦だったと思います。次にどういった競馬をするかが予想できない点は難しいですが、どこかで再度狙いたいと思います。



続いてアンタレスSです。


【期待値2強レース・結果】


本命 クインズサターン 3着
過去傾向で指摘した上がり最速馬です。不良馬場の発表を見た時点でこの馬が最速を使ってくるのは結構自信があったので読み通りという感じでした。この馬を本命にしたのはそれだけが理由です。もっと荒れると嬉しかったのですが、がちがちでしたね。それでもオッズが割れていた分配当は高めだったのでしっかり回収はできて良かったです。

対抗 トップディーヴォ 4着
こちらも不良馬場ということで馬場で推させていただいた1頭になります。良馬場であれば対抗になる事はありえませんでした。かなり特殊な馬場だったので次走以降の参考にはなりません。


【回顧】

グレイトパール
この馬強いですね。直線手前で位置を上げてそのまま突き放す上がり最速タイの脚お見事です。良馬場でも同じレースができたのか気になるところですが、良馬場でも結局は役者の違いで1着になっている気がしますね。テイエムジンソクと言いこの馬と言い、世代交代感があっていいですね。長く活躍してくれることを願っています。

ミツバ
この馬が最終コーナーで先頭にいるなんて予想もしていませんでした。松山騎手の勇気ある素晴らしい騎乗でした。最近ミツバの乗り方が分かってきている感じがしますね。今後もこういったレースをしてくれると予想も立て易くまた買い易くもなるので、継続騎乗でお願いしたいです。次走はまだフロック視されると思うので、注目したいと思います。



続いて皐月賞です。


【期待値1強レース・結果】


本命 ステルヴィオ 4着
強烈な前有利馬場の中よくここまで追い込んできました。今回は馬場による敗戦なので評価を下げる必要はありません。この世代では能力上位だが馬場傾向で十分逆転は可能な馬というのがこの馬の今の位置ですね。


【回顧】

今回馬券になった、エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラレウーノは馬場傾向を味方に付けての好走です。皐月賞好走組として高い評価を与えると少し過剰評価気味になると思うのでご注意ください。反対にステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルは頑張った印象です。ただここで7着以下だった馬も今回は馬場が特殊過ぎただけなので、今回の敗戦で評価が下がるようであれば次走は狙う価値十分だと思います。今回の結果は能力とはそこまでリンクしていないということを頭に入れて3歳の予想はしていきたいと思います。



今週の皐月賞では予想記事で直前の傾向が重要になるので発信に注目くださいと書かせていただきました。そしてline及びツイッターで以下のように発信させていただきました。

--------------------------------――---------------------------------------------------------------------------------------------------
中山競馬場 馬場傾向
内有利かつ前残りの傾向が強くでています。

これは難しくなりました。
内を通る馬としてはタイムフライヤー、ワグネリアン、ジャンダルム、キタノコマンドール加えてもエポカドーロまでですね。

前から競馬をする馬は多数いますので、割愛させていただきます。

重複して該当している馬としてワグネリアン、ジャンダルム、エポカドーロまでは評価を上げる必要がありそうです。
かなり強い傾向がでているので、この三頭から好走馬が出てくる可能性が高いです。軽視していた方はご注意ください。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

結果はエポカドーロが予想段階で好走するパターンとして書かせていただいた、大逃げから離れた馬群の先頭からのパターンそのままのレース運びで好走しました。
2着には同じく予想で逃げ勢から上位に食い込むならこの馬と書かせていただいたサンリヴァルがはいっています。
あのアイトーンですら、ワグネリアンとそこまでタイム差のない競馬ができてしまうほどの前残り傾向があり、そのかなり強い傾向が事前に発信されていてなおかつ、評価を上げる必要があると3頭挙げたうちの1頭が1着を獲り、逃げ勢で馬券になるのはこの馬と書かせていただいた馬も好走している状態です。

上に書かせていただいた内容はたまたま前日に雨が降り、たまたま偏った傾向が強く出て、たまたま好走する馬が予想された通りだっただけです。

ですが
今回私のブログを見ていただいており、かつlineやツイッターの発信もご覧になられている方でこの簡単な馬券を外した方はいらっしゃらないと私は思っています。


上記のような直前にしか判断できない細部の情報を発信しています。
まだ登録していないという方!
もしよろしければ下記のリンクから友だち追加をして、あなたの収支を上げること間違いなしの直前情報をご利用ください。
友だち追加

