【期待値◎軸馬】競馬予想blog

2015年から儲ける馬券→回収率100%超えを目指し攻略を開始。2年かけて遂に黒字化に成功。当初は平場の芝レースのみを対象にしておりましたが、2017年天皇賞秋から重賞での予想を試験的に開始すると、予想と反してここでも複勝回収率113.6%と結果を残すことに成功しました。予想重賞数が2018年4月24日現在では54レースと少ないことからまだ楽観はできません。ですが皆様の予想のお手伝いが少しでもできるのであればとの思いから、予想を公開させていただいております。

いつもは平場の芝レース専門で予想をしています。ブログでも主に芝重賞の予想を上げていく予定です。予想方法ですが、複数の指数を独自のアルゴリズムで分析したものを基準に、レース毎の過去傾向と枠順などの当日情報を分析して予想をしています。分析が終わり次第順次記事を更新していきます。重賞で予想するのは基本的に◎本命と〇対抗の2頭となります。

2018年04月


天皇賞春の予想結果です。

【期待値2強レース・結果】

本命 ガンコ 14着
スタートがいい感じで決まり、位置取りも予想通りでした。これは馬券内はもらったかと思いましたが、少しこの馬には距離が長すぎたのかも知れません。脚が止まってからはまともに追われていないので、この着順で評価を必要以上に下げる必要はありません。考察でも書きましたが、これは藤岡佑騎手の勝ちに行く競馬の結果です。今回は適正と相手の強さに屈しましたが、またどこかで狙いたいと思います。


対抗 シュヴァルグラン 2着
ガンコとほぼ同位置でレースを進めてきました。ジャパンカップでも思いましたが、シュヴァルグランができるはずのないレース運びを平然とやってのけます。ボウマン騎手は紛れもなく世界のトップジョッキーであると痛感するレースでした。それだけに勝ちきれなかったのは残念ですね。年末もまたこのコンビを見たいですね。ジャパンカップが楽しみです。


【主要馬回顧】

レインボーライン
岩田騎手のイン強襲が成功し、見事シュヴァルグランを差し切りG1初制覇です。おめでとうございます!この好走は持続力勝負に付き合わず、かつ最終コーナーでロスの大きい外を通さずインを突いてきたがための好走です。実力でシュヴァルグランを超たわけではなことは覚えておいた方がいいと思います。ですが、このレース運びが可能な瞬発力と操作性また長距離適正があることは示したので今後のさらなる活躍に期待しています。
脚の具合は大丈夫なのでしょうか、心配です。また元気に走る姿を見ることができればいいのですが、、、

クリンチャー
予想通りサトノクロニクルがまくり込んで持続力勝負になりました。こうなると無尽蔵のスタミナを誇るこの馬の出番ですね。瞬発力の部分で上位2頭には屈しましたが、レース内容自体はほとんど差がない内容となっていました。現役最強の持続力&スタミナを誇る馬だと思います。持続力勝負になるレースではまた期待したいと思います。

ミッキーロケット
あわや馬券内というようなレースとなりました。これがこの馬の真の実力!!ではないと思います。これは位置取りによる好走だと思います。詳しくはレインボーラインと同じ内容です。次走この好走で再評価なんて流れになるようであれば軽視していきたい1頭ですね。

チェスナットコート・トーセンバジル・サトノクロニクル
最終コーナー前からの持続力勝負の犠牲者達です。チェスナットコートとトーセンバジルは十分その実力を見せたと思います。サトノクロニクルも最初に仕掛けた分の負けなので仕方ない敗戦だと思います。実力ある馬達なので、今後もG2戦線での活躍に期待したいと思います。G1馬シュヴァルグランとは実力差を感じるレースでした。


ずっとシュヴァルグランだと思っていたのですが、枠順をみてガンコを本命にしてしまいました。
情けない限りです。
ですが、過去傾向推奨だったレインボーラインが好走してくれたので一矢報いることができたのではないかと思っています。
青葉賞も過去傾向推奨のスーパーフェザーが3着に好走しています。
いい感じですね。

今から来週分の過去傾向分析を始めるので数時間後に、記事にまとめます。
お楽しみに!


