【期待値◎軸馬】競馬予想blog

2015年から儲ける馬券→回収率100%超えを目指し攻略を開始。2年かけて遂に黒字化に成功。当初は平場の芝レースのみを対象にしておりましたが、2017年天皇賞秋から重賞での予想を試験的に開始すると、予想と反してここでも複勝回収率113.6%と結果を残すことに成功しました。予想重賞数が2018年4月24日現在では54レースと少ないことからまだ楽観はできません。ですが皆様の予想のお手伝いが少しでもできるのであればとの思いから、予想を公開させていただいております。

いつもは平場の芝レース専門で予想をしています。ブログでも主に芝重賞の予想を上げていく予定です。予想方法ですが、複数の指数を独自のアルゴリズムで分析したものを基準に、レース毎の過去傾向と枠順などの当日情報を分析して予想をしています。分析が終わり次第順次記事を更新していきます。重賞で予想するのは基本的に◎本命と〇対抗の2頭となります。

2018年02月

多忙のため、更新が遅くなりました。
申し訳ありません。


2月10日平場予想です。

予想は京都10Rです。


【本命◎】
〇〇〇〇〇
1000万以下のレースとしてはレベルの高いレースで、オープンとあまり変わらない数値となっています。非常に接戦なのですが、騎手の差で僅かにこの馬が軸となりました。スタートをシビアに決めなくてもいいのでここは安定感につながると思います。ただ直線に入るときの位置取り次第では伸びきれない可能性をあるのでそこは騎手の腕に期待したいと思います。


【相手推奨馬】

ファストハナト ▲
前につけることができれば能力を発揮できるタイプの馬です。今回の面子と枠であれば理想的な競馬ができるのではないでしょうか?バルジュ―騎手が枠を活かす競馬を選択すればおのずと馬券内も見えてくるのではないかと思います。

サイモンラムセス 
小牧騎手では展開が向くこと待ちになると思います。馬の能力的にもぎりぎりなのでここでは期待度が薄いと思います。ピックアップ馬の中では1番の消し候補です。かなり馬券に余裕があるときのみ買う感じでいいと思います。

ムーヴザワールド
現在2番人気になっていますね。正直この人気で買う馬ではないと思っています。十分好走するだけの力はありますが、よくて2~3着ではないかと思っています。

サトノリュウガ ×
能力上位×ムーア騎手ということで馬券になる確率の高い1頭です。他には特に説明は不要ですね。

ヒシマサル ×
5か月の休養明けからの出走取り消しからの今回です。前回のレースでも上位評価をしていましたが、能力上位は間違いないと思います。調整が上手くいっているのかが不安なのと四位騎手がこの枠だと大外を回してしまいそうで、その際にはロスが心配です。

スティルウォーター ▲
現在5番人気ですか、過小評価されていますね。この馬はムーヴザワールドも破っているのですけどね。地方出身馬ということと印象が薄い感じが原因でしょうか?横山騎手のポツンは怖いですが、しっかり乗ってくれば馬券内に来る力はある馬だと思います。


この人気であれば、複勝系を絞って賭けるのがいいのではないかと思います。
人気がこのままであればの話なので、頭の隅に置いておく程度でお願いします。

本命の信頼度は下記リンクの上、本命の馬名は下記リンクの下です。
これだけ書けば分かってしまう方もいるかも知れませんが、応援のクリックをお願いします。




最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング


明日は重賞の予想記事を書きます。
今週もしっかり当てて競馬を楽しみましょう!