ツイッターも下部から見ることができるのでそちらもよろしくお願いします。


明日は過去傾向分析を行う予定です。
最後になりますが管理人の励みになりますので、もしよろしければブログランキングクリックにご協力お願いします。

4月7日・4月8日の予想結果です。

まず、ニュージーランドTです。


【結果】

期待値おまけレースは今回から割愛させていただきたいと思います。


【回顧】

1着のカツジですが、最終コーナーでありえないほど大外を回ってなお差し切りました。これはこの馬の力がここでは抜けていたということだと思います。ケイアイノーテックも同様ですね。カツジもケイアイノーテックも能力的にそこまで強い馬ではないのでレースレベルが低すぎたということだと思います。3着のデルタバローズですが、そのレベルの低いレースでロスを最小に抑えた好走でした。能力的にはかなり怪しい馬と思うので次走は過大評価に注意したいと思います。


続いて阪神牝馬Sです。


【結果】
期待値1強レース

本命 アドマイヤリード 4着
予想していた馬場にはならず、今回の敗走は仕方ないと割り切りたいと思います。ペースもスローペースからの前残り決着となったのでここもこの馬には向きませんでしたね。その中でもデムーロ騎手はそつのない素晴らしい騎乗だったと思います。次回以降も内が荒れるような馬場になってきたら買いたい馬だと思います。


【回顧】
日曜日の直前情報では書きましたが、阪神競馬場は高速馬場になっておりスローペースでレースが進むと物理的に後ろからは届かない馬場となっていました。そのため、1着のミスパンテールと2着のレッドアヴァンセはその恩恵を受けての好走です。次走以降は疑いたいと思います。特にミスパンテールは3連勝ということで次はかなり人気することが予想されるので戦績に騙されることなくしっかりと判断したいと思います。3着のリスグラシューだけは中団から伸びてきて差し切る強い内容でした。この馬は4歳になって本当に強くなりましたね。次走以降も期待したいと思います。


続いて桜花賞です。


【結果】
期待値1強レース

本命 リリーノーブル 3着
終始外目を回らされての3着は十分この馬の力を見せつける結果だったと思います。さすがにラッキーライラックよりも力があるとは言いませんが、この世代でトップレベルなのは間違いないですね。強いライバルのおかげ評価が低くなりがちな馬なのでこれからもお世話になる気がしています。


【回顧】
ラッキーライラックは好スタートを決め、そこから1度位置を下げてしまいましたが、直線入り口では再度先頭に並びかけ、先頭にたってからは突き放すだけに見えました。ですが最後にアーモンドアイに差されて2着どまりとなってしまいました。結果は2着でしたが、この馬は直線半ばまで手綱を持ったまま位置を上げることができるのが素晴らしいですね。内枠も苦にならないことが分かったので引き続き世代のトップホースとして頑張って欲しいです。1着のアーモンドアイですが、鬼のような脚ですね。直線だけで届いてしまうのですから驚きです。これで本物ということが証明されたので今後が楽しみです。

4着、5着、6着には直前情報で評価を上げるべきとした、トーセンブレス、マウレア、リバティハイツが入りました。アーモンドアイも含めてですが、今の阪神競馬場はペースが流れれば差しが決まり易い傾向がでています。そのため、オークスの傾向次第ではラッキーライラックやリリーノーブルの逆転も十分あると思います。今回差してきた馬達についてはこの世代において強いのは確かですが、これを高評価しすぎると痛い目に合う可能性もあるのでここは注意していきましょう。



今週の阪神牝馬Sでは直前の馬場傾向からレース信頼度低下発信をさせていただきました。案の定レースはあと一歩のところで軸馬は馬券にならず、事前の予想にこだわりすぎない損失軽減の好判断ができたと思います。また桜花賞では5頭の評価を上げる必要があると発信させていただき、リバティハイツ、トーセンブレス、アーモンドアイ、マウレアと穴を含めているにも関わらず、上位6頭中4頭がここから好走してきました。
上記のような直前にしか判断できない細部の情報を発信しています。
もしよろしければ下記のリンクから友だち追加をして、あなたの収支を上げること間違いなしの直前情報をご利用ください。
友だち追加

ツイッターも下部から見ることができるのでそちらもよろしくお願いします。



先週末はトラブルにより、予想の公開が2日間ともにお昼前と遅くなってしまい、ご迷惑をお掛けいたしました。
今週もしっかり予想していくので、明日からの記事もお付き合いよろしくお願いします。

明日は過去傾向分析を行う予定です。




最後になりますが管理人の励みになりますので、もしよろしければブログランキングクリックにご協力お願いします。

3月31日・4月1日の予想結果です。

まず、ダービー卿CTです。


【結果】
期待値2強レース

本命 レッドアンシェル 7着
道中は予想より1段後ろからの競馬となってしまいましたが、それでもいい勝負にはなると思っていたので少し不可解な負け方でしたね。唯一気になるのは直線で加速するタイミングに進路がなくなり詰まっていることです。これが原因で負けたとするのであれば、加速力に乏しい馬ということになるので、これからはここを考慮した、少数頭レースで狙うなどして上手く付き合っていきたいと思います。

