【期待値◎軸馬】競馬予想blog

2015年から儲ける馬券→回収率100%超えを目指し攻略を開始。2年かけて遂に黒字化に成功。当初は平場の芝レースのみを対象にしておりましたが、2017年天皇賞秋から重賞での予想を試験的に開始すると、予想と反してここでも複勝回収率113.6%と結果を残すことに成功しました。予想重賞数が2018年4月24日現在では54レースと少ないことからまだ楽観はできません。ですが皆様の予想のお手伝いが少しでもできるのであればとの思いから、予想を公開させていただいております。

いつもは平場の芝レース専門で予想をしています。ブログでも主に芝重賞の予想を上げていく予定です。予想方法ですが、複数の指数を独自のアルゴリズムで分析したものを基準に、レース毎の過去傾向と枠順などの当日情報を分析して予想をしています。分析が終わり次第順次記事を更新していきます。重賞で予想するのは基本的に◎本命と〇対抗の2頭となります。

2018年01月

普段は中央のレースかつ芝のレースしか予想しないのですが、この時期は3歳(ほぼ2歳)重賞やダート重賞が多く予想するレースが少ないので軽く記事を書くことにしました。


まず過去傾向分析です。


1月31日(水)開催の地方G1レース川崎記念の過去レース好走傾向を分析し該当馬をまとめました。


【過去傾向分析結果】
当たり前ですが中央で活躍している馬、特にG1馬の好走が目立ちます。また、リピーターが多いのも特徴だと思います。小回りで有利となるため、前につけることができる馬というのが好走の条件になるようです。


【好走条件該当馬】
続いて詳しい好走条件と該当馬です。


条件① 前走最終コーナー5位以内で通過

ケイティブレイブ、メイショウスミトモ、ディアドム


条件② 前走から乗り替わりなし 

コスモカット、キャッスルクラウン、グレンツェント※非該当馬を載せています。


条件③ 前走3位以内 

サウンドトゥルー、ケイティブレイブ、メイショウスミトモ、ディアドム


条件④ 前走上がり3F38秒以内 

アウォ―ディ―、サウンドトゥルー、ケイティブレイブ、アポロケンタッキー、グレンツェント


今回の分析ではこの4つを条件に指定させていただきます。
全条件該当馬であるケイティブレイブを過去傾向推奨馬とさせていただきます。



続いて指数ピックアップです。


【指数ピックアップ馬名と評価】
指数分析をした結果、以下の5頭が該当しました。

アウォーディー

サウンドトゥルー

ケイティブレイブ

グレンツェント

メイショウスミトモ


以上が指数ピックアップの結果です。



一番安定感がある馬は〇〇〇〇〇だと思います。
馬名は下ランキングに掲載しています。


それにしても思ったよりもオッズが割れていますね。
なぜこんなに割れているのでしょうか?
軸はすぐに決まったのでダートは専門外ですが少し賭けたくなってきてしまいました。




最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング

2月4日(日)開催のG3レースきさらぎ賞の過去レース好走傾向を分析し該当馬をまとめました。


【過去傾向分析結果】
当日早い上りを使った馬が好走するレースです。過去3年で1着は3Fのタイムが一番早かった馬、2着は2番目に上がり3Fが早かった馬、3着も同様です。ここまで完全に着順と上がり3Fの順位が一致するレースは珍しいので究極の上がり勝負レースと言えると思います。


【好走条件該当馬】
続いて詳しい好走条件と該当馬です。


条件① 初戦から乗り替わりなし
現在はまだ確定されていませんが、この条件は陣営の本気度を計る上で重要な項目だと思っています。期待のかかっている馬に対しては初戦から主戦が乗り続けるものです。それがこの段階から壊れてしまっているような馬では信頼は持てません。


条件② 前走500万以下1着
メイショウヒサカタ、グローリーヴェイズ※着差0秒のため例外


条件③ 前走上がり1位かつ34秒以内
グローリーヴェイズ、ダノンマジェスティ


今回の分析ではこの3つを条件に指定させていただきます。


前走の乗り替わりは主戦騎手が香港に行っていたがため例外扱いとして、3つの条件を満たす馬は1頭になる予定です。
過去傾向推奨馬は〇〇〇〇〇とさせていただきます。

馬名は上リンクにあげます。
応援のクリックをお願いします。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。