もしよろしければ、ブログランキングクリックにご協力お願いします。


青葉賞の予想結果です。

【期待値1強レース・結果】

本命 サトノソルタス 6着

スタートで出負けして後ろからの競馬となってしまいました。差す形になるとは思っていましたが、もっと前からちょうど勝ったゴーフォザサミットの位置辺りから競馬をしてくると思って予想していたので無念です。スーパーフェザーより後ろの位置では届かない馬場&レース展開だったので、無謀とも思える外をまくる強行手段も仕方なかったのではないかと思います。出負けそして位置取りここが全てでした。


【主要馬回顧】

ゴーフォザサミット 
思っていたよりかなり前からの競馬でした。この馬にこのレースができるのかと驚きました。蛯名騎手の素晴らしい騎乗でしたね。能力はある馬なので今後もこれくらいの位置で競馬ができるなら安定感が出てくると思うので、次走の位置取りにも注目したいと思います。


エタリオウ
外枠ながら位置取りは完璧でした。枠が内であればもっと僅差の競馬になっていたと思います。考察で書いた通りの着順でしたが、レース内容は想像以上に強い内容でした。この枠からあの位置取りができてかつ能力のある馬です。次走も期待したいですね。


スーパーフェザー
素晴らしい末脚でした。後ろから差してきた馬はこの馬だけです。キレ勝負であれば今後も期待できる存在だと思います。この馬が強いことはわかったので今後に期待です。


モンテグロッソ
馬場の傾向で4着になりました。この馬の力ではないので今後は疑ってみましょう。


トラストケンシン
馬場の傾向で5着になりました。この馬の力ではないので今後は疑ってみましょう。


ダノンマジェスティ
今回はいろいろ向かなかった点はありますが、この馬はこんなもんですね。


オブセッション
まったく見せ場なく破れてしまいました。今後はちょっと買い難くなりますね。


何もかもが想定と違うレースとなりました。やはり3歳は難しいですね。
時間がないので今日はここまでで失礼致します。
また明日の更新をお楽しみに♪



もしよろしければ、ブログランキングクリックにご協力お願いします。


4月29日(日)京都11R天皇賞春の考察と予想です。


【考察】
【ミッキーロケット】 和田騎手

今の京都は前残りの傾向があります。そして天皇賞春には内有利に傾向があります。そのどちらにも該当する馬だと思います。能力には疑問が残りますが、展開が向くのは間違いないと思うので紐として馬券の端に加えるのはいいと思います。


【チェストナットコート】 蛯名騎手


前走の日経賞はキセキのまくりにより前の馬が力尽きる展開となり、その恩恵で好走する形となりました。通常の展開であればおそらく馬券にはなっていないと思います。今回は先行勢も揃いペースはある程度流れそうなので、前走のような展開にはならないと思うのでここは軽視する方向で考えています。


【シホウ】 浜中騎手

能力が足りません。消しでいいともいます。


【カレンミロティック】 池添騎手

もう10歳とさすがに高齢なので瞬発力勝負は厳しいかも知れません。スローからの持続力勝負をロスなく立ち回った場合のみ好走できそうです。うーん厳しそうですね。


【ヤマカツライデン】 松山騎手

逃げるのはこのこの馬でしょう。恐らく最終コーナーではもうガンコに捉えられていると思います。消しでいいと思います。着に入るとしたら大逃げからの謎ペース粘り込みくらいですかね。


【ガンコ】 藤岡佑騎手

勝つことを目的としたレース運びをするようになってきたので、最近の藤岡佑騎手には好感が持てますね。恐らくここでも脚を余すような軟弱な乗り方はしてこないと思います。ミッキーロケット同様に展開は向くと思うのであとはガンコが期待に応える能力を持っているかだけだと思います。個人的には前走の日経賞はかなり強い内容だったと思っています。ここでも通用するだけの力はあると期待しています。