対抗    キャンベルジュニア    2着
好スタートを決めたら好走あるかもと考察で書きましたが、その通りのレースとなりました。今回は好スタートから内をロスなく回り、理想的な競馬での2着好走だったので、次走以降はこの結果を評価しすぎないように注意が必要だと思います。


【回顧】
いつも通りマルターズアポジーが積極的に逃げて、ペースは緩むことなくミドルペースとなりました。これについていった馬は潰れていき、結果としては差し込んできた馬が上位を独占するような形となりました。1着のヒーズインラブは唯一の前残り馬である2着キャンベルジュニアの後ろから伸びており、1番楽な競馬をしていたのでこの結果も納得です。強い馬ではありますが、キャンベルジュニア同様最高の展開あっての好走ということは頭にいれておいた方がいいと思います。3着にはストーミーシーが別次元の末脚で入着しました。今回はマルターズアポジーが前を全部潰してくれたので展開が向いたと言うことでしょう。展開が向けば着にこれる馬なので、次回以降も注意しておきましょう。


続いて大阪杯です


【結果】
期待値1強レース

本命 アルアイン 3着
1角で外を回らされたことと、4角で前が開くかの不安はありましたが、道中は無難な位置でレースを進めて強い内容でした。やはりここでは力上位であったことは間違いなく次走以降も中距離以下で期待したいと思います。


【回顧】
1着は出遅れをカバーするデムーロ騎手の神騎乗発動でスワーヴリチャードでした。鞍上のスローペースと判断してのまくりも素晴らしいですし、このレースを実現させる馬の能力も素晴らしかったです。右回りG1も制覇ということで名実と共に現役最強となってしまいました。ジャパンCで買いたかっただけに強くなりすぎて、嬉し悲しいです(T_T)。

2着は前走回顧で次走に期待と触れたペルシアンナイトでした。福永騎手も文句ない好騎乗でしたね。普段はこの騎手について良くないことを書くことが多いですが、実は私は福永騎手も好きなんです。理由は2つあり、1つ目が単純に騎乗技術が平均を上回っていること。2つ目は何をしてくるか乗り方の予想がし易いからです。特に2つ目はでかいですよ。どのようにレースをしてくるかわかるので、その馬でそれが可能かを考えればいいだけなのですから。今回は馬場次第と考察で書きましたが、lineで配信したように、34秒を切る高速馬場となっていました。そのため瞬発力に秀でたペルシアンナイトは好走できると思っていたので美味しくいただくことができました。ただこの馬の注意点として、前哨戦を調整に使ってくるということがあります。本気で来ているか調整なのか、ここの判断だけはしっかりして本気度が低いようであれば評価を下げるようにしましょう。

3着はアルアインが無難に好走しました。

4着以下ですが、lineで発信したミッキースワローとヤマカツエースがしっかり追い上げてきていますね!
スワーヴリチャードがデムーロ騎手の神騎乗なしで大人しく敗れていれば、先週に続き馬券爆発となっていました。惜しかったですね、、、
特にロスの大きい競馬でしっかり追い上げてきたミッキースワローは次走以降も期待したいと思います。
ヤマカツエースも適正条件であればまだ戦えることがわかったので、条件が整ったときには積極的に狙っていきたいと思います!


記事中に出てきたラインです。もしよろしければ、下記のリンクから友だち追加してみてください。
損はさせませんよ!
友だち追加

ツイッターも下部から見ることができるのでそちらもよろしくお願いします。



明日は過去傾向分析をする予定です!
無敗の桜花賞馬誕生となるか!?
しっかり予想していくので、明日からの記事も楽しみにしてください。



特にネタがないので、なんとなくヤマカツエースの好走条件を上下のランキングに記載しておきます。
近走は敗戦続きなこともあり、恐らく人気しないので好走条件を満たした時にはかなり美味しい存在になると思います。

もしよろしければ、ブログランキングクリックにご協力お願いします。

3月24日・25日の予想結果です。

まず、日経賞です。


【結果】
期待値1強レース

本命 ロードヴァンドール 4着
まさかの2番手からの競馬でした。この時点で着外かと思ってしまいましたが、そこからキセキがまくりペースが上がりかつ3番手になり、もう着外を確信しましたね。それでも4着まで来ているのでやはり強い馬なのだと思います。ルメール騎手がペースを上げなければどうなっていたでしょうか、勝負は時の運仕方ないですね。ただ1着のガンコはロードヴァンドールと共にツイッターとlineでピックアップした馬であり、馬券的には本当に悔しい結果となりました。


