【期待値◎軸馬】競馬予想blog

2015年から馬券回収率100%超えを目指し攻略を開始。2年かけて遂に黒字化に成功。当初は平場の芝レースのみを対象にしておりましたが、2017年天皇賞秋から重賞での予想を試験的に開始すると、予想と反してここでも回収率100%を超える結果を残すことに成功しました。予想重賞数が2018年1月2日現在では20レースと少ないことからまだ楽観はできません。ですが皆様の予想のお手伝いが少しでもできるのであればとの思いから、予想を公開させていただいております。

いつもは平場の芝レース専門で予想をしています。ブログでも主に芝重賞の予想を上げていく予定です。予想方法ですが、複数の指数を独自のアルゴリズムで分析したものを基準に、レース毎の過去傾向と枠順などの当日情報を分析して予想をしています。分析が終わり次第順次記事を更新していきます。重賞で予想するのは◎本命と〇対抗の2頭です。


4月22日(日)京都競馬場開催、フローラSの指数ピックアップです。

【指数ピックアップ該当馬】

エアスピネル

ガリバルディ

グァンチャーレ

サングレーザー

ダッシングブレイズ

ブラックムーン

ムーンクレスト

モズアスコット

ヤングマンパワー

ロジクライ

指数分析をした結果、以下の10頭が該当しました。

今週はどのレースも混戦ですね。今週の3重賞のなかではこのレースが1番上位と下位の力がはっきり分かれています。指数ピックアップの馬で3着内は埋まると思うので相手さえ選べば結構狙いやすいレースと言えそうです。

以上が指数ピックアップの結果です。


ランキングクリックのご協力をお願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


明日は福島牝馬Sの予想を公開予定です。
お楽しみに~♪


4月22日(日)東京競馬場開催、フローラSの指数ピックアップです。

【指数ピックアップ該当馬】

アストラサンタン

ウスベニノキミ

オハナ

カーサデルシエロ

サトノワルキューレ

サラキア

ディアジラソル

ノーブルカリナン

ノームコア

ファストライフ

レッドベルローズ

指数分析をした結果、以下の11頭が該当しました。

上位と下位でそこそこ能力に差がありますね。例年、内が有利になるのがこのレースの特徴です。能力のある馬が内の方を引けばそこを軸に狙っていきたいですね。もし軒並み外目の枠を引いてしまったら、賭けるのは避けた方が無難だと思います。

以上が指数ピックアップの結果です。


ランキングクリックのご協力をお願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


明日は福島牝馬Sの予想を公開予定です。
お楽しみに~♪


4月21日(土)福島競馬場開催、福島牝馬Sの指数ピックアップです。

【指数ピックアップ該当馬】

カワキタエンカ

キンショーユキヒメ

ゲッカコウ

サルサディオーネ

デンコウアンジュ

トーセンビクトリー

ブラックオニキス

レイホーロマンス

ロッカフラベイビー

ワンブレスアウェイ


指数分析をした結果、以下の10頭が該当しました。

指数で見るとかなりの混戦模様です。上位と下位でオッズほどの差は存在しないので、当日の馬場傾向を重視して予想したいレースですね。この手のレースは的中させるためには広く馬券を取らないといけないので、期待値が低くなりがちです。外れたら仕方ないくらいの気持ちで目先の的中率に惑わされずに絞って予想をするのがよさそうです。

以上が指数ピックアップの結果です。


ランキングクリックのご協力をお願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


明日は福島牝馬Sの予想を公開予定です。
お楽しみに~♪


4月21日(土)福島開催のG3福島牝馬Sの過去レース好走傾向を分析しまとめました。


【過去傾向分析結果】

枠番についてですが、6番と8番の馬が異常に好走しています。過去10年で6番も8番も馬券い絡まなかったレースは2レースしかありません。このレースでは6番と8番に複勝で賭けているだけで儲かってしまいます。これなぜなんでしょうか?面白いですね。時間があれば分析したいものです。さて他の傾向ですが、当日上がり3F3位以内の馬の好走が多いですね。10年以内で上がり1位46%、2位36%、3位50%が好走しています。3年以内でも1位50%、2位50%、3位40%と高い水準を維持しています。ここまでは好走傾向ですが、致命的に走らないデータも見つかりました。それは距離延長で臨む馬です。これは過去3年で好走歴はなく、10年間で見ても6.8%止まりです。距離延長で来ている馬は余程の馬でないと好走しないとみてよさそうです。


このレースの好走条件は

当日上がり3F3位以内の馬

でいいと思います。
次に上記の条件に該当しながら好走した馬の共通点を探してみましょう。

過去10年の間に当日上がり3F3位以内で好走した馬は以下の17頭です。

ウキヨノカゼ

クインズミラーグロ

シャルール

キャトルフィーユ

オールザットジャズ

マイネイサベル

ソウルフルヴォイス

レジネッタ

マイネカンナ

ブラボーデイジー

フロンテアクイーン

スイートサルサ

コスモネシン

アカンサス

フミノイマージン

アルコセニューラ

ハロースピード


続いて共通点ですが、1つありました。

前走着差0.2秒以内というもので

該当馬は

ウキヨノカゼ

クインズミラーグロ

シャルール

キャトルフィーユ

オールザットジャズ

マイネイサベル

ソウルフルヴォイス

レジネッタ

マイネカンナ

の9頭です。
非該当馬のうちフミノマージンは出遅れによる影響、スイートサルサは出走取り消し、コスモネモシンとアカンサスは当日重馬場と例外要素ありで、純粋な非該当馬と言えるのはフロンテアクイーン、アルコセニューラ、ハロースピードの3頭のみとなっています。