【ピンポン】 宮崎騎手

OPで負ける馬です。消しでいいでしょう。


【クリンチャー】 三浦騎手

前日は2番人気となっています。菊花賞から3戦連続で馬券になっているので当然かも知れませんね。菊花賞は不良馬場、京都記念も重馬場、まともに評価できるのは阪神大賞典くらいだと思います。スタミナは無尽蔵になる馬なので距離は心配していませんが、今の京都のスピードについていけるかは疑問が残ります。絶望的に脚の遅い馬なので、人気馬の中では1番勝つ姿が思い描けないです。ダンビュライトがイメージに近いですね。好走はするが切れ負けて掲示板どまりと予想しています。


【ソールインパクト】 福永騎手

G1となるとさすがにこの馬では能力が足りない印象です。引き続き福永騎手が乗るということで非常に地味な競馬をしてくると思います。日経賞のように途中でレースが動いて人気馬がつぶし合う形になるとこの馬の出番もあるかも知れません。通常は消しでいいと思います。


【サトノクロニクル】 川田騎手

キレのあるタイプの馬ではないので川田騎手は合うと思います。このコンビは阪神大賞典でもさっそく結果を残していましたね。問題は能力が足りるかですが、外を回す可能性が高いことを考えるとぎりぎりだと思います。勝ちきるまでのイメージはないので賭けるのであれば2~3着狙いで賭けるのがいいと思います。


【シュヴァルグラン】 ボウマン騎手

この春はここのみに照準を合わせてきています。ボウマン騎手もこのために来日しているようなもので他の馬とは本気度が違いますね。欲を言うともっと内枠が欲しかったですが、そこはボウマン騎手を信じましょう。そもそも有馬記念でもそこそこ外を回して馬券になっています。そこから相手関係と適正が上乗せされるこの舞台であればG1馬としての格好は付けてくると思います。


【レインボーライン】 岩田騎手

前走阪神大賞典は見事な差し切り勝ちでした。距離は問題なさそうですね。能力的にも十分通用するだけのものがあります。ただ展開があまり向かないイメージがあります。先行馬達がつぶし合ってくれないと届かない可能性があります。この人気であれば相手~紐で抑えておけば十分だと思います。


【トウシンモンステラ】 国分騎手

能力が足りませんね。消しでいいと思います。


【アルバート】 ルメール騎手

この馬は国内屈指のステイヤーですが、天皇賞春との相性は最悪です。余程展開が向かないと届かないはずなので消していいと思います。


【トーセンバジル】 デムーロ騎手

能力は通用するだけのものがあると思いますが、今回は展開が向きそうにないですね。マクルにしては右コーナーが心配ですし、直線だけでは届きません。スタートを決めて好位をとってくるとも思えないのでここは厳しそうです。能力とデムーロ騎手を評価して紐で抑えるくらいで考えています。


【スマートレイアー】 四位騎手

もう歳なので混合のG1は厳しいと思います。消しでいいと思います。


【トミケンスラーヴァ】 秋山騎手

能力が足りないですね。消しでいいと思います。



正直2頭でどちらを本命にするか迷っています。
なので、期待値2強レースでいきます。



本命の馬名こちらをクリック

対抗の馬名こちらをクリック

➡️人気ブログランキング




今週も皆様の馬券が当たりますように。



人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


4月28日(土)東京11R青葉賞の考察と予想です。


【考察】
【スズカテイオー】 田辺騎手

能力的にはぎりぎりの馬ですが、今回はメンバーと馬場が向きそうな感じがします。田辺騎手が積極的に好位からの競馬をすれば好走する可能性はゼロではなさそう。


【ダブルフラット】 戸崎騎手


スズカテイオーと同様のイメージで見ています。この馬が先頭を走ることになると思うので、先週のように前残りの馬場であれば、前残りがあっても驚けません。


【ディープインラヴ】 岩田騎手

前走は逃げましたが、今回はどうでしょうか?メンバー的に前目の位置から競馬をすることになると思いますが、おそらく逃げることはないと思っています。前走の着差は相手の弱さが要因だと思われるので、展開は向くはずです。人気し過ぎるとちょっと嫌いたくなってきますね。今は6番人気ですが、これくらいであれば期待の方がでかいと思います。