続いて、マーチSのレース回顧です。


【結果】
期待値おまけレース

本命 ハイランドピーク 9着
横山典騎手のやらずが発動しましたね。馬にやる気がなかったのでしょう。次回以降条件が軽くなった時に再度期待しましょう。

対抗 センチュリオン 1着
前有利の中理想的な競馬で力を出し切っての1着でして。この馬もツイッター及びlineで当日推奨した馬の1頭なので下が荒れていることを考えるといいレースでしたね。


続いて高松宮記念です


【結果】
期待値2強レース

本命 レッドファルクス 8着
前が詰まったなぜあんな競馬をしたんだと思う方がいるかも知れませんが、この馬が好走するにはあれしかありませんでした。内を通ると馬場が荒れていて伸びない、外を回すとロスが異常に大きくなり届かいない、つまり好走するには馬群を捌くしかなかったのです。デムーロ騎手は最善を尽くしていたので次回以降また期待しましょう。

対抗 レッツゴードンキ 2着
※以下は直前に発信させていただいたツイッター及びlineの転載です。
中京競馬場傾向
若干前有利くらいです。馬場は内が荒れており外目を通ると届かない可能性が高かくなています。内を回る馬または前目から競馬をできて外目にロスなく出せる馬に利がありそうです。
内を通る馬レッツゴードンキ
前目からロスなく考えるとナックビーナスファインニードルあたりでしょうか。
この3頭は評価を上げる必要がありそうですね!

結果は名前をあげた3頭がその通りのレースをして着を独占しました。
lineやツイッターを見ていただいている方にとってはこんなに簡単なレースはなかったのではないでしょうか?

記事中に出てきたラインです。もしよろしければ、下記のリンクから友だち追加してみてください。
損はさせませんよ!
友だち追加

ツイッターも下部から見ることができるのでそちらもよろしくお願いします。



明日は過去傾向分析をする予定です!
明日からの記事も楽しみにしてください。




ブログランキングクリックにご協力お願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



 

3月17日・18日の予想結果と回顧です。

まず、ファルコンSです。


【結果】
おまけレースのため配信はしていません。
仮推奨馬として

本命 テンクウ 8着
後ろから競馬をしてしまいました。前からの競馬を期待していただけに残念です。これではこの着順も納得ですね。


対抗 ミスターメロディ 1着
最近調子の良い対抗馬でした。レースレベルが低かったからこその好走だったように思いますが、そのレース内容は強いものでした。次走以降も期待したいですね。


【回顧】

モズスーパーフレアがミドルペースでレースを引っ張ります。前残りの傾向が出ていたので好走を期待しましたが、少し能力が足りなかったようで残念です。2着のアサクサゲンキは常にインを回りロスの少ない素晴らしい走りでしたね。3着のフロンティアも出来るだけロスを抑えるコーナリングから直線で上手くコースを確保して素晴らしい騎乗でした。このレースと関係ないですが私川田騎手のコース取り大好きです(笑)。ツイッター・ラインで発信させていただいたようにやはり前目から競馬をした馬で決着となりましたね。このレースは非常に難しいレースでしたが、馬場の傾向がしっかり出ていたので前目から広く賭けていれば的中できるレースだったのではないかと思います。


続いて、フラワーCのレース回顧です。


【結果】
期待値1強レース

本命 ノームコア 3着
内でメサルティムが好スタートを決めましたが、第1コーナーまでに位置を上げ上手く内を取りきることができました。これが石橋騎手と北村騎手の能力の違いだと思います。そのまま最小限のロスで競馬を進め直線でじわりじわりと伸び予想通り3着に粘り込むことができました。今週の重賞では1番期待していた馬だけに無事好走してくれてよかったです。


【回顧】

予想通りモルフェオルフェが先頭に立ち、引っ張るレースとなりましたね。ハイペースにはならないという読み通り、この馬が先頭を取りきってからはペースは落ち着きスローペースで流れました。勝ったカンタービレはデムーロ騎手が素晴らしい騎乗でしたね。この騎乗をされては勝たれても仕方ないというものです。その完璧な騎乗のカンタービレに肉薄したのが2着のトーセンブレスです。まさかあの位置からここまで追い上げてくるとは思いませんでした。このレースで1番強かった馬は間違いなくこの馬です。3着以下はドングリの背比べ状態で今後重賞で馬券になるのは難しいかも知れないですね。それは今回推したノームコアも同様にです。


続いて阪神大賞典です


【結果】
期待値1強レース

本命 アルバート 4着
不安が的中してしまいました。パドックで明らかに馬がチャカチャカしています。その影響か直線の脚がいつものように切れていませんでしたね。この馬は輸送が駄目なのかも知れないですね。精神面からくる影響は長距離レースでは多大なものがあるので、今後も関西のレースにこの馬が出てきたときは注意が必要かも知れません。