最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング


先週のレース回顧で根岸ステークスだけ触れていなかったので軽く触れておきます。

根岸ステークスも指数ピックアップが6頭指定に対して、3着まで全てピックアップ馬で的中しています。
過去傾向では推奨馬こそキングズガードと外してしまいましたが、条件該当馬の2/3が的中となりました。※ベストウォーリアが出走取り消しのため頭数から引いてあります。
先週はメインレース・平場予想と何から何までうまくいった週でした。

今週も少しでも皆様の力になれるように頑張ってブログを書いていきたいと思います。

それでは本編の過去傾向分析です。


2月4日(日)開催のG3レース東京新聞杯の過去レース好走傾向を分析し該当馬をまとめました。


【過去傾向分析結果】
レース傾向としてはラスト3Fの上りタイムが速くなる傾向にあるにも関わらず、最終コーナーを7位以内で通過した馬の好走率が目立っています。スローペースになる傾向があり、後方の馬では届かないためこのような傾向が出ているのだと思います。ある程度の位置から早い上りが出せる馬が好走条件のようです。


【好走条件該当馬】
続いて詳しい好走条件と該当馬です。


条件① 前走3F上がり35秒以内

トウショウピス、ベルキャニオン、マイネルアウラート
※該当馬が多いため非該当馬を上げさせていただきました。
※サクサンルドルドは不良馬場のため例外扱い



条件② 前走着差0.2秒以内

アドマイヤリード、クルーガー、サトノアレス、ストーミーシー、ダノンプラチナ、ディバインコード、デンコウアンジュ、ハクサンルドルフ

条件③ 前走馬番10番以上かつ最終コーナー14位以下 

※不利を受けた馬の救済措置でしたが、該当馬は今年はいませんでした。
余談ですがガリバルディが③の条件に一番近いですね。


今回の分析ではこの3つを好走条件に指定させていただきます。

現在登録馬内に条件の該当馬が8頭います。
このままでは該当馬が多すぎるのである条件を加えます。
そうすると該当馬は1頭となるので、過去傾向推奨馬は人気薄の〇〇〇〇〇とさせていただきます。

馬名は上リンクに、理由は下リンクに記入します。
ぜひチェックしてみてください。


明日はきさらぎ賞の過去傾向分析記事をあげます。

皆様の予想の参考になれば幸いです。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ

1月最終週のレース回顧をしていきます。


まず、シルクロードステークスです!


【結果】

本命 ファインニードル 4番人気 7.7倍 1着

対抗 セカンドテーブル 7番人気 16.5 7着


【レース回顧】

スタートでラインミーティアが出遅れます。この時点で敗色濃厚となりました。その後セインコウセイが押してハナを主張します。2番手にダイアナヘイロー、その後ろ外にナックビーナス内にファインニードルとなりました。この時点で直線で横を完全に誰かが塞がない限り、ファインニードルは馬券になると思っていました。
セイウンコウセイが自力の高さで押切るところを、最後にかわすだけの完璧な競馬でファインニードルが圧勝し、2着にセイウンコウセイがそのまま粘り込みました。最後にカラクレナイが猛追するそのさらに後ろからフミノムーンが差し切り3着に滑り込みました。今回はこの馬に展開が向いたということでしょう。
対抗のセカンドテーブルですが、想定より少し後ろでレースをしてしまいました。あの位置からでは何もできません。この面子で好位の位置を確保するには出足の速度が少し足りないようです。残念です。

今年も荒れたレースとなりましたが、東海ステークスに続きまたも指数ピックアップの馬で3頭決着となりました。本命もきっちり当てることができているので、十分拾えたレースだったと思います。荒れるレースは今後も指数ピックアップにご注目ください。


続いて、1月27日東京11レースの回顧です。


【結果】
本命信頼度B  マイネルハニー 3番人気 5.2倍 1着


【レース回顧】

マイネルハニーが好スタートを切り先頭に立ちます。テオドールが2番手につき、隊列が落ち着きます。この形になってしまえば抜群の安定感を発揮する馬なので心配はしていませんでしたが、直線に入ってからも他馬を寄せ付けずの完勝でした。スズカデヴィアスが予想通り2着に収まり、3着には7番人気マイネルサージュが1番人気プラチナナムバレットや2番人気テオドールをかわして入着しました。

今回指数ピックアップに1番人気のプラチナナムバレットが該当しなかったので馬券から外しておりましたが、見事着外となりましたね。また2番人気のテオドールも過人気から強く推すことはしていなかったので、2頭とも消えてかつ予想通りの結果となった今回は大爆発必死のレースとなりました。