【オブセッション】 ルメール騎手

現在1番人気ですが、前走の負け方はどうでしょうか?前走は最終コーナーで大きく膨らんでしまい競馬になっていなかったのでノーカウントでいいと思います。今回はコーナーでの加速が必要ない左回りの東京競馬場ということで前走のような心配は少なそうです。能力的にはここでは上位の存在であるので無事にレースを進めれば上位争いにはなると思います。ここで好走しないとダービーへの道が開けないので本気度も高そうです。ダービーを盛り上げるためにここで好走してくれるといいですね。


【ゴーフォザサミット】 蛯名騎手

共同通信杯では良い脚を使っていましたが、弥生ではそうはいかなかったですね。中山より東京の方が合っていると思うのでここでは前走よりは見せ場を作ってきそうです。脚質的に安定はしないので、穴として抑えるくらいの感じで考えています。


【スーパーフェザー】 福永騎手

人気していますね。なぜここまで人気しているのでしょうか?過人気しているようにしか見えないですね。過去の好走傾向とは一致している点も多いので、とりあえずは様子見で、馬券の紐~相手に考えています。


【ダノンマジェスティ】 内田博騎手

人気しています。スーパーフェザー以上に意味がわからないですね。兄アルアインからの期待でしょうか?血統を重要視していない私としてはこの馬も軽視したい1頭です。これだけオッズが予想とずれるレースは少ないので結果が楽しみです。


【エタリオウ】 石橋騎手

先週能力の高さを知らしめたサトノワルキューレと前走は差のない競馬をしています。相手が強くても弱くても常に僅差の競馬をする馬、あーナックビーナスがイメージに合いますね。常に強い内容の競馬はしているのでここでも2~3着なら期待できそうです。穴馬として期待したい1頭です。


【クレディブル】 大野騎手

判断に迷いますね。大野騎手が乗っている時点で正直消したいのですが、全く人気していないので馬券の端には加えてもいいかも知れません。


【サトノソルタス】 デムーロ騎手

共同通信杯から青葉賞でダービーというルートです。東京、東京&東京と最初からダービーしか狙っていない感じがいいですね。不良馬場でも高速馬場でも対応する対応力の高さが売りの馬だと思います。こういうタイプの馬に上手い騎手が乗るとなんでもできるので、いい意味でかなり怖い存在だなと感じます。実績は最上位なので、この枠をどう攻略するかデムーロ騎手のレース運びに注目です。



このレースのポイントはスローペース能力差が割とはっきり出ているとことだと思います。

レースは期待値1強レースでいきます。
どの枠でもこの馬を軸にしようと思っていたのでぶれずにいきます。
相手選びで期待値が大きく上昇しそうなレースなので、結果が楽しみですね。


本命の馬名こちらをクリック

軽視したい人気馬の馬名こちらをクリック

➡️人気ブログランキング




今週も皆様の馬券が当たりますように。



人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


4月28日(土)東京競馬場開催、青葉賞の指数ピックアップです。

【指数ピックアップ該当馬】

エタリオウ

オブセッション

クレディブル

ゴーフォーザサミット

サトノソルタス

スズカテイオー

ダブルフラット

ディープインラブ


以上の8頭を指数ピックアップ馬とします。


大体は人気馬が該当していますが
一部人気するであろう馬が抜けていますね。
久しぶりに絞って賭けても期待値が出そうなレースなのでしっかり絞って賭けたいと思います。


以上指数ピックアップの結果でした。

青葉賞で気になっている穴馬こちらをクリック➡️最強競馬ブログランキング

青葉賞で危ない人気馬こちらをクリック➡️人気ブログランキング



ランキングクリックのご協力をお願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


4月29日(日)京都競馬場開催、天皇賞春の指数ピックアップです。

【指数ピックアップ該当馬】

アルバート

カレンミロティック

ガンコ

クリンチャー

サトノクロニクル

シュヴァルグラン

チェストナットコート

ミッキーロケット

レインボーライン

以上の9頭を指数ピックアップ馬とします。


人気馬はほとんど該当してきた感じですね。
ですが見た目ほどの能力差はないようなので
中荒れくらいはあってもよさそう
案外いいオッズが付きそうなので楽しみにしています。