【回顧】

レースは予想通りヤマカツライデンが引っ張ります。結局前目で競馬をして残ったのは3着のクリンチャーだけでしたね。決して切れる脚の持ち主ではないのでこの走り方であっていると思います。この馬の単勝1.9倍はやり過ぎですね。複勝がいいところです。今後も時計のかかる馬場のときにだけお世話になりたいと思います。ツイッター・ラインで後ろから速い上がりを使う馬が好走する傾向があると発信させていただきました。該当馬として挙げさせていただいた内の1頭がレインボーラインで結果は最速の上がりを記録して1着でした。2着はレインボーラインとほぼ同位置で競馬を進めていたサトノクロニクルが切れ負けする形で入着となりました。


続いてスプリングSです。


【結果】
期待値1強レース

本命 ステルヴィオ 1着
2着から3着かと思っていましたが、勝ちきりましたね。想定より少し前目で競馬をできたのでそれがよかったのだと思います。この馬が強いことは分かっていたので特に何も言うことはないですね。


【回顧】

先頭はやはりコスモイグナーツがいきましたね。半ば暴走のような逃げでしたが、ペース自体はミドルペースだったので後続がスローだったというのが正しいかも知れません。そんな中2番手という最高に恵まれた位置で競馬をしたのがエポカドーロでした。結果はステルヴィオからハナ差の2着です。この馬を頭に相手にステルヴィオと前目の馬で3連単を買っていたので正直この結果は悔しいですが、この面子ではステルヴィオが強すぎましたということで仕方ないですね。今回最高に恵まれた条件でステルヴィオに負けてしまいました。この馬ではダノンプレイアムを打倒することは難しそうですね。3着のマイネルファンロンも前残りの恩恵あっての好走なので、この結果をあまり過信しないように注意しましょう。


余談ですが、タイムフライヤーが若葉Sを5着に敗れましたね。完全にルメール騎手に勝つ気がないレース運びでした。ここで重賞ではなくOPを使ってきたこと、この馬の使える脚を計るようなレース運び、本番への本気度が伺えますね。ルメール騎手は今回ステルヴィオで1着となりましたが、皐月賞はどの馬で挑戦するのでしょうか?もし皐月賞もルメールとのコンビで来るのであれば私の皐月賞の本命はタイムフライヤーになるかも知れません。


今週の高松宮記念から本格的に競馬が始動し始めますね!
さらに今週も4重賞開催とかなりボリュームのある日程です。
忙しさに負けずに全レース分析するつもりなので今週もお楽しみに~♪

明日は過去傾向分析をする予定です!
アルバートこそ諸事情により4着に敗れてしまいましたが、ノームコア、ステルヴィオと過去傾向推奨馬×本命の馬が好走しています。
当ブログ好走パターンは健在なのでぜひ明日からの記事もチェックしてください。




ブログランキングクリックにご協力お願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



記事中に出てきたラインです。もしよろしければ、下記のリンクから友だち追加してみてください。
宜しくお願いします。
友だち追加 

時間が足りないので今回は予想結果だけ書かせていただきます。


まず、中山牝馬Sです。


【結果】

本命 エテルナミノル 10着
lineやツイッターで情報を発信しましたが、当日は内不利の傾向があり、エテルナミノルはその不利を受ける枠順だったので致し方ない結果だと思います。さらにいうのであれば前目からの競馬ができていない時点でこの馬は終わっていました。


対抗 レイホーロマンス 3着
10番人気複勝5倍もつきまました。これは完全に過小評価を受けていましたね。当日は外差し有利の傾向があると上記の媒体で発信しましたが、この馬は条件に該当していました。かなり美味しいレースだったと思います。ただ今回の結果は軽斤量と馬場の助けがあっての好走なのであまり過信しない方がいい馬だと思います。また外差しが決まるときにお世話になりたいですね。



続いて、フィリーズレビューのレース回顧です。


【結果】

本命 モルトアレグロ 10着
ハイペースにより前から競馬をした馬には厳しいレースとなりました。前にいった馬が全滅しているのでこの結果が極端に評価を下げる必要はないと思います。ただそこまで強い馬でもないということが分かったので前が有利な馬場のときには少し気に掛けるくらいでいこうと思います。


対抗 リバティハイツ 1着
8番人気でしたが、しっかり好走してくれました。今回は好走条件に完璧に一致しており、なぜこんなに人気していないのか不思議なほどでした。モルトアレグロ、リバティハイツ、アンコールプリュで迷っていただけに予想としては悔しい結果でしたが、対抗にリバティハイツを選ぶことができたのはよかったと思います。



