【期待値◎軸馬】競馬予想blog

2015年から儲ける馬券→回収率100%超えを目指し攻略を開始。2年かけて遂に黒字化に成功。当初は平場の芝レースのみを対象にしておりましたが、2017年天皇賞秋から重賞での予想を試験的に開始すると、予想と反してここでも複勝回収率113.6%と結果を残すことに成功しました。予想重賞数が2018年4月24日現在では54レースと少ないことからまだ楽観はできません。ですが皆様の予想のお手伝いが少しでもできるのであればとの思いから、予想を公開させていただいております。

いつもは平場の芝レース専門で予想をしています。ブログでも主に芝重賞の予想を上げていく予定です。予想方法ですが、複数の指数を独自のアルゴリズムで分析したものを基準に、レース毎の過去傾向と枠順などの当日情報を分析して予想をしています。分析が終わり次第順次記事を更新していきます。重賞で予想するのは基本的に◎本命と〇対抗の2頭となります。

2018年06月



今週は日曜日に2重賞と偏った編成なので、土曜日は重賞がありません。
そのため平場の予想を公開したいと思います。


独断と偏見により6月30日(土)函館12Rの予想を公開させていただきます。


ですが予想に入る前に私の平場予想を見るのが初めての方もいらっしゃると思いますので、印の見方を説明しておきたいと思います。


【平場予想の印見方】

印は ◎>〇>▲>△>×>無印 の順で表します。

平場の予想では◎~×まで印をつけますが、無印の馬でも名前が挙がっている馬は指数ピックアップに引っ掛かっている馬です。また各印に個数の制限はなく◎と×しかないレースなどがあります。

ただ注意して欲しいことがあります。
そのレース内での軸を◎と表すので、この◎は評価的には△相当の信頼度ということがありえます。
この信頼度を表すためにレース毎に◎(軸馬)を3段階でA>B>Cと評価します。
A=◎~〇、B=〇~▲、C=▲~△と対応しています。


軸馬信頼度C ◎、▲、△、×、×
上のレースがあった場合、◎は▲と同等ですが僅差で▲を上回っている馬ということが分かります。



それでは予想に移ります。
まず指数ピックアップ馬ですが、

オンタケハート

マイスタイル

サトノメサイア

フォワードカフェ

エスティーム

ジェネラルゴジップ

アイスストーム

レッドジェノヴァ

アドマイヤメテオ

アグネスリバティ

の10頭です。
指数には引っ掛かっていませんが、1番のカリビアンゴールドは個人的に馬券に加えるつもりです。


次に印ですが、

◎が1頭

△が1頭

×がジェネラルゴジップ、レッドジェノヴァ

他は無印になります。


このレースの軸馬期待度はAです。

気になるのは鞍上ですねー。
後は馬場が前日は重だったものが本日6時30分に稍重に変更されたことです。
天気は曇り予想となっていますが、12Rまでに馬場がどこまで良くなっているのか、ここ次第で大きく印を変更することもあり得ます。
直前情報をline及びツイッターで流しますのでまだ登録していないという方は、どちらか1方で大丈夫です。登録をお願します。
ちなみにこの予想は良よりの稍重で予想しています。


当ブログの期待度Aは結構な確率で1着または2着に連対します。
あくまで参考にお好みで馬券を組んでみてください。


◎の馬名はこちらをクリック➡️最強競馬ブログランキング
△の馬名はこちらをクリック➡️人気ブログランキング




この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



ランキングクリックにご協力お願いします。

最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング


7月1日(日)福島競馬場開催、ラジオNIK賞の指数ピックアップです。


【指数ピックアップ該当馬】

イェッツト

エイムアンドエイム

キボウノダイチ

キューグレーダー

グレンガリー

ケイティクレバー

シセイヒテン

フィエールマン

メイショウテッコン

ロードアクシス


以上の10頭がこのレースの指数ピックアップ馬です。
今回はまだ戦績の少ない馬も出走してきているため、情報があいまいとなり該当馬が多くなりますが、ハンデ戦ということもありますので視野を広く持つ形でいいと思います。