【好走条件該当馬】

共通点の該当馬ですが今年は

カワキタエンカ

サルサディオーネ

シャララ

ベアインマインド

以上の4頭が該当しています。



過去の傾向からいくと、この4頭から好走する馬が出る確率が高そうです。
ここに条件を1つ加えて1頭に絞り、過去傾向推奨馬としたいと思います。
上のブログランキングに馬名を、下のランキングに追加条件を記載します。

ランキングクリックにご協力お願いします。





最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング



明日は指数分析記事を更新する予定です。
この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



4月22日(日)東京開催のG2フローラSの過去レース好走傾向を分析しまとめました。


【過去傾向分析結果】

内枠に比較的強めの好走傾向がでています。他は目立った傾向がなく、予想が難しいレースです。それを象徴するかのように、穴馬がよく好走しています。


このレースの好走条件はシンプルに

当日馬番6番以内の馬

でいいと思います。
次に上記の条件に該当しながら好走した馬の共通点を探してみましょう。

過去10年の間に当日馬番6番以内で好走した馬は以下の14頭です。

モズカッチャン

アウェイク

シングウィズジョイ

ディアマイダーリン

マキシマムドパリ

サングレアル

ブランネージュ

ブリュネット

ミッドサマーフェア

ダイワデッセー

アグネスワルツ

カレイジャスミン

マイネソルシエール

ピュアブリーゼ


続いて共通点ですが、2つありました。

1つ目は
前走最終コーナー3番手以内かつ着差0.2秒以内というもの

2つ目は
前走最終コーナー4番手以下で上がり最速というものです。


共通点①該当馬は

モズカッチャン

シングウィズジョイ

ブリュネット

アグネスワルツ


の4頭です。最終コーナー通過順位が3位以内の馬で非該当馬の3頭の内ダイワデッセイとアウェイクは着差が2秒近く離れているレースに参加していない馬だったので、純粋な例外はカレイジャスミン1頭だけとなります。


続いて共通点②の該当馬ですが

ディアマイダーリン

マキシマムドパリ

ブランネージュ

ミッドサマーフェア

ピュアブリーゼ

の5頭です。例外となる最終コーナー通過順位が4位以下の馬で上がり最速でない馬はサングレアルとマイネソルシエールの2頭のみになります。


【好走条件該当馬】

以上の共通点①、②に該当する馬ですが、今年は

共通点①

アストラサンタン、カーサデルシエロ、パイオニアバイオ、レッドヴェルローズ、レーツェル

共通点②

センテリュオ、デュッセルドルフ


以上の馬が該当しています。


過去の傾向からいくと、この7頭から好走する馬が出る確率が高そうです。

過去推奨馬が確定するのは枠が発表されてからになりますが、現在時点での最有力候補を指名しておきます。
上のブログランキングに馬名を、下のランキングに条件を記載します。

ランキングクリックにご協力お願いします。





最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング



今日の夜も指数分析記事を更新する予定です。
この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。



4月22日(日)京都開催のG2マイラーズCの過去レース好走傾向を分析しまとめました。


【過去傾向分析結果】

まず枠ですが、内に有利な傾向が出ています。具体的に言うと7番以内、枠で言うと4枠以内の馬の好走率が高いです。当日判断に迷った際はこれを参考にしましょう。次に当レースの強い傾向ですが、上がり3Fが相対的に速い馬が好走しています。過去3年内で上がり3F1位33%、2位80%と高い数字をマークしており、10年でも1位20%、2位54%と比較的高い数字が出ています。つまり当日上がり2位以内の馬を予想できれば高確率で好走します。他の細かい傾向としては間隔が10週以上空いている方がいいというものや、前走G2の馬の好走が多いなどいくつかはありますが、母数が少ないのであまりデータとしては信用できないものになると思います。面白い傾向としては前走東京競馬場の馬が過去3年で集計しても10年でも集計しても40%以上の確率で好走しています。


好走条件をまとめると

当日上がり3F2位以内の馬

でいいと思います。
次に上記の条件に該当しながら好走した馬の共通点を探してみましょう。

過去10年の間に当日上がり2位以内で好走した馬は以下の9頭です。

イスラボニータ

エアスピネル

クルーガー

ダノンシャーク

フィエロ

トライアンフマーチ

スーパーホーネット

カンパニー

エイシンドーバー

確かにキレのある馬が多い印象を受けますね。
続いて共通点ですが、2つありました。

1つ目は
前走上がり3位以内というもの

2つ目は
前走上がり3F34秒以内というものです。


共通点①該当馬は

エアスピネル

クルーガー

ダノンシャーク

トライアンフマーチ

カンパニー

エイシンドーバー

の6頭で非該当馬の3頭の内フィエロとスーパーホーネットは前走海外のため例外だと思っていいと思います。
残るイスラボニータですが、出遅れから2番手につける驚きの競馬でしたのでこれもほぼ例外として扱えるのではないかと思います。


続いて共通点②の該当馬ですが

エアスピネル

クルーガー

ダノンシャーク

トライアンフマーチ

カンパニー

エイシンドーバー

の6頭で、非該当馬も上と同様です。それぞれに明確な理由があるのでほぼ全ての馬が該当しているデータと言