12月2日(日)中京11RチャンピオンズCの考察と予想です。


【考察】

【ルヴァンスレーヴ】 Mデムーロ騎手

三歳でこの安定感、この強さ末恐ろしい馬です。ここでも能力は最上位と言っていいと思います。前走で見せた競馬をすれば、連勝は4連勝に伸びることになると思います。ただ今回は多頭数でのレースの内枠を引いてしまいました。懸念点を挙げるとするならここでしょう。砂を被り続けてどうなのか、直線で進路がなくなるリスクもあります。実力は抜けているが、隙はあると思っています。



【ノンコノユメ】 内田博騎手

近走は勝ちきれていませんが、僅差ではあります。能力は現役最上級の馬なので当然でしょう。ではなぜ勝ちきれないのかそれは、後方からの競馬しかできないことでこの馬のベストパフォーマンスを発揮できる舞台が限られているからです。今回もこの馬にとってベストとは言えない舞台なので、僅差で敗れて再度掲示板付近止まりとなる可能性が高いのではないかと思います。来年の根岸Sで買いたいですね。


【アスカノロマン】 太宰騎手

前走は突然謎の力走をしましたが、それでも届いていないことからあれがこの馬の限界なのだと思います。今回は前回より相手が揃うので厳しいでしょう。


【サンライズノヴァ】 戸崎騎手

前走は素晴らしい末脚で差し切り勝ちを決めています。ただ条件的に差しが決まり易いコースですし、クインズサターンより位置が前だから勝てたような、クインズサターンと差のあまり感じられない内容ではありました。クインズサターンがG1で通用しないように、この馬もここでは厳しいと思います。この馬も来年、根岸Sに来てほしいですね。


【ケイティブレイブ】 福永騎手

勝ちきれないことで有名な馬が、格下相手とはいえ2連勝しています。今がこの馬のピークなのかも知れません。脚質的に不発が少ない馬なので、能力的に上位である今回も好走する確率は高いと思います。


【サンライズソア】 モレイラ騎手

前走でも書きましたが、逃げることができれば残ることのできる馬です。今回もメンバー的に逃げが叶う可能性が高くパフォーマンスは前走同様のものを見せてくれると思います。それでも勝てなかったのが前走で、この馬に先着した馬が2頭とも出てきています。ここに強い相手が増えるとなると少し厳しいかも知れません。この少しの不利を帳消しにしてくれるモレイラマジックに期待しましょう。


【オメガパフューム】 Cデムーロ騎手

とにかく末脚が確実な馬です。3歳でありながら前走はケイティブレイブに0.1秒差と、この馬も今後が楽しみな1頭です。Cデムーロ騎手への乗り替わりでどうかですが、目に見えてパフォーマンスが上がることはないと思います。それでも通用するだけの能力のある馬ではありますので、リベンジに期待したいですね。


【インカンテーション】 三浦騎手

前走から確実にパフォーマンスをあげてくる馬だと思います。それでも夏頃から調子を落としているのが目に見えているので買いにくいですね。ベストの状態でもこのメンバーでは通用するかどうかですから、調教を見て、人気していないようであれば馬券の端に加えるくらいだと思います。


ゴールドドリームの回避、枠が出るまではあまり買う気の無かった馬ですが、条件が変わりました。
こうなってくるとこの馬で間違いないと思います。

期待値一強レースです。

本命の馬名こちらをクリック




今週も皆様の馬券が当たりますように。
ランキングクリックのご協力をお願いします。


人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