以上指数ピックアップの結果でした。




現時点の有力馬はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


ランキングクリックのご協力をお願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


7月1日(日)中京競馬場開催、CBC賞の指数ピックアップです。


【指数ピックアップ該当馬】

アクティブミノル

アレスバローズ

セカンドテーブル

フミノムーン

ペイシャルフェリシタ

以上の5頭がこのレースの指数ピックアップ馬です。
ラジオNIK賞とは逆に該当馬が少ないですね。

ハンデ戦ということでこのままガチガチで決まるとは思えませんが、そこまで極端なハンデがついているわけではありませんので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。


以上指数ピックアップの結果でした。



期待している穴?馬はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング


ランキングクリックのご協力をお願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


まず初めに帝王賞の結果ですが、本命テイエムジンソクは6着でした。
今回の予想は最終コーナーを先頭で迎える馬を軸に考えていました。
なぜならば過去10年の内2010年を除く9年で逃げた馬が馬券になっていたからです。

その例外の1回が今回再現されたということですが、最終コーナーを先頭で来る馬を当てること自体はできていたのでこの予想に悔いはありません。

リッカルド達がタイム的に馬券にならないこともわかっていました。
それでも外してしまいました。
本当にダート、特に地方は難しいですね。
またいつかリベンジしたいと思います。
その時は拙い予想ではありますが、また見ていただけるとありがたいです。


それでは気持ちを切り替えて
7月2日(日)中京開催のG3レースCBC賞の過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

短距離×ハンデレースということで荒れやすい傾向のレースです。中京競馬場は直線が長く坂もあるため、差し馬に有利な作りをしていますが、当レースでは前残りがよく目立ちます。差し馬を狙うのであれば、過去10年で50%が好走している当日最速の上りを使う馬を狙うべきだと思います。枠は内が若干成績が悪く、4番より内はマイナスと捉えてよさそうです。関西馬と関西所属騎手の好走が多く、ラジオNIKとは真逆の傾向があります。


今回の好走馬の条件は
当日最終コーナーを2位以内の順位で通過してくる馬でいきたいと思います。


以下は過去10年間に当日最終コーナーを2位以内で通過して好走した馬です。

ハクサンムーン

ヘッドライナー 2011 2010

エピセアローム

タマモナイスプレイ

マジンプロスパー

ベルカント

ラヴァーズポイント

アクティブミノル

スリープレスナイト

セカンドテーブル

全部で11になります。

ということで当日最終コーナーを2位以内で通過して好走した馬11の共通点ですが、以下の1です


①前走最終コーナーを3番手以内で通過&0.6秒差以内の好走

共通点①の該当馬は11頭中8頭でした。
ベルカント、スリープレスナイト、セカンドテーブルが非該当馬になりますが、ベルカントに関しては海外のレースだったため例外扱いできると思います。そうなると10頭中8頭が該当する激熱のデータになります。

【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬

アクティブミノル、セカンドテーブル、トウショウピスト、ワンスインナムーン


今年はこの4頭の中から最終コーナーを2位以内で通過して好走する馬が出る可能性が高いと思います。
ここから条件を1つ足して3頭へ、
残った3頭の中から当日ある条件をクリアした馬を過去傾向推奨馬とさせていただきます。

ここで2頭になるかも知れません??


1つ目の条件はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


2つ目の条件はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング



ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



喜ばしいことに、ツイッターの方に帝王賞の予想はするのかという問い合わせを受けました。
芝のレースを専門に予想をしているため予想を公開するつもりはありませんでしたが、せっかくメッセージをいただいたので急きょ予想を公開したいと思います。


それでは6月27日(水)大井11R帝王賞の考察と予想です。
※下の考察で名前のあがっている馬は指数ピックアップに該当している馬になります。


【考察】
【ケイティブレイブ】 福永騎手

昨年の帝王賞覇者です。ですが、まさかの差し切り勝ちということで、この馬にとっては参考外の1戦と言えると思います。今年は前から競馬をしてくると思いますが、この馬はもともと切れる脚があるタイプではないので、直線で先頭をかわすということが極端に苦手な馬です。直線までに先頭にいないと好走しにくい性質を考えると、福永騎手がどこまで積極的に乗ることができるかがこの馬の好走を決める鍵だと思います。ダービーをとってからの福永騎手はかなり強引な乗り方をするようになっています。これはこの馬にとって大きなプラスとなりそうで、ここで好走する確率は結構高いように感じています。ただ今回はこの馬の前にオールブラッシュとテイエムジンソクがいることが予想されますので、抜かすことができずに2~3着に収まるイメージで見ています。