共同通信杯の指数分析に修正があります。
想定より出走頭数が減ったため、カフジバンガードとゴーフォーザサミットを指数ピックアップから除外させていただこうと思います
承知お願い致します。



指数分析をするつもりでしたが、レース数が少なく正確な分析ができないとの結論に達し、急きょ過去分析②をすることにしました。
指数分析を楽しみにして下さっていた方、申し訳ございません。


2月12日(月)開催のG3レースデイリー杯クイーンCの過去レース好走傾向を馬以外の面から分析しました。


【騎手からみた過去傾向分析結果】
今回登録されている騎手の同コースでの3年以内の複勝率を分析しました。


1位 ルメール 57%
2位 川田 42.9%
3位 Mデムーロ 41.3%

4位 戸崎 39.6%
5位 福永 32.7%


ワースト
1位 柴田大 12.2%
2位 菱田 14.3%
3位 吉田 15.8%



改めて見るとルメール騎手の上手さ光りますね。57%ということは2回に1回は馬券になっています(笑)。トップ4もさすがの数字ですね。単独開催の重賞だけあり、ワーストも最低が柴田大騎手の12.2%ということで割と騎手のレベルは高い感じですね。


ここから重賞レースに絞って分析すると


1位 ルメール 64.7% 17回騎乗
2位 柴田善 37.5% 8回騎乗
3位 Mデムーロ 33.3% 15回騎乗



ワースト

1位 北村 0% 14回騎乗
2位 柴田 5.9% 17回騎乗
3位 内田 9.5% 21回騎乗


ルメール騎手の数字がさらにおかしいことになっています(爆笑)。2位は意外にも柴田善騎手でした。ついでMデムーロ騎手です。柴田善騎手は勝ちきれないイメージ、デムーロ騎手は重賞では好走のイメージですが、東京1600mにおいてはMデムーロの影響力は少ないのかも知れません。これは立ち回りではなく、馬の力がそのまま問われるレース質を表しているように思えます。ルメール騎手は平均人気3.1と非常に能力のある馬に乗る機会が多いため好走率が高くなっているのだと考えられます。ワースト3の騎手は2桁人気に騎乗することが多いです。それではこの複勝率も納得というものです。ですがここで重要なので複勝率ではなく2桁人気の騎乗率です。これが高いということは敗戦処理要員として使用されている可能性が非常に高いと思います。陣営の本気度がここから感じられますね。ワースト3位までの騎手には注意が必要だと思います。逆にルメール騎手は本気の陣営の本気度の表れかも??


【脚質からみた過去傾向分析結果】


こちらにはそれほどの偏りは見つけることができませんでした。ただ気になる点としては前走で最終コーナーの位置取りが2番手に近ければ近いほど好走率が上がるということです。こちちらは少しそう見えるだけかも知れないので、迷った時は前走最終コーナーの意図取りが2番手に近い方にするくらいのおまじない的な使い方くらいでいいと思います。


前回の過去傾向と今回の過去傾向②で同じ馬の名前があがりますね。
違う方を推奨していましたが、どうにも気になってきてしまいました。
気になる馬の名前はブログランキングで公開中です。
記事を読んでいる方には丸わかりだと思いますが、クリックの応援をお願い致します。





最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング


明日は土曜日の平場予想記事を書く予定です。
この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。

共同通信杯の指数分析に修正があります。
想定より出走頭数が減ったため、カフジバンガードとゴーフォーザサミットを指数ピックアップから除外させていただこうと思います
承知お願い致します。