仮に予想で書いた通りに8番と10番を消してマイネルハニーとスズカデヴィアスを軸に三連複を購入していれば4点で6550円を的中することができています。スズカデヴィアスを相手に指定していなくても、軸1頭相手5頭の全通り10点でも回収率650%超えです。ワイドでも十分な回収ができていると思います。


今週は本命が2レースとも1着という内容でした。
ただ重賞の対抗馬が連続で着外になっていることが気がかりです。
しっかり修正していきます。


平場予想では最近不運が重なり結果が出ていませんでしたが、上位人気を外しての完全予想通り決着で納得のいく結果となりました。
来週もこの精度を目指して、精進致します。


来週は東京新聞杯の予想をする予定です。きさらぎ賞もありますが、こちらはまだ若い状態の3歳戦なので2歳戦に近いものと判断し情報を提供するだけとさせていただく予定です。
明日は東京新聞杯の過去傾向分析をする予定です。

来週もしっかり的中するぞー!




ランキングクリックのご協力お願いします。


まず1月27日(土)平場の予想の結果を軽く書きます。

本命はマイネルハニーで信頼度はB結果は、、、1着!!

考察で書いた予想通りスズカデヴィアスが2着となり、最後に差してきた7番人気マイネルサージュが3着になりました。
今回のポイントはマイネルハニーが好走してくれたこともそうですが、1番人気プラチナナムバレットを指数分析の結果外し結果4着となったことだと思います。
完全に予想通りの結果となりました。

私のブログが皆様の予想のお力に慣れていたら嬉しい限りです。
このような予想ができるように今後も頑張っていきます!


続いて1月28日(日)京都11Rシルクロードステークスの予想です。

【考察】


【ファインニードル】 牡6歳 57キロ 川田騎手

好位からレースを進める馬です。良い枠を引きました。能力も通用すると思います、川田騎手も良いですね。ただ去年はデムーロ騎手が乗っていたにも関わらず、今回はアレスバローズにデムーロ騎手が騎乗しています。ここが気になるポイントですね。


【アレスバローズ】 牡6歳 54キロ デムーロ騎手

理想の枠番×重賞のデムーロ騎手です。後は能力が足りるかというところでしょう。重賞でのデムーロ騎手は神がかったレースをします。ただ今回に限っては完璧な騎乗が思いつきません。好位につければ、能力があれば好走できますが、どうなのでしょうか確信は持てません。また中団からの競馬になると前が壁になると思います。デムーロ騎手の馬群内での捌きの上手さは、周りの馬の動きが見えているがためだと思っています。どの馬が伸びて行き、どこにスペースができるかが分かり、かつそこに馬を操作できる技量があるため不利を最小限に抑えることができるのです。そしてデムーロ騎手は重賞前にある程度の馬の力と展開を予想しているがためにより正確に空くスペースが予想できるのだと思います。そのため重賞では神騎乗を連発するのではないかと思っています。今回のレースはハンデ戦なのでそこまで力の差が分かりにくく、予想がこんなんでその場での展開次第というところがでかくなる気がしています。もしデムーロ騎手の捌きの威力が半減するのであればデムーロ人気をしているこの馬はできるだけ買いたくないところです。


【グレイトチャーター】 牡6歳 54キロ 和田騎手

重賞では少し足りない馬だと思います。インを突き、たまたまそこが開いた時のみ馬券になる事ができるかも知れません。基本は消しでいいと思います。


【フミノムーン】 牡6歳 55キロ 国分騎手

国分騎手の後方からの競馬ではいいところなく終わる可能性が高いと思います。よほど展開が向き前が総崩れにならないと馬券にはならないので消しでいいと思います。


【アットザシーサイド】 牝5歳 53キロ 四位騎手

人気していないですね。内をついてできるだけ前の位置でロスなく競馬をして、直線最後に馬群がばらけてから一気の瞬発力で伸びてきて欲しいです。四位騎手には難しい競馬になると思いますが、展開次第では馬券内も十分あると思います。