続いて金鯱賞です


【結果】

本命 スワーヴリチャード 1着
ここでは役者が違いましたね。予想通りのスローペースで道中デムーロ騎手が一気に前まで位置を上げました。この時点で着外はありえなくなりました。素晴らしい判断だったと思います。このレースではline・ツイッターで直前情報で上りのかかる前有利の馬場と発信させていただきました。予想段階で書いた好走条件と合致しており、穴馬としてサトノノブレスに期待しているとも発信し、見てくれた方であれば容易に当てることのできたレースだと思います。こんなに分かりやすいレースで馬単が70倍以上ついています。予想家として本当に良いレースでしたね~。サトノダイヤモンドですが、あの走りができるのであれば大丈夫そうですね。次走でもし評価を落とすようであれば買いたいと思います。



今週は対抗評価の馬が久しぶりに爆発しましたね!
穴馬として期待していたサトノノブレスの好走もあり、納得の予想ができた週となりました。

今週は4重賞あります。
何とか時間捻出し全レース分析するつもりなので今週もお楽しみに~♪

明日は過去傾向分析をする予定です!

先週のレース回顧をしていきます。


まず、オーシャンSです。


【結果】

本命 ビップライブリー 5着
スタートからあまりよくなかったですね。予想段階で逃げの後ろを走ることができたら好走と書いたように、もう1段前で競馬ができていたらネロより前にいた可能性もあるのではないかと思っています。直線でじわじわ伸びるタイプの馬なのでそういった馬が好走するレースでまた狙ってみたいと思います。


対抗 スノードラゴン 11着
後ろからくるのであればこの馬かと思い対抗評価にしていました。ですが、当日ツイッターやlineでお知らせしたように外枠の馬、特に2桁馬番の差し馬は届かない馬場となっていたので直前で評価を下げることになりました。この馬に関しては今回のレースは向かなかったのが全てだと思います。直前情報で回避はできたのでよかったのではないかと思います。


【レース回顧】

まずネロが積極的に追ってハナに立ちます。正直ハナを取りきったところで好走すると思いましたが、結果は僅差の4着でした。思い切りのある良い競馬だったと思います。1着は好位から抜け出したキングハート、2着にはその少し後ろからナックビーナスが地力の違いを見せつける好走。何より驚いたのは前が残る展開のな中、ただ1頭大外から追いあげてきたダイメイフジです。デムーロ人気をしているのかと思ってみていましたが、この馬の実力は本物のようです。差しが届く展開であれば、レッドファルクスやモズアスコットに近い評価をしてもいい馬なのかも知れません。


続いて、チューリップ賞のレース回顧です。


【結果】

本命 リリーノーブル 3着
ラッキーライラックの後ろから競馬をしていましたね。完全にラッキーライラックをマークしていましたが、地力の違いで直線で引き離されてしまいました。これで正攻法では勝てないことがわかったと思うので、本番ではラッキーライラックより前で競馬をして欲しいと思います。マウレアに負けたのは位置取りの差なのであまり気にしなくていいと思います。


対抗 ラッキーライラック 1着
強かったですね。3番手の位置をこの馬が走っている時点でもう勝未来しか見えませんでした。他の馬とはスピードが違うように感じます。1度負けるまではずっと本命でもいいかも知れません。桜花賞も期待ですね。


【レース回顧】

上位3頭が抜けていました。1着と3着に関しては書いてあるので、2着のマウレアについて書きます。この馬は内枠を活かすのが上手いですね。ただクイーンCでそうであったように、外から競馬をすると地力が少し足りずに掲示板で止まってしまうという完全な立ち回りタイプだと思います。桜花賞でも内枠を引くことができたら、その時は注意しましょう。外枠のときは思い切って低評価するのもありかも知れません。


続いて弥生賞です


【結果】

本命 ワグネリアン 2着
予想通りの良い末脚でしたね。これは皐月賞に向けていい予行演習となったのではないでしょうか?皐月賞はタイトなペースになる事が多く、逃げ切りが難しいとされるレースです。例年通りの傾向であればこの馬の出番がくる可能性は高い気がしています。


【レース回顧】

サンリヴァルが好スタートを決めてレースを引っ張ります。続いて1着のダノンプレミアムが2番手に付けました。ダノンプレミアムにとっては理想の形になったと思います。この形になってしまえばもうこの馬を止めることはできませんね。皐月賞当日は無敗の皐月賞ということでかなり人気すると思います。ただ毎年前の馬には厳しいレースとなる事の多い皐月賞、楽しみですね~♪3着にはジャンダルムがサンリヴァルとの接戦を制して入着しております。この馬も強い馬ですが、あれだけ完璧なレースぶりで最後止まってしまっているということはやはり距離が長いのだと思います。皐月賞で負けて、NHKで復活して欲しいと思います。NHK出るのか知りませんが。(笑)