2月11日(日)開催の共同通信杯の指数ピックアップです。

【指数ピックアップ該当馬】
指数分析をした結果、以下の6頭が該当しました。


カフジバンガード

グレイル

コスモイグナーツ

ゴーフォーザサミット

サトノソルタス

ステイフーリッシュ


人気馬が順当に該当している感じでしょうか?
そこそこ堅い感じで馬券は狙う感じがよさそうですね。


以上が共同通信杯の指数ピックアップの結果です。


本日夜にクイーンCの指数分析記事を公開予定です。



最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング

2月11日(日)開催の京都記念の指数ピックアップです。

【指数ピックアップ該当馬】

指数分析をした結果、以下の2頭が該当しました。


ケントオー

レイデオロ

以上です。


、、、そんなバカなーーー
この記事を見た全ての人が思っていると思いますが、なぜ2頭のうちの1頭がケントオーなのでしょうか、、、

分析をした私自身が一番驚いている自信があります(笑)。


ケントオーはよくわかりませんが、指数的に見ると結構力差があるレースのようです。
悔しいですが、レイデオロは堅そうですね、、、


以上が指数ピックアップの結果です。


これだけでは相手選びに迷ってしまうと思うので、あと少しというところで惜しくも選考漏れした馬を書いておきます。


アルアイン

クロコスミア

モズカッチャン


明日は共同通信杯とクイーンCの指数ピックアップ記事を書く予定です。


今回はクリック誘導はありません。
この記事が皆様の予想のお力になれたら幸いです。




最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング

2月11日(日)開催のG3レース共同通信杯の過去レース好走傾向を分析し該当馬をまとめました。


【過去傾向分析結果】
大穴は来ないが単勝二桁の馬の好走も多い、つかみどころのないレースです。唯一傾向として見て取れるのは当日上がり3F4位以内の馬の好走が多いことです。先週のきさらぎ賞ほどではないですが、単純に上り3Fの早い馬が好走しそうです。


【好走条件該当馬】

続いて詳しい好走条件と該当馬です。


条件① 前走3着以内かつ0.3秒差以内

アメリカンワールド、オウケンムーン、グレイル、ゴーフォザサミット、サトノソルタス、ジャックローズ、ステイフーリッシュ、フィニフティ、ブレステイキング


条件② 複勝率100% 

グレイル、サトノソルタス、ジャックローズ、ステイフーリッシュ、フィニフティ 


条件③  前走上がり3F34.1秒以内

グレイル、ゴーフォザサミット


今回の分析ではこの3つを条件に指定させていただきます。

現在登録馬内に全ての条件に該当する馬がいます。
過去傾向推奨馬は〇〇〇〇〇とさせていただきます。
過去傾向からみた予想着順も公開します。

馬名は上リンクに、現時点の予想着順は下リンクに記入します。
ぜひチェックしてみてください。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


明日は指数ピックアップをあげます。
この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。


2月12日(月)開催のG2レースデイリー杯クイーンCの過去レース好走傾向を分析し該当馬をまとめました。


【過去傾向分析結果】

1番人気の好走が多く、人気通りの結果になる傾向にある重賞です。共同通信杯と同様に上がり3F4位以内の馬の好走が目立ちますが、特に3位以内の馬は連対率が高いです


【好走条件該当馬】

続いて詳しい好走条件と現在登録中の該当馬です。


条件① 前走1600m

モデレイト、ミュージアムヒル、ファストライフ、セイウンリリシイ、カレンエリージョ、アトムアストレア
※該当馬が多いため非該当馬を書いています。


条件② 乗り替わりなし

現在はまだ確定しておりません。


条件③ 前走0.1秒差以内

アトムアストレア、アルーシャ、オハナ、シャドウアイランド、セイウンリリシイ、テンワールドレイナ、ナラトゥリス ハーレムライン、フィニフティ、マルターズルーメン、ミュージアムヒル、ロフティフレーズ


条件④ 東京競馬場3F33.9秒以内の上りを出したことがあり、かつ連対率100%

アルーシャ オハナ ミュージアムヒル レッドベルローズ※3着と0.0秒差のため例外扱い


今回の分析ではこの4つを条件に指定させていただきます。

現在登録馬内に全ての条件該当馬が2頭います。
その中でも過去傾向推奨馬は〇〇〇〇〇とさせていただきます。

馬名は上リンクに、理由は下リンクに記入します。
ぜひチェックしてみてください。




最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング



明日は指数ピックアップ記事をあげます。
この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。


2月11日(日)開催のG2レース京都記念の過去レース好走傾向を分析し該当馬をまとめました。


【過去傾向分析結果】

毎年出走馬のレベルが高く、今年も良い面子が揃いましたね。順当に実績馬が好走していますが、年を開けての始動戦になる事も多く、そのためにデキの差で本命から少しずれるような結果となる傾向が見られます。好走馬の共通点は、内をロスなく、できるだけ前の位置でレースを進め最後に上がり3F4位以内の脚を出すことです。実績馬で先行する力もある馬が内枠に入った時は評価を上げる必要がありそうです。