【セカンドテーブル】 牡6歳 56キロ 水口騎手

去年のシルクロードステークスの3着馬です。今回の枠であれば再現は十分に可能だと思います。あまり人気していなので今回は狙い目だと思います。


【セイウンコウセイ】 牡5歳 58キロ 松田騎手

58キロはやや見込まれ過ぎではないかと思いますが腐ってもG1馬、トップハンデです。高松宮記念以降ここ最近は、惜しい競馬が続いています。地力は間違いなくトップレベルにあるので、あとはどれだけ体調を整えてくるかというところだと思います。調教が上手くいっているという情報もちらほら聞くのでここは久しぶりに馬券になってくれてもいいのではないかと思っています。この人気であれば買う価値はありそうです。


【ダイアナヘイロー】 牝5歳 55キロ 武豊騎手

安定感のある先行力が売りの馬です。今回も前に行く競馬をすると思います。今回はおそらくナックビーナスが逃げてくると思うので2番手になると思いますが、もしナックビーナスが来なければ先頭に立つ馬はこの馬だと思います。そしてその時は馬券になる可能性が高いと思います。武豊は楽に逃げさせると本当に良いレースをする騎手です。2番手ではどうでしょうか、本命にはなりませんが馬券の相手というていう程度でいいかも知れません。


【キングハート】 牡5歳 56キロ 中谷騎手

前の馬が死ぬ展開になれば馬券になる事もあると思います。ただそれ以外の展開では大外を回ってくると思うので届かないと思います。基本は消しでいいと思います。


【ニシケンモノノフ】 牡7歳 57.5キロ 横山典騎手

芝にきました。評価はどうしたらいいのか正直分かりません。いきなり57.5キロを背負わされているのでかわいそうですが、今回は消しで考えています。次回のダートに期待しましょう。


【ユキノアイオロス】 セ10歳 53キロ 川島騎手

10歳にしてオープンに上がってきました。長く活躍している良い馬です。応援したいですが、今回は消しでいいと思います。


【タマモブリリアン】 牝5歳 52キロ 古川騎手

枠がよくないですね。好走が想像できません。消しでいいと思います。


【カラクレナイ】 牝4歳 54キロ 池添騎手

しばらく調子を崩していましたが、前走である程度調子を戻してきました。今回は枠がかなり外の方なので好位につける競馬では馬券にならないと思います。中団からでは外を回すためロスが大きくかなり強い競馬が必要になります。桜花賞の輝きを取り戻すことができるか、、、その桜花賞も4着と届かず終いでした。今回も高い評価は付け難い馬です。


【ミッキーラブソング】 牡7歳 56キロ 松山騎手

カラクレナイとほとんど同じ評価です。ですがこちらは人気していません。買うのであればこちらではないかと思っています。馬券になる確率は低いと思いますが。


【ナックビーナス】 牝5歳 54キロ 勝浦騎手

いろいろと弱点の多い馬です。内枠からインを通ってゴール前でとらえる競馬が最も能力を発揮する展開だと思います。この枠では中団につける競馬をすると伸びきれず、前につけるとロスの多い厳しい競馬と八方塞の状態です。人気馬の中では消してもいい馬だと思います。


【ラインミーティア】 牡8歳 57キロ 西田騎手

1000mの直線競馬専用のイメージがある馬です。京都競馬場はどうなのでしょうか。ここで好走するには直線で馬群に突っ込んでの運勝負をするしかないと思います。馬券になる確率は低いのではないでしょうか。


【ロードクエスト】 牡5歳 57キロ 三浦騎手

後方からの競馬一辺倒馬です。展開が向くの待ちなので、基本的には消しで考えています。


【ナリタスターワン】 牡6歳 55キロ 幸騎手

ここでの好走は難しいそうです。前が総崩れになる展開待ちです。基本的には消しでいいと思います。


今回の考察ではよく展開待ちと書いた気がします。それだけちょっとの違いで結果が全く変わってくるレースだと思います。
その中でも安定感がある馬として本命を〇〇〇〇、対抗を〇〇〇〇とします。

馬名は本命は上、対抗は下のランキング記載します。
ランキングクリックにご協力ください。


今週も皆様の馬券が当たりますように。




最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキング

更新が遅く申し訳ありません。
お待たせ致しました。1月27日(土)の東京11Rの予想です。

指数ピックアップに引っ掛かった馬8頭の考察を書いていきます。


【マイネルサージュ】× 牡6歳 三浦騎手
後方から競馬をしたり、前から競馬をしたり動きが読みずらい馬です。柴田騎手が乗るときは前からの競馬を選択する傾向にありますが、今回は三浦騎手が騎乗するということで後方からの競馬もあるのではないかと思っています。後方からでは他の馬にキレ負けする可能性が高いので、ここでは部が悪いと思われます。

【〇〇〇〇】 牡〇歳 〇〇騎手
先頭に立つことができれば、強い競馬をする馬です。今回のメンバーであれば理想とする競馬が可能だと思います。枠もいいところを引きました。良馬場の方がいい馬ですが、今日くらいの馬場はこなせると思います。

【レーヴミストラル】 牡6歳 戸崎騎手
この馬にしては距離が短すぎると思います。戸崎騎手はいいですね。ただもう少し外の枠が欲しかったかなと思います。長期休養明けですが、どこまでやれるか。ここで本気を出してくるとは思えないので、ここで狙うべき馬ではないような気がしています。

【リアファル】 牡6歳 内田博騎手
なぜ前走でダートを使ったのか真意は分かりませんが、もともとはダートで走っていた馬なので無謀な挑戦とは言い切れない感じでしょうか。ですが結果は大敗、ダートが原因なのか調子が上がっていないことが原因なのか、もし原因が後者であればここで再び大敗があっても驚けません。

【スズカデヴィアス】 牡7歳 福永騎手
2000mではかなり安定感のある馬です。今回は得意の条件に戻るので好走するチャンスだと思います。ここ2戦のおかげでオッズも低めなので狙うならこのレースだと思います。福永騎手とスズカデヴィアス2人とも勝ちきれないイメージがあります、、、2着3着の前後に収まる気がしますね(笑)。 

【トールクマクト】 牡8歳 杉原騎手
騎手も馬自身の力も足りていないと思います。消したい馬の1頭です。

【テオドール】 牡5歳 ルメール騎手
前につける競馬ができる馬で安定感があります。ルメールが乗るだけで怖い存在なので軽視はできません。ただ2番人気はやり過ぎだと思います。この枠でもルメールであれば苦にしないかも知れませんが、ここで買いたい馬ではないなというのが正直なところです。

【タガノヴェリテ】 セ6歳 横山典騎手
横山騎手がどう乗ってくるかが読めませんが、よほど展開がはまらないと馬券になる事はないと思います。不安の方が大きい馬です。


本命以外は全員×評価です。
8番と10番は消し候補で考えています。余裕があれば程度の感覚で大丈夫だと思います。



今回の指数ピックアップでは1番人気が想定されているプラチナナムバレットが該当しませんでした。ですが該当馬は多いという状況です。
オッズほどの力差は各馬にはないのではないでしょうか?もしプラチナナムバレットが着外になるようなことになればそこそこの配当が期待できると思います。
複勝よりは絞ったワイドや三連複がよさそうです。
プラチナナムバレットは重賞馬なので、もし飛んだらくらいの感覚で買うのが正解だと思います。


本命の馬名はランキング上
本命の信頼度はランキング下に掲載します。
クリックのご協力お願いします。




最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキング

土曜日の馬場状態が読めないため急きょ1月28日根岸ステークスの考察をしました。
ダートレースなので予想はしませんが、ある程度傾向が顕著に出るレースなので割と当てやすいレースではないかと思っています。


【アキトクレッセント】 牡6歳 2番 萩野騎手
本来は好位から競馬をする馬ですが、前走は出脚が鈍く中団からの競馬となりました。前走は1着と結果を残しましたが、前走と同じような競馬では厳しいのではないかと思っています。理想はスタートを決めて、先行からの押切だと思います。ただ根岸ステークスは後方待機の馬が有利なレースです。後者の場合でもやはり高い評価はできないと思います。

【カフジテイク】 牡6歳 6番 福永騎手
前年度の根岸ステークス覇者です。東京の1400mを非常に得意としており、負け知らずの圧倒的な戦績を誇っています。福永騎手とも手が合うように思うのでここは有力馬の1頭と言える存在で間違いないでしょう。懸念点は衰えがあるのかというくらいでしょうか。どれくらい人気を集めるか次第で買うか買わないか悩む馬ですね。

【キングズガード】 牡7歳 7番 藤岡佑騎手
昨年の根岸ステークスは惜しくも4着に敗れております。3着エイシンバッケンとのタイム差は0秒ということから、ここで好走するだけの力はあると思います。カフジテイクと同様に後方一気の馬なので展開に左右されるため、通常のダートでは安定感のある成績にはなりませんが、東京1400mでは安定した成績が出せるタイプです。人気分でカフジテイクより買いたいと思わされる馬です。