【ゴールドドリーム】 ルメール騎手

左回りと1600mの専用機です。ここでは条件が違い過ぎると思います。能力は認めますが、1番人気で買う馬ではないと思います。


【テイエムジンソク】 古川騎手


フェブラリーS、平安Sと印をつけながら見事に裏切られてしまいました。フェブラリーはペースと位置取り、平安Sも位置取りが後ろ過ぎてと明確な敗因があります。今回は陣営のコメントを見ても積極策が予想され、さらに前目から競馬をする馬の相手関係がかなり緩和されます。そのため近2戦の二の舞になる可能性は低いのではないかと見ています。距離に不安はありますが、人気の下がっている今は絶好のねらい目だと思います。


【リッカルド】 矢野騎手

人気していますね。理由は南関に移籍してから底を見せていないためだと思われます。ここで気になるのは、それ以前の中央時代に全く通用していないということです。この馬はなぜ南関に移籍後覚醒したのか?答えは簡単で周りに馬のレベルが違うからだと思います。毎年帝王賞では2分4秒を切るようなタイムが記録されています。対してリッカルドはどうでしょうか。好走している近2戦を見てみると2戦とも2分6秒台です。帝王賞の好走タイムからは2秒近くの差があることになります。着差こそ派手についてはいますが、帝王賞では完全に着外のタイムということを考えると、好走する可能性はかなり低いのではと思えてしまいます。


【アウォーディ-】 武豊騎手

近走では完全に衰えが見えます。とはいえスピードで負けているだけで、スタミナはまだ通用する範囲でとどまっているように見えます。ケイティブレイブの少し位置が後ろから競馬をするバージョンというイメージですね。前の馬がつぶれる展開になれば好走することも可能かも知れません。ただそうなると、後ろから瞬発力に秀でた馬が飛んでくるはずなので、どの展開においても、勝ち切る可能性は低いのではないかと思っています。いつも通り4~6着が本命で、最高の展開で2~6着までといった感じですかね。


【ヒガシウィルウィン】 森騎手

リッカルドと同様の理由で、厳しいと思います。


【アポロケンタッキー】 内田博騎手

この馬も絶望的にスピードの無い馬だと思っています。ただスローからのロングスパート戦になれば自慢の持続力が発揮されてかなりのパフォーマンスを発揮します。では今回ロングスパート戦になるかというと、割とそうなる気もしています。ただ前にいる馬も持続力タイプが多く、なかなか落ちてくるとは思えないため、アウォーディーと同じような印象で見ています。


【サウンドトゥルー】 大野騎手

全盛期の能力さえあればこの馬が本命でよかったような気もします。ただ今年に入ってからの位置のあげれなさが気になりますね。どうも年齢の影響が払拭できないですね。衰えた結果、差し遅れて届かない競馬になっているのであれば、今回も同様の競馬になってしまうかも知れません。ただ負けた2戦ともスタート後の芝や前残りの傾向など言い訳は効く内容なのでまだ復活の望みはあるかも知れません。ここが試金石となりそうです。


【オールブラッシュ】 田辺騎手

前走逃げからまさかの2着粘り込みで穴をあけました。これはだれにもつつかれることなく最高の形で逃げることができたが為の、再現性の低い好走であったと思っています。今回はテイエムジンソクという現役屈指の快速馬がいますので、同様の競馬はできないでしょう。そうなると好走は難しいかも知れないですね。


