3月4日(土)開催のG3レースチューリップ賞の過去レース好走傾向を分析し該当馬をまとめました。


【過去傾向分析結果】
過去3年では前走の上がり3F3位以内の馬が3着以内を独占しており、前走で早い上がりを使うことのできた馬の好走率が高いレースと言えそうです。3Fのタイムは34.5秒を切ってくることが1つの目安になります。また前走着差0.2秒以内の馬が好走しており、実力馬が順当に好走してくるレースとも言えそうです。


【好走条件該当馬】

続いて詳しい好走条件と該当馬です。


条件① 前走着差0.2秒以内

クリノフラッシュ、サラキア、スカーレットカラー、ダンサール、ラッキーライラック、リリーノブル、レッドランディーニ


条件② 前走上がり3位以内

サラキア、シグナライズ、ラッキーライラック、リリーノブル、レッドランディーニ


条件③ 連対率75%以上

サラキア、スカーレットカラー、ダンサール、ラッキーライラック、リリーノブル


条件④ 前走上がり34.5秒以内

ラッキーライラック、リリーノーブル



今回の分析ではこの4つを条件に指定させていただきます。

現在登録馬内に全条件該当馬が2頭います
過去傾向推奨馬はラッキーライラックとリリーノーブルのどちらかとさせていただきます。
ここにとある条件を加えて、絞り込みたいと思います。


絞り込み条件は下リンクに記入します。
ぜひチェックしてみてください。


人気ブログランキング


過去傾向分析を踏まえた現時点での本命は〇〇〇〇です。
馬名は下リンクにあります。
こちらも用チェックです。

最強競馬ブログランキングへ


明日はオーシャンSの過去傾向分析記事をあげます。
この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。