そろそろ3歳のレースも役者が揃ってきましたね。
ここからはしっかり予想できるようになってくると思います。ご期待ください。

さあ今週も3重賞があります。
あのサトノダイヤモンドの復帰戦もありますね!
大変楽しみです。
明日は過去傾向分析をする予定です。
お楽しみに~♪

先週のレース回顧をしていきます。


まず、中山記念です。


【結果】

本命 ペルシアンナイト 5着

対抗 サクラアンプルール 4着


【レース回顧】
マイネルハニーとペルシアンナイトが出遅れる形でレースがスタートしました。ペルシアンナイトにはそこまで影響なかったかも知れませんがマイネルハニーにとっては致命的でしたね。予想通りマルターズアポジーが飛ばして先頭を確保、そこにアエロリットが続き後続を引き離します。そのままマルターズアポジーが3着、アエロリットが2着と前残りの結果となりました。勝ち馬は先頭から4番手を追走していたウインブライトでした。上位3頭は全てベストと言えるような内容だったと思います。次走も同じ結果になるとは思いませんが、良いレースでした。
ペースはミドルペースとされていますが、マルターズアポジーが後続を大きく引き離していたことを考えるとレース自体はスローペースからのロングスパートで持続的な脚が問われる展開だったのではないかと考えています。そのため最後方からではさすがのペルシアンナイトも届きませんでしたね。ペルシアンナイトは理由あっての敗戦なのでまた次走に期待したいと思います。サクラアンプルールはあの位置取りであれば届くかと思ったのですが、思っていた以上に伸びませんでしたね。こうなることもある程度予想できていたのに印を間違えてしまいました。少なくとも対抗はマルターズアポジーにするべきでした。少しのボタンの掛け違い、悔しい結果です。



続いて、阪急杯です。


【結果】
本命 モズアスコット 2着


【レース回顧】
まず先頭に立ったのはニシノラッシュでしたが、すぐにダイアナヘイローに変わりここでレースが落ち着きます。そのままダイアナヘイローが押切り1着、続いてモズアスコットとレッドファルクスが大外から鋭い脚で飛んで来て2着、3着となりました。着になった3頭はいずれも強い内容の競馬ができており、次走以降も期待したいと思います。直前の馬場を見て内枠のロスなし競馬が有利ということからlineで評価を上げる必要がある馬とさせていただいた内の1頭である11番人気のニシノラッシュが4着に入りました。もう少しで馬券になりそうで興奮しましたが、惜しかったですねー。来週も直前の馬場情報を配信しますので、ぜひ1度lineの友達登録してみてください。



続いて2月24日(土)の平場予想結果です。

【小倉8】 
信頼度C マイネルザウバ 2着
賭け方 複勝推奨1.7倍的中


【阪神9】 
信頼度B サンタチェチーフ 3着
賭け方 3頭推奨馬で決まった時に増えるようにワイドで賭けることを推奨的中 


【阪神12】 
信頼度A クィーンズベスト 1着
賭け方 複勝推奨1.3倍 堅く決まる予想だったのでワイドや3連複は避け、馬連単勝系の馬券を推奨的中


【中山10】 
信頼度B スマートエレメンツ 4着
賭け方 複勝系(ワイドや3連複)推奨不的中 
相手はピックアップした馬9頭の中で完全に的中しているが、本命を3着のトータルソッカーと悩み選択ミスしてしまいました。1着の51.3倍の馬もしっかり拾えていたのでこの選択ミスは痛かったです。本当に僅差の惜しいレースでした。

レースの詳しい予想内容はこちらからhttp://kitaitijikuuma.blog.jp/archives/7463897.html



土曜日はブログの開設2か月記念ということで、4レースも配信させていただきました。日頃の感謝ということで気合を入れて記事を書いたので、4レース中3レース的中、4位以下はなしという結果を出せてよかったです。中山の10だけ本当に悔しかったですね。ランクAのクィーンズベストが1着になってくれました。これでランクAのレースは2戦2勝となりました。前回も単勝5倍の馬でしたね。今後もランクAのレースにはご注目ください。


土曜日の予想に気合を入れ過ぎて、翌日は昼過ぎまで寝てしまいました。
たまにはこんな日があってもいいですよね。

またこういったことをやってみたいという気持ちはありますが、レース数が増えても精度を落とさないとなると作業の負担が大きくなかなかできないと思います。
私のやる気を出させるためにランキングのクリックをしていただけると有り難いです。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ

またlineで馬場の直前情報とかも流しているのでこちらもよろしくお願いします。

"【期待値◎軸馬】"のLINE@はじめました!
的中の精度が上がる直前情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。友だち追加 