このオッズであれば期待値1強レースでよさそうですね!
知識のない中いろいろ書きましたが、このレースの本命は〇〇〇〇です。


本命の馬名こちらをクリック

理由はこちらをクリック

➡️人気ブログランキング


今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



7月2日(日)福島開催のG3ラジオNIK賞の過去レース好走傾向分析のまとめです。


【過去傾向分析結果】

小回りの競馬場ということもあり、基本的には内枠有利の傾向があるレースです。ただ不思議と6枠と8枠の好走率が高いレースでもあります。また、過去3年で逃げ馬が2頭好走しており、10年で見ても4頭好走と前有利のレースであると言えそうです。当日上がり3位以内の馬の好走率が高いですが、これは3歳のレースっぽい特徴ですね。最後に関西より関東所属の馬が優勢で、馬券内3頭関東馬なんてこともよく起こるレースです。ここは積極的に狙っていきたいところですね。


好走馬の条件は
関東所属馬でいきたいと思います。


以下は過去10年間に関東所属で好走した馬です。

ウインガナドル

ロードリベラル

ゼーヴィント

ダイワドレッサー

アーバンキッド

マルターズアポジー

ウインマーレライ

クラリティシチー

ウインフェニックス

ケイアイチョウサン

ファイナルフォーム

オペラダンシング

マイネルラクリマ

アロマカフェ

セダブリランテス

ミュゼゴースト

ストロングリターン

クォークスター

レト

ストロングガルーダ

サニーサンデー

レオマイスター

ダイバーシティ


全部で実に23になります。
関西馬で馬券になった馬は7頭と少なく今年も関東所属馬中心のレースが予想されます。


ということで関東所属馬で好走した馬23の共通点ですが、以下の1です


①前走東京競馬場

共通点①の該当馬は23頭中20頭でした。
非該当馬は3頭だけとなりますので、ここはクリアしていて欲しい条件と言えそうです。

【今年度の好走条件該当馬】


好走条件該当馬

イェッツト、エイムアンドエイム、キューグレーダー、グレンガリー、シセイヒテン


今年はこの5頭の中から好走する馬が出る可能性が高いと思います。
ここに内と外の枠条件を加えて当日該当馬を過去傾向推奨馬とさせていただきます。



内枠の条件はこちらをクリック
➡️最強競馬ブログランキング


外枠の条件はこちらをクリック
➡️人気ブログランキング



ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



宝塚記念の予想結果です。


【期待値2強レース・結果】

本命 ダンビュライト 5着
この馬が瞬発力に秀でたタイプであれば、あの乗り方をすれば3着には入っていたかも知れません。素晴らしい騎乗だったと思います。ただ、この馬は持続力で勝負する真逆のタイプの馬です。馬の特性をつかみ切れていなかったという意味ではよくない騎乗だったと思います。仕掛けどころの判断が優れている今の武豊騎手には切れるタイプの馬が合のかも知れません。馬自体の癖が強いので単純な能力の判定は難しいですが、また狙えるレースがきたら鞍上も込みで狙いたいと思います。


対抗 サトノクラウン 12着
好走条件は荒れた馬場でしたが、思ったより馬場の回復が早くてだめだめでしたね。直線に入るときにはもう、走る気あるのか?というような動き方でした。こちらも買い時が難しい馬ですが、人気が下がってきている今がチャンスだと思って、また条件が整ったときに買いたい思います。


【主要馬回顧】

ミッキーロケット
和田騎手は素晴らしい騎乗でした。直前情報でline及びツイッターで発信しました、前残り&内有利を体現したような走りでした。逆にいうとそれだけ追い風があっての好走なので、2連続好走で評価が上がるようであれば、次走は嫌ってみるのもありだと思います。今のこの馬には内枠がフィットしているようですね。


ワーザー
桁違いに強かったです。この馬が強いということと、今の日本のレベルの低さを感じるレースでした。体重減が気になって強く押すことができませんでした。悔しい限りです。


ノーブルマーズ
line及びツイッターで名指しで評価をあげるべきとした馬でした。予想通りの内を活かす競馬でちゃっかり粘り込ました。高倉騎手はこの馬の乗り方が分かっていますね!次走以降も内枠にこの馬がいるときは注目していきましょう。