以上指数ピックアップの結果でした。


天春で気になっている穴馬こちらをクリック➡️最強競馬ブログランキング

天春で危ない人気馬こちらをクリック➡️人気ブログランキング



ランキングクリックのご協力をお願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


4月28日(土)東京開催のG2青葉賞の過去レース好走傾向を分析しまとめました。


【過去傾向分析結果】

このレースはかなり強い傾向があります。
それは当日に速い上がりを使った馬が好走するレース
であるということです。


過去馬券になった30頭のうち70%にあたる21頭当日上がり3位以内
ということから



好走条件は
当日上がり3位以内の馬
でいいと思います。


次に上記の条件に該当しながら好走した馬の共通点を探してみましょう。


以下は過去10年の間に当日上がり3位以内で好走した馬です。

アドミラブル

ベストアプローチ

アドマイヤウイナー

ヴァンキッシュラン

レッドエルディスト

レーヴァテイン

レーヴミストラル

ショウナンラグーン

ヤマノウィザード

フェノーメノ

ステラウインド

ウインバリアシオン

トーセンレーヴ

ペルーサ

トゥザグローリー

ハートビートソング

アプレザンレーヴ

トップカミング

アドマイヤコマンド

クリスタルウイング


お気づきでしょうか?レーヴと名の付く馬が4頭もいます。


そうです
これは好走傾向とは何も関係ありません。

申し訳ありません。



気を取り直して
共通点ですが、以下の2つです


①前走上がり2位以内


前走上がり34.8秒以内



共通点①の該当馬は21頭中16頭
5頭を除くともれなく前走は上がり2位以内を記録しています。

共通点②の該当馬は21頭中18頭
こちらはなんと3頭を除くと全ての馬が好走しています。



そして共通点①と②の重複該当馬は全部で15頭です。
馬券になった30頭のうち半数はこの厳しい条件を達成していたことになります。



【好走条件該当馬】


共通点①、②に該当する馬ですが、今年は

共通点①
カフジバンガード、クレディブル、ゴーフォーザサミット、サトノソルタス、シルヴァンシャー、スーパーフェザー、スズカテイオー、ダノンマジェスティ、ダブルフラット、ディープインラヴ、トラストケンシン、ミッキーポジション、モンテグロッソ、コウセイフラッシュ


共通点②
エタリオウ、カフジバンガード、ゴーフォーザサミット、サトノソルタス、スーパーフェザー、トラストケンシン、ノストラダムス


以上の馬が該当しています。



共通点①、②共に該当している馬は

カフジバンガード、ゴーフォーザサミット、サトノソルタス、スーパーフェザー、トラストケンシン、ノストラダムス

の6頭です。
この中から好走馬が出る確率が高いです!


ここに条件を1つ足して2頭まで絞って2頭を過去傾向推奨馬とします。


1頭目はこちらをクリック➡️最強競馬ブログランキング

2頭目はこちらをクリック➡️人気ブログランキング


追加条件は両方に記載しています。
ランキングクリックにご協力お願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