来週は重賞が3レースもあるので、記事の更新ペースが遅くなり過ぎないように頑張ります。
来週も当たる競馬を楽しみましょう~♪

先週のレース回顧をしていきます。


まず、京都牝馬ステークスですが

【予想結果】

本命 ソルヴェイグ 11着

対抗 ワンスインナムーン 5着


【レース回顧】

ソルヴェイグが好スタートを決めてその内からワンスインナムーンが競りかけるような展開となりました。ソルヴェイグはワンスインナムーンの後ろを追走するイメージで予想していましたが、並べてきましたね。これではロスがあり展開も厳しくなってしまいます。デムーロ騎手には珍しくミスチョイスだったと思います。ですが馬場が外有利でレース自体も外決着となったことを考えればこの枠を引いた時点でもう何をしても無駄だったかも知れません。その中5着に粘ったワンスインナムーンは強い内容だったと思います。前が残るような展開になるレースであれば積極的に買っていきたい馬ですね。過去傾向推奨馬からミスパンテールとデアレガーロが見事ワンツーとなりました。特に二桁馬番であったデアレガーロは当日の馬場を見ていれば対抗には推せたと思います。ブログは細かい生の情報が配信できないとこういうところが難しいですね、、、


続いて、ダイヤモンドSのレース回顧です。

【予想結果】

本命 フェイムゲーム 1着

対抗 ソールインパクト 3着 ※前もってフェイムゲームの複勝が最低1.2を以下にならなければ期待値1強レースにすると条件を指定しておりました。今回は最低オッズが1.3だったため1強レースとして処理させていただきます。


【レース回顧】

レースはグランアルマダが奇襲を仕掛け、大きくリードをとります。そのあとにラブラドライトなど前目の位置で競馬をする馬が続きました。フェイムゲームは中団外を悠々と進め、去年より前目の位置で最終コーナーを迎えました。正直この時点でもう馬券内は堅いですよね。結果は1.4倍もつきましたし非常に美味しいレースだったと思います。2着にはリッジマンが入りました。もう少しで前が塞がるような場面がありましたが、今回は運が向きましたね。この馬は次からも長距離の少数頭のレースでは買いたいと思います。3着には対抗評価のソールインパクトが辛くも粘り込みました。4着との着差は僅かですが、直線に入るときの位置取りが3番手以内の馬の中では1番良い着順をとっています。この面子では力が一枚上手だったという感じでしょうか、評価できる内容だったと思います。


続いて、フェブラリーSのレース回顧です。

【予想結果】

本命 テイエムジンソク 12着

対抗 ゴールドドリーム 2着


【レース回顧】

スタートは前に行きたい馬は全馬スムーズにでました。そこからニシケンモノノフが僅かに先頭をとり、ケイティブレイブ、ノボバカラやテイエムジンソクといった逃げ馬たちが競うようにペースを上げていきます。先頭集団から少し離れてベストウォーリア、インカンテーション、ロンドンタウンが続く形となりました。ハイペースのつぶし合いにより、本命のテイエムジンソクは消えてしまいました。あれだけ外をこのハイペースで走ればそうなりますよね。逆に展開が向いたのは、ゴールドドリームやノンコノユメといった後方待機の馬たちです。この2頭は次回以降人気するようであれば思い切って嫌ってみたいと思います。惜しくも3着に敗れたインカンテーションでしたが、得意の舞台ということを差し引いても十分すぎる内容だったと思います。この馬は人気になり難い馬だと思うので、次回以降も狙っていきたいと思います。


最後におまけの小倉大賞典ですが、予想で評価していたトリオンフが実力の差を見せつける完勝でしたね。クインズミラーグロの好走には驚かされましたが、最終コーナーの神がかった道のでき方があってこその好走だったと思います。次同じことができるかというと厳しいでしょう。3着のスズカデヴィアスは相変わらこのレベルのレースでは安定して複勝圏にきますね。素晴らしい末脚でした。


京都牝馬Sのミスパンテール、デアレガーロ、フェブラリーSのゴールドドリームと過去傾向推奨馬が走りまくりの週でした。週の初めに記事を書いているのに我ながら恐るべき精度だと思います。
明日からまたこの、恐るべき精度の過去傾向分析を書いていきますので見てやってください。


約1か月ぶりに1週間の収支が少しマイナスになってしまいました。
絞り過ぎて相手抜けであったり、フェブラリーSのように相手は完全に予想通りでも軸がこなかったり(笑)
まぁだからこそ競馬は面白いんですけどね!!

さぁ今週も2重賞あります。
楽しみですね~。
競馬は楽しむものです!楽しみましょう、そしてあわよくば皆でおこずかいを増やしましょう♪




[最強]ランキング読者会員



最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