ヴィブロス
思っていたよりも強かったです。牝馬限定レースでまた買いたいと思います。混合レースでは伏兵といったくらいの力ですね。


サトノダイヤモンド
まくりでそこそこ見せ場を作りました。ですが全盛期であればもっと惜しい競馬になっていたと思います。瞬発力も持続力も劣化しているように見えるので、次走以降も疑いの目で見ていこうと思います。

ステファノス
ダイヤモンドさえいなければこの馬が3着だったと思います。それほど力強く伸びていました。叩き2走目のG1時には必ず印を回すようにしましょう。天皇賞秋では枠と馬場次第で本命にしても良いかも知れません。

キセキ
全く見せ場なく大敗してしまいました。能力か、馬場か、体調か、なんとも買いにくい馬になってしまいました。G1では買わなくてよさそうな馬です。



今週は特殊な条件に泣かされてしまいました。
こうなってくると過去の傾向は全くあてになりません。
良馬場で開催されると信じてめげずに、いつも通り過去傾向分析から予想をしていきたいと思います。


来週のブログランキングの順位次第(私のやる気が上がる)で平場のレース配信数が増えるかも!?
今週も頑張って予想しますので、もしよろしければ応援のクリックにご協力お願いします。



6月23日平場予想の予想結果です。

【阪神10R 軸馬信頼度B 結果】

本命 インへリットデール 4着

このレースは非該当馬のアテンフェスタ、無印のサラス、×エーティーサンダーでの決着となりました。
ここまで悪化するとは思わず、完全に馬場を読み間違えてしまいました。
これがブログで予想する難しさですね。

勝負度の高いレースではないと予想で書きましたが、そもそも勝負するべきレースではありませんでした。
天気、馬場状態についてもう少し確度の高い情報を得る方法を考えたいと思います。
それが駄目なら、LINEやTwitterでの直前配信を平場でもするか、ブログの更新自体をレース開始直前にするか、何らかの対策を打ちたいと思います。

申し訳ございませんでした。


【阪神11R 軸馬信頼度B 結果】

本命 レッドアンシェル 3着


このレースは×キョウヘイ、無印のエンヴァール、本命レッドアンシェルで堅く決まりました。
馬場状態を考慮すると本来本命にするべきはキョウヘイでした。
それが分かっているのにもうすでに本命が他の馬で決まってしまっている。
今回レッドアンシェルはたまたま能力の高さで好走してくれましたが、おそらく期待値で見るとマイナスだったと思います。

悔しいですね、、、


【函館9R 軸馬信頼度C 結果】

本命 マイネルバンドーロ 7着


このレースは△ジェシー、キャリアベスト、×メガフレアと堅い決着となりました。
今回の敗因は単純に能力でしょう。ジェシーが強いのは分かっていたので。後をついていく競馬をすると思っていたのですが、なぜか競りかけて倒しにいってしまいました。
結果返り討ちに、、、
今回はマイネルバンドーロ、ジェシー、キャリアベストが△で横ばいとなったため最も配当の高いマイネルバンドーロを本命としましたが、結果は唯一の外れを引いてしまいました。

勝負は時の運こればかりはしょうがないので、気持ちを切り替えて来週も競馬を楽しみましょう♪


来週も重賞が日曜日しかありませんね!
今度こそリベンジです!
そのためにもなんとか良馬場で開催して欲しい。
それがだめならずっと雨降りでいてくれ~
降ったり止んだりは馬場の予想が難し過ぎるんだよ~

来週のブログランキングの順位次第(私のやる気が上がる)で平場のレース配信数が増えるかも!?
今週も頑張って予想しますので、もしよろしければ応援のクリックにご協力お願いします。


6月24日(日)阪神11R宝塚記念の考察と予想です。


【考察】
【ステファノス】 岩田騎手

内枠で岩田騎手が乗るのはいい点です。ただステファノス自体が恐らく、荒れた馬場は歓迎ではないタイプで、内を通ってくるであろうことを考えると厳しい1戦となりそうです。ここに合わせて調整してきていた馬なので可哀そうですね。人気していないので、馬券の端に加えるくらいはしてもいいのかも知れませんが。