4月29日(日)京都開催のG1天皇賞春の過去レース好走傾向を分析しまとめました。


【過去傾向分析結果】

コーナーが6回もあるため内枠が有利圧倒的に有利
①特に2枠以内3番以内の馬の好走率が高い

当日速い上がりを使うことのできた馬が有利
②特に当日上がり2位以内の馬の好走率が高い

比較的前目から競馬をする馬に有利
③特に最終コーナーを先頭で回ってきた馬の好走率が高い


次に上記の条件に該当しながら好走した馬の共通点を探してみましょう。

過去10年の間に当日上がり2位以内で好走した馬は以下の13頭です。

シュヴァルグラン

サトノダイヤモンド

フェイムゲーム

ウインバリアシオン

ホッコーブレーヴ

フェノーメノ

トーセンラー

ウインバリアシオン

エイシンフラッシュ

ジャガーメイル

マイネルキッツ

アドマイヤジュピタ

メイショウサムソン


続いて共通点ですが、2つありました。

1つ目は
前走上がり最速というもの

2つ目は
3000m以上のレースで上がり最速を記録したことがある。または3000m以上のレース初出走というものです。


共通点①該当馬は以下の9頭です。

サトノダイヤモンド

フェイムゲーム

ウインバリアシオン

フェノーメノ

トーセンラー

ウインバリアシオン

ジャガーメイル

マイネルキッツ

アドマイヤジュピタ

前走上がり最速はかなり厳しい条件を設定させていただきましたが、それでも非該当馬は4頭だけとなりました。
前走上がり3位以内に条件を緩和すると、メイショウサムソン以外は該当する激熱データになります。
前走の上がりにはぜひ注目して欲しいと思います。


続いて共通点②の該当馬は以下の10頭です。


シュヴァルグラン

サトノダイヤモンド

フェイムゲーム

ウインバリアシオン

ホッコーブレーヴ

フェノーメノ

ウインバリアシオン

エイシンフラッシュ

ジャガーメイル

アドマイヤジュピタ


共通点①と②の重複該当馬は全部で7頭です。
13頭中過半数を超える馬がこの厳しい条件を共にクリアしています。


【好走条件該当馬】

以上の共通点①、②に該当する馬ですが、今年は

共通点①

レインボーライン

共通点②

アルバート、ガンコ、シュヴァルグラン、スマートレイアー、チェスナットコート、ピンポン、レインボーライン

以上の馬が該当しています。


共通点①、②共に該当している馬はレインボーラインただ1頭です。
そのためレインボーレインが過去傾向推奨馬になります。

人気馬の中で怪しいと思っている馬が1頭います。
その馬名を上のブログランキングに記載しています。
ランキングクリックにご協力お願いします。


最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング


次も過去傾向分析記事を更新する予定です。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。


お待たせ致しました。


4月21日・4月22日の予想結果です。

まず、21日の福島牝馬Sです。


【期待値1強レース・結果】

本命 カワキタエンカ 2着
前走大外からハナを奪ったときに思いましたが、この馬は抜群にスタートセンスが良い馬ですね。かつスピードの持続力も素晴らしいです。前に出れて沈まないことから先行勢に負けることが殆どありません。この馬が負けるとしたら後方から差してきた馬にキレ負けするか、能力の違いでかわされるかですが、今回は格上の馬がいないということでキレ負けしか負け方がありませんでした。3頭以上この馬をキレで負かせる馬が出るようなレースではなかったのでここは必然の好走であったと言えるかも知れません。今後もお世話になる事が多い馬だと思います。この馬の負ける条件をしっかり抑えておきましょう。当てはまらない時は全力買いですね。


【主要馬回顧】

キンショウユキヒメ 
大外を通して差し切る素晴らしい差し脚でした。この馬はツイッター・ラインで評価を上げても良いと発信した馬の1頭で、理由は内から4頭分ほどが荒れており外が若干伸びが良いのでそこを通ってくる可能性が高いと思ったからです。案の定その芝の荒れていない境目をドンピシャで走って来て最速の上りを発揮しての好走でした。つまりこれはこの馬の実力ではなく、差しの届くミドルペースでレースが進んだことと最高のコースを走ったことが重なったことによる好走なのであまり高い評価をし過ぎない方がいいと思います。とはいえ弱い馬にできる勝ち方でもないので次走の結果に注目です。次走も好走できるようであれば本物かも??

デンコウアンジュ
キンショウユキヒメとほとんど同じことです。ただキンショウユキヒメより1列内を走ることによる馬場の違いでキレ負けしたのだと思います。早めに仕掛ける競馬ができたのはよかったですね。考察で書いた通り能力上位ではあったので位置さえ取れるなら好走するのも頷けます。

トーセンビクトリー
考察に書いた通りのキレ負けをしてしまいました。この馬は立ち回りの上手さと、瞬発力で好走してき馬です。それがキレ負けするようではもう衰えとしか言いようがありません。内有利馬場の内枠かつ急坂がありスピードが出にくい環境くらいの条件が揃ってやっと馬券になるかくらいだと思います。長い間重賞を盛り上げてくれた名牝です。後は無事に現役を終えることができるように祈っています。

レイホーロマンス
通った馬場がよくなかったですね。ただ外を回すとロスが大きく届かなかった可能性もあります。この枠この馬場になってしまった時点で詰んでいたということだと思います。またどこかで穴をあける馬だと思うので、しっかり好走のタイミングを見逃さないようにしましょう。

ワンブレスアウェイ
また出遅れました。この馬は1度好走するまで消しでいいと思います。もう馬に走る気持ちがないのかも知れません。


続いてフローラSです。


【おまけレース・結果】


本命 サラキア 4着
素晴らしい騎乗でした。池添騎手とは思えない神騎乗が炸裂しただけに馬券にしてあげたかったですね。それよりも前残りの傾向が強烈だったということすが、残念です。

対抗 レッドベルローズ 7着
全くいいところがありませんでした。これがこの馬の今の実力なのでしょう。


【主要馬回顧】

サトノワルキューレ
スローペースを直線一気で差し切りました。それも強烈な前残りの傾向があってです。相手が弱かったとはいえ十分能力を感じる内容でした。面白い馬がでてきましたね。これでオークスがさらに面白くなってきました。

パイオニアバイオ
前残りの傾向を上手く活かした好走でした。今回のレースレベルだからの好走だと思います。次走以降はあまり期待していません。

ノームコア
パイオ二アバイオと同文です。ちなみにこの馬はツイッター・ラインでかなり展開が向きそうと発信した馬でした。



続いてマイラーズCです。


【期待値1強レース・結果】


本命 サングレーザー 1着
ただ1頭33秒前半の上りを繰り出しました。瞬発力勝負になると格が違うというような走りでしたね。もともと瞬発力に秀でている馬だとは思っていましたが、想像以上に成長しているようです。今のマイルでは間違いなく主役の1頭ですね。福永騎手の進路の作り方も痺れました。次走も楽しみな1頭です。


【主要馬回顧】

モズアスコット
ルメール騎手であればもしかしてとは思っていましたが、前目からの競馬をしてきました。そして結果を残しました。素晴らしい挑戦だったと思います。これで競馬の幅が広がったので次走以降も更なる成長に期待したいと思います。前走でレッドファルクスに近い能力と書きましたが、やはり強い馬ですね。

エアスピネル
予想通り確信犯的な勝ちにいかない乗り方をしてきましたね。今回の3着は力負けではありません。恐らく武豊騎手は今のこの馬の出せる最速の脚、キレを試したのだと思います。サングレーザーという超えれない壁がいることはわかったと思うので本番は今回より前目から競馬をしてくると思います。今からわくわくしてきますね~♪

ちょっと他の馬はこの3頭と比べると格が違いましたね。


今週は予想した2頭が2頭とも馬券なってくれたので良かったです。
予想の外れているローズSをおまけレースにできたのもよかった点だと思います。
競馬で収支を出すためには自分の予想の精度を把握し当てることのできるレース、または期待値のあるレースを選んぶことが大切だと思っています。
その点で今週は満足のいく結果でした。
ですが現状に満足することなく、ローズSも、予想が発信できるように、また予想が当たるように精進致します。


明日は過去傾向分析を行う予定です。
今週は待ちに待った天皇賞春ですね!
現時点での本命はもちろんあの馬です。馬名は上のブログランキングに!
ブログランキングクリックにご協力お願いします。


お待たせ致しました。
4月22日(日)京都11RマイラーズCの予想です。


【考察】
【ヤングマンパワー】 岩田騎手

ここでも通ようするだけの能力は持っていますが、枠がよくないですね。この馬は加速力に乏しい馬なので進路が塞がると置き去りにされるリスクがりあます。今回は前から競馬をする馬が少ないのでスムーズに位置取りを取れたらこの枠でも力を発揮できる気はするのですが、そうなると今度はペースが遅くなってしまい不得意な瞬発力勝負となり敗れる気がします。うーん、怖いですが今回は紐くらいの評価がやっとですね。



【エアスピネル】 武豊騎手

枠、能力ともに申し分ないですね。京都の1600mは2着以下なしのパーフェクトな戦績を残している文句なしの高適正舞台です。よほどのことがない限り不甲斐ない結果にはならないでしょう。ただその能力ゆえにここで本腰を入れてくるとは思えません。武豊騎手も前哨戦ではそれなりの乗り方をしてくると思われるので、ここは取りこぼしがあってもおかしくないタイミングではあります。


【サングレーザー】 福永騎手


昨年末からマイル路線で覚醒しています。瞬発力が武器の馬で差し馬としては異例の安定感を持っています。イスラボニータやペルシアンナイトと差のない競馬ができており、ここでも能力は上位だと思います。内枠ですが、瞬発力のある馬なので内側からでも競馬ができるため、大きなマイナスにはならないと思います。前日は4番人気ですが、この人気なら買うべき馬だと思います。


【ダッシングブレイズ】 浜中騎手

枠は可もなく不可もなくですが、能力は少しもの足りなく感じてしまいます。推す材料があまりないので、ここでは紐のとして馬券に組み込むかどうかですね。


【ロジクライ】 川田騎手

復帰初戦を除くと3戦連続で好走してここまで駒を進めてきました。すべてのレースでこの馬を本命にして儲けさせていただきましたが今回はどうでしょうか、少し悩んでいます。気になる点は2つで、1つ目は枠が外目になっていること、2つ目はG2で通用するのかという点です。展開自体は向くと思うので印は必ずつけるべきだと思いますが、本命までとなると少し不安な面がありますね。


【モズアスコット】 ルメール騎手

前走の阪急杯ではレッドフェルクスに近いレースをしています。正直驚きました。この馬強いですね。枠も能力も不安はないのでここでも期待しています。外を回し過ぎると届かなくなってしまうと思いますが、そこはルメール騎手に任せましょう。


【ブラックムーン】 秋山騎手

枠は良い感じですね。休み明けも苦にする馬ではないので不安はありません。能力的には今回の人気馬と比べると1枚格下な面は否めないのです。そんな馬が外を回すようだと馬券になるのは難しいと思います。あとはオッズ次第ですね。人気薄であれば抑えておいても損はないと思います。


【グアンチャーレ】 古川騎手

近走はオープン戦で惜しい競馬が続いています。負けた相手を考えると重賞で通用してもおかしくはない馬だと思います。ただ枠が外過ぎるのは気になります。内有利の傾向が出ているようであれば、厳しい戦いとなりそうです。



今回はいいメンバーが揃いましたね。
まさにG1前哨戦という感じがします。
このレースも期待値1強レースでいきたいと思います。

前哨戦ということを利用して、本命から有力馬を相手にエアスピネルの取りこぼしを狙って賭けようかと思っています。
普通にエアスピネルが勝ってしまう可能性も十分あるので外れてもダメージがない程度に抑えますが(笑)


本命の馬名は上のランキングに記載しています。
怪しいと思う人気馬も下ランキングに記載しています。
ランキングクリックにご協力お願いします。



最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング



今週も皆様の馬券が当たりますように。

↑このページのトップヘ