【サンライズノヴァ】 牡4歳 8番 戸崎騎手
この馬に関しては4歳というのがまず気になるポイントです。この時期の4歳は1か月前までは3歳としてレースを走っており、そこからわずか1か月の成長分で斤量が古馬になってしまうため、マイナスになるパターンが大きいように感じます。強い馬ではありますが、人気となっているので少しリスクが勝っているように見える馬という評価です。

【ベストウォーリア】 牡8歳 13番 ルメール騎手
善戦マンというのが似合う馬です。昨年の根岸ステークスも2着と善戦しております。その根岸ステークスはただ1頭前から残った馬ということでかなり強い内容でした。ただもう8歳になります。そろそろ衰えてきてもいい頃ではないでしょうか。少し複勝系の相手で買う程度の評価で良いと思います。

【ノンコノユメ】 セ6歳 14番 内田博騎手
砂かぶりを苦手としているこの馬としてはベストの枠を引いたのではないかとい思います。1400mという距離が少し短く感じますが、今回は好走の条件が揃っているように思います。展開次第では久しぶりに馬券になる事も出来るのではないかと思っています。内田騎手には思いっきり外を回してこの馬の力を存分に見せつける競馬をして欲しいです。そして届かずに4着、、、いつものパターンにならないように祈っています。


期待しているのは〇〇〇〇、逆に人気馬の中で期待していないのは〇〇〇〇です。
ランキングに掲載しているので要チェックです。

明日は12時過ぎに平場の予想を1レース公開します。
馬場が回復していることを祈っています。




最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキング

1月28日(日)開催のシルクロードSの指数ピックアップです。

【指数ピックアップ馬名】
指数分析をした結果、以下の10頭が該当しました。

キングハート

セイウンコウセイ

セカンドテーブル

ダイアナヘイロー

ニシケンモノノフ

ファインニードル

フミノムーン

ミッキーラブソング

ラインミーティア

ロードクエスト

ニシケンモノノフに関してはダートレースの数値を使用して分析をしたので例外と捉えていただいた方がいいと思います。

以上が指数ピックアップの結果です。


明日は土曜分の平場レースの予想をする予定ですが、降雪のため馬場の状態が読めません。
より予想の精度を上げるため、更新は土曜日になってからになるかも知れません。
そこは天気次第ということで、気長にお待ちいただけると幸いです。





最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキング


1月28日(日)開催の根岸ステークスの指数ピックアップです。
先週の東海ステークスでは3着以内をすべてこのピックアップ馬が埋めました。
根岸ステークスも再現なるか!?


【指数ピックアップ馬名】
指数分析をした結果、以下の6頭が該当しました。

アキトクレッセント

カフジテイク

キングズガード

サンライズノヴァ

ノンコノユメ

ベストウォーリア


順当に人気馬がピックアップされたような感じですね。
先週の東海ステークスとは逆に堅い決着となるのかも知れません。


以上が指数ピックアップの結果です。
枠が確定次第また詳しい考察を書くつもりです。




最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキング

1月28日(日)開催のG3レースの過去のレース好走傾向を分析し該当馬をまとめました。


【過去傾向分析結果】
当日上がり3F4位以内を出すことのできた馬が位置に関係なく馬券になる傾向にあるようです。また、後方からでも届くレースということで、外枠の馬の成績が少し良い傾向があります。このレースはとにかく上がり適正が問われるレースと言えそうです。


【好走条件該当馬】
続いて詳しい好走条件と該当馬です。


条件① 前走武蔵野ステークスまたはチャンピョンズカップに出走
カフジテイク、キングズガード、ノンコノユメ、ベストウォーリア 


条件② 前走3F上がり5位以内
キングズガード ノンコノユメ


条件③ 前走上がり3F36.9秒以内 
カフジテイク、キングズガード、ノンコノユメ、ベストウォーリア


今回の分析ではこの3つを条件に指定させていただきます。

現在登録馬内の3条件該当馬はキングズガードとノンコノユメです。
ここから更にある条件を重要視して、過去傾向推奨馬は〇〇〇〇〇とさせていただきます。

馬名は上リンクに、条件は下リンクに記入します。
ぜひチェックしてみてください。



最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング


皆様の予想の参考になれば幸いです。

↑このページのトップヘ