【ノーブルマーズ】 高倉騎手

この馬は瞬発力に秀でたタイプではないのでこの馬場は追い風となりそうです。展開次第ではありますが、同中縦長からのロングスパートのような展開になれば、内でロスなし競馬をしたこの馬がちゃっかり粘り込むなんて光景も割と目に浮かびます。穴馬としては面白い1頭だと思います。当日の馬場状況が気になりますね。


【サトノダイヤモンド】 ルメール騎手


輝きを失ったダイヤモンドは復活するのか?私は厳しいのではないかと考えています。馬場状態がかなり悪そうなので、過去傾向もあまり信用できないような気もしますし、、、何より1番人気です。なぜ1番人気になっているのでしょうか?正直過人気している馬を買う気にはなりませんよねー。


【ミッキーロケット】 和田騎手

前走の好走が評価されてか少し人気が戻ってきていますね。内目の枠を引けたのは面白いと思いますが、前走のようなレースはできないと思います。馬場がどこまで回復するかが鍵ですね。もし内が伸びるようになっていれば抑えてもいい馬だとは思いますが。そうでなければ消していいと思います。


【ストロングタイタン】 川田騎手

前走は見事なレースでしたが、ここで通用するほどかと言われると難しい気がします。前目に付ける競馬をしてくるのであれば、注意が必要だと思います。川田騎手の乗り方次第ですね。馬場は重くなって歓迎のタイプなので穴として馬券に組み込むのは面白いと思います。


【アルバート】 藤岡康騎手

買う必要のない馬です。消しましょう。


【パフォーマプロミス】 戸崎騎手

良い枠を引いていると思います。馬場に関してはデータが少ないので判断できかねますが、そこまで苦にしているという感じはしないですね。個人的には強い馬だと思っています。抑えておいて損な馬ではないと思います。デムーロ騎手に選ばれなかったという点は気になりますが。


【ダンビュライト】 武豊騎手

正直買う気はない馬でしたが、昨日の雨で馬場が悪化して一気に条件が好転した気がします。今の阪神で好走する馬とすごくイメージが合いますね。前走の海外で馬体重を減らしており、状態がどこまで回復しているかが気になりますが、好走しても何ら驚けない馬だと思います。


【サトノクラウン】 石橋騎手

馬場が悪化しましたね。この馬の出番です。この馬の好走条件は馬場の悪化、そのただ1点です。今回は条件に合致すると思います。鞍上の弱化は気になりますが、最近石橋騎手は積極的な騎乗ができるようになっています。このまま成長すれば、藤岡佑騎手、川田騎手と成長していける見込みもあると感じています。ここも馬の能力を信じて積極的に乗って欲しいですね。そうすればこの馬の連覇まであると思います。



【ヴィブロス】 福永騎手

良馬場であれば買いたい馬でしたが、今の馬場ではどうでしょうか?おそらく瞬発力より、持続力の勝負になると思います。そうなると牝馬であるこの馬が好走するのは厳しくなるでしょう。消せるかというと消すことはできませんが、あまり期待もしていません。


【サイモンラムセス】 小牧騎手

近2走のパフォーマンスが素晴らしいですね。展開次第では大穴を開けることも可能かも知れません。直前の前残り傾向次第だと思います。楽しみですね~♪


【タツゴウゲキ】 秋山騎手

前走が酷過ぎます。消しでいいでしょう。


【ワーザー】 ボウマン騎手

基本的にに海外の馬は買わないのですが、今回は少し悩んでいます。重馬場に対する適正、この馬の能力、世界のボウマン騎手、好走してもおかしくないんですよね。今6番人気ということを考えると、馬券に入れるべき馬だと思います。あとは体重の大幅な減がないかだけが気になります。


【スマートレイア―】 松山騎手

この馬が好走するパターンは1つです。それは前がつぶれることです。今回はつぶし合いこそ望むところ、というタイプの先行馬が多いので、壊滅するということはないでしょう。つまりこの馬が好走する可能性は低いと思っています。