【好走条件該当馬】
続いて詳しい好走条件と該当馬です。


条件① 当日馬番6番以内

※まだ枠が発表されていないため、わかりません。重要な要素だと思うので枠発表が楽しみです。


条件② 今年初出走

アクションスター ケントオー ミッキーロケット以外の馬


条件③ 近3走以内に重賞複勝歴あり

アクションスター ケントオー プリメラアスール 以外の馬


条件④ 前走から乗り替わりあり

アルアイン クロコスミア ディアドラ ミッキーロケット レイデオロ※ルメール騎乗停止による影響あり



今回の分析ではこの4つを条件に指定させていただきました。

②と③は馬を絞るための条件で①と④は好走の条件といったイメージで設定しました。

条件④について補足です。

乗り替わりがない方が本命ではないのかと思われる方が多いと思います。
条件を指定するならば乗り替わりなしの方だろうと思うかも知れません。
事実その通りで実力を評価され期待されている馬は乗り替わりをほとんどしません。
ですが、その期待されている馬たちにとってここは目標とするレースでないことが多いということもまた事実です。
当然実力馬の方が人気は高くなるのに、本仕上げでないとすると期待値は必然的に下がってしまう思います。
そのためこのようなレースで狙うべき馬は、実力もありかつある程度仕上げてくる馬という判断のもと乗り替わりありの馬を条件にさせていただきました。


当日内枠に入った時に、できるだけ前の位置でレースを進め最後に上がり3F4位以内の脚を出すことのできる可能性のある馬として、2頭指名します。
どちらか1頭でも6番以内になった場合は注目が必要だと思います。


馬名は上リンクと下リンクに各1頭ずつ記入します。
ぜひチェックしてください。





最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング


明日も引き続き過去傾向分析記事をあげる予定です。
皆様の予想の参考になれば幸いです。

先週のレース回顧をしていきます。


まず、東京新聞杯です。


【結果】

本命 グレーターロンドン 9着

スタートが決まりそのまま先行策にでました。コーナーではすでに先頭に並びかけるような積極的な競馬でしたが、そこから延びることができず結果はご覧のとおりでした。先行策でくるとは全くの予想外でしたが、今回の敗因は先行策の部分ではなく大外を回してしまったことだと思います。外を回してかつ消耗の激しい先行策という1番厳しい競馬をしてしまったからこその負けであり、今回の敗走でそこまで評価を下げる必要はないと思います。

対抗 クルーガー 8着

道中の位置取りはよかったと思います。直線では前が塞がっているのでこの時点で終了です。今回の馬場で1番してはいけないことは大外を回すことでした。それを避けた結果の詰まりであれば仕方ないと思います。今回は運がなかったと割り切りましょう。

【レース回顧】

まずスタートですが、ダノンプラチナが悪癖の出遅れを出してしまいました。外を回すと厳しい馬場と馬群を割るタイプではないことを考えるとここでこの馬のレースは終わっていたのだと思います。トウショウピストが先頭を取きりレースは淀みなく流れます。予想外だったのがグレーターロンドンが先行策で競馬を進めたことです。外を回すと届かない馬場なので後方待機大外回しでは馬券になれなかったと思います。だからと言って前にいっても結局外を回しているのでは意味がありません。直線まで我慢し最後に馬群を割るか、インを突くしかなかったと思います。1番人気でその競馬をする度胸は川田騎手にはなかったのかも知れません。好きな騎手だけに残念です。直線でインを突く競馬をするのはアドマイヤリードだと思っていましたが、今回そのルートを通ってきたのは2着のサトノアレスでした。また1着のリスグラシューは馬群を割るレースをしてきた馬でした。狙っていた動きはこの2つなのですが、馬が違いました。私の予想力のなさですね。完敗です。3着のダイワキャグニーですが、この馬だけがコーナーで大外を通ってなお伸びて着に入っております。今回のメンバーで最も強い競馬をしています。この馬は条件さえ改善されれば安田記念で本命になってもいいのではないかとすら思いました。それほど強い競馬でした。


続いて、2月3日東京11レースの回顧です。


【結果】

本命 ロジクライ 1着

予想通り全く危なげのない勝利でした。鞍上だけが心配でしたが、直線入り口で馬場の良いところまで持ってくる動きと言い文句のない騎乗でした。内田騎手は500㎏を超える大型馬をガシガシ追って動かす腕力を持っているのでそこもロジクライには適していたのだと思います。


【レース回顧】

スタートは問題なく切られています。そのままゆったりと各馬ポジションを定め、ペースは速くなることなくそのままコーナーへ。特に動きはなくそのままロジクライが押切勝ち。2着には大外からヒーズインラブが能力を見せつける追込みを決め、3着には馬場の良いところをロスなく通ってきたチャンピョンルパンが入りました。チャンピョンルパンを除く掲示版内が全て推奨馬で埋まる結果となり基本的には力通りの結果になったのではないかと思います。12番人気のチャンピョンルパンが着に入ったことにより、ロジクライの複勝は2倍ついており、非常に美味しいレースとなりました。

◎複勝200円
◎-△の馬連は1850円
◎-△のワイドは730円でした。
相手推奨馬は4頭でしたのでどのように買ってもプラス収支となる予想を配信できたと思います。
初の信頼度Aということでどうなる事かとは思いましたが、体裁を保つことはできたのではないかと思います。

次はいつAのレースがくるか分かりませんが、次の機会のA評価の軸馬にもご期待ください。


最後におまけです。

きさらぎ賞で週中一貫して推していた、グローリーヴェイズが2着になりました。
東京新聞杯が難しすぎたので、個人的にはこちらの方が自信がありました。
的中し、回収率100%を目指しているので、次回から的中率向上のために、重賞にも信頼度評価を採用しようかと考えています。
まだ詳しい内容は決まっていないので今週末までに、データを分析して概要をまとめておきます。


来週は京都記念と共同通信杯、クイーンCもあります。
週末に向けて順次過去傾向分析をしていきます。
第1弾は本日の夜にあげる予定です。

それでは今週も競馬を楽しみましょう!



[最強]ランキング読者会員



最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング

【2月3日平場 簡易結果報告】

1月からブログを書き始め、初めて信頼度Aの配信をしました。

結果は東京11R 2番人気のロジクライが見事1着となり、予想成功となりました。
このレースは3着に12番人気チャンピョンルパンが入ったこともあり、複勝で2.0倍もつきました。
2着、4着、5着と相手推奨した馬が入着しているのでほぼ予想通りの結果と言えると思います。

この勢いで明日のメインレースもしっかり予想したいと思います。


2月4日(日)東京11R東京新聞杯の予想です。


【指数ピックアップ馬の考察】


【アドマイヤリード】 牝馬5歳 54キロ 藤岡康騎手

今の馬場はこの馬にとって理想的な馬場だと思います。枠もいい枠を引きました。直線まで後方で待機してガッツリとインを強襲する乗り方をして欲しいと思います。外を回すとどうでしょうか、、、悩みます。


【サトノアレス】 牡馬4歳 57キロ 柴山騎手

枠に恵まれませんでした。リスクが高く人気の1角と考えるとあまり買いたい馬ではありません。ちなみにこの馬は外人騎手が乗った時の好走率が非常に高いです。今回は日本人の柴山騎手です。ここも買えないポイントだと思います。


【ディバインコード】 牡馬4歳 56キロ 北村騎手

能力的には少し劣ると思います。ですがこの枠、このメンバーならば自分の理想とする競馬ができるはずです。能力の不足をどこまで立ち回りでカバーできるかといったところだと思います。明日直線で内を少しでも開けるような走りをする馬場になっていれば粘り込も期待できるかも知れません。


【トウショウピスト】 牡馬6歳 56キロ 田中勝騎手

能力が足りません。消しでいいと思います。


【ガリバルディ】 牡馬7歳 57キロ 三浦騎手

もうこの馬も7歳ですか、そろそろ衰えがあってもおかしくないと思います。同型馬が多く出走しているので、展開が向いたとしても他の馬を買いたいと私は思っています。


【クルーガー】 牡馬6歳 56キロ 浜中騎手

近3走は惜しい競馬が続いています。とにかく末脚は確実な馬で今回も期待しています。重い馬場が得意なタイプなのでここもプラスだと思います。


【リスグラシュー】 牝馬4歳 55キロ 武豊騎手

この馬は後方からの馬と言っても切れ味で差し切る馬ではなく、じわじわと長く足を使うまさにハーツクライ産駒と言った馬です。今回は早めにまくるような形をとらないと直線だけではキレ負けしてしまうのではないかと思っています。ただまくって勝ちきるほど能力が抜けているわけでもないのでどちらにしても少し分が悪そうです。


【ハクサンルドルフ】 牡馬5歳 56キロ 戸崎騎手

ここで好走するにはまだ早いと思っていますが、評価に悩む馬です。休み明けは余裕があれば拾っておくくらいでしょうか。


【ダノンプラチナ】 牡馬6歳 56キロ 田辺騎手

能力的には強い馬なのですが、体質が弱く使詰めることができないことと、出遅れの癖があることにより、能力よりも実績が少ない馬です。今回は蛯名騎手ではなく田辺騎手が乗っていますね。これは疑うべきポイントだと思います。


【ベルキャニオン】 牡馬7歳 56キロ 石橋騎手

能力・枠・騎手、三拍子で駄目ですね。消しでいいと思います。


【ダイワキャグニー】 牡馬7歳 56キロ 横山典騎手

前に行く馬が少ないので展開は向きそうですね。先行することさえできれば、素晴らしい粘りを見せる馬なのでここでもその粘り込みに期待したいと思います。枠が大外と1番嫌な枠を引いてしまったのでそこだけが残念です。といっても東京1600mはスタートから第1コーナーまでの直線が長いのでそこまで気にする必要もないかも知れません。


【グレーターロンドン】 牡馬6歳 56キロ 川田騎手

切れ勝負になったら強い馬です。今回のように同型馬が多いレースでは取りこぼしは多いですが、安定感のある走りを見せてくれると思います。この馬もダノンプラチナ同様に体質の弱い馬ですが、2か月近く空いたここなら問題ないと思います。


レベルの高いG3だと思います。絞っても候補が4頭残ってしまいました。
こういったレースを予想するのは楽しいですね。

現時点での
本命は〇〇〇〇、対抗を〇〇〇〇とします。

馬名は本命は上、対抗は下のランキング記載します。
ランキングクリックにご協力ください。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


皆様の馬券が当たりますように。

2月3日平場予想です。

予想は東京11Rです。


【本命◎】


〇〇〇〇〇

この馬番であれば許容範囲だと思います。安定して好位の位置を取に行けるので凡走の可能性は低いのではないかと予想しています。力もここでは上位と言える存在なので、文句なく本命でいいと思います。騎手だけが心残りです。


【相手推奨馬】


フィアーノロマーノ △

昨年末から2連勝でここまで駒を進めてきました。その勢いは評価したいところです。川田騎手が騎乗するということでロスはあっても不利が少ないレース運びをしてくると思います。そうなると昇級戦でどこまで能力が通用するかですが、指数的には通用していい存在だと判断しているのでいきなりの好走があっても驚けません。


キャプテンペリー ×

発揮できる能力の安定感は1番の存在だと思います。常に掲示板を確保してくる走りには好感が持てます。勝ちきれないところがありますが、相手としては選びやすい1頭ではないでしょうか。


アルジャンテ

前が崩れるようなことがあれば馬券内にくることも十分考えられる馬です。田辺騎手騎乗ということも良いですね。休み開けは走る馬なので今回も注目したいところです。


ビーズインラブ △

差すタイプの馬なので安定感には少し不安がありますが、1600万以下では上位となる力があるのでここも展開次第では頭まであっておかしくない馬です。逆に展開が向かなければ凡走も考えられるので今回は相手どまりの評価です。


本命の信頼度は下記リンクの上、本命の馬名は下記リンクの下です。
これだけ書けば分かってしまう方もいるかも知れませんが、応援のクリックをお願いします。




最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング


明日は東京新聞杯の予想記事を書きたいと思います。
今週もしっかり当てて競馬を楽しみましょう!

↑このページのトップヘ