【ゼーヴィント】 池添騎手

能力のある馬なのですが、不運が重なって戦績がパッとしませんね。ただ何か1つ違えば好走していてもおかしくないレースばかりだけに、ここでも通用する馬だとは思っています。ただこの条件で好走する姿が思い浮かばないでんですよね。何をしたら好走するのでしょうか?悩みますが思い切って消しても良いかも知れませんね。


【キセキ】 デムーロ騎手

まず注目すべきはデムーロ騎手がこの馬を選んだということでしょう。恐らく中団やや後ろからの直線勝負でくると思っています。そうなると、はまるかはまらないかになるので取捨の判断が難しいですね。ペースを読む天才であるデムーロ騎手を買うか買わないかのレースと言えそうです。結局のところG1のデムーロは買っておけということですね。


今回は期待値2強レースで行きます。
土曜日の予想では思ったより馬場が悪化しており、不甲斐ない結果となってしまいました。
ですが、あれはあくまで様子見でここが本番です。
今回は大きく狙いますよ!

昨日の反省を活かし、今の馬場にフィットした馬を選びたいと思います。
想定は重馬場または重寄りの稍重馬場です。
時計も掛かる馬場だと見ています。


本命の馬名こちらをクリック

対抗の馬名はこちらをクリック

➡️人気ブログランキング


今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



今週は土曜日の重賞がありません。障害はありますが、専門外なのですみません。

そのため平場の予想を公開したいと思います。
有り難ことに大勢に方にランキングクリックいただき大幅に順位が上がりました。

公言通り、複数レースを公開しますので、ぜひ予想の参考にお役立ていただければなと思います。

まずは6月23日(土)阪神11Rの予想を公開させていただきます。


ですが予想に入る前に私の平場予想を見るのが初めての方もいらっしゃると思いますので、印の見方を説明しておきたいと思います。


【平場予想の印見方】

印は ◎>〇>▲>△>×>無印 の順で表します。

平場の予想では◎~×まで印をつけますが、無印の馬でも名前が挙がっている馬は指数ピックアップに引っ掛かっている馬です。また各印に個数の制限はなく◎と×しかないレースなどがあります。

ただ注意して欲しいことがあります。
そのレース内での軸を◎と表すので、この◎は評価的には△相当の信頼度ということがありえます。
この信頼度を表すためにレース毎に◎(軸馬)を3段階でA>B>Cと評価します。
A=◎~〇、B=〇~▲、C=▲~△と対応しています。


軸馬信頼度C ◎、▲、△、×、×
上のレースがあった場合、◎は▲と同等ですが僅差で▲を上回っている馬ということが分かります。



それでは予想に移ります。
まず指数ピックアップ馬ですが、

スズカルパン

エンヴァール

キョウヘイ

レオナルド

レッドアンシェル

マイネルネーベル

ブラックスピーチ

の7頭です。



次に印ですが、

◎が1頭

△がブラックスピーチ

×
キョウヘイ

他は無印になります。




このレースの軸馬期待度はです。

このレースも堅い決着になると思います。
このレースも個人的には勝負度の高いレースではありません。


1番人気になるであろう馬の推奨ばかり&勝負度の高くないレースの予想ばかりで残念に思う方も多いかも知れません。
私も毎週勝負度の高いレースの予想をしたいのですが、今日はだめでした。
申し訳ありません。


これは私の持論なのですが
競馬において重要になるのは、来る馬の予想と想定する配当です。
この2点から勝負するレースとしないレースを選ぶのですが、
買うことのできるレースが少ない=予想ができていないではなく
予想ができているからこそ、長期的に見ると負けるのが分かるので買えるレースが少ないということもあると思います。

考えてみてください。
買わないことで買うはずだったお金は100%手元に残るので一切損はしていませんよね?
このレースは難しいなと感じたり、このレース配当低そうだなと感じた場合は買わないことこそが、もっとも手元に残るお金が多いということもありえるのです。

とは言えブログで予想を公開している身です。
公開した予想については回収率100%を超えるようにします。
安心して、だけど少額で競馬を楽しんでください

大切なお金はいずれ来る、期待値の高いレースまでとっておきましょう♪



◎の馬名はこちらをクリック➡️人気ブログランキング


この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



ランキングクリックにご協力お願いします。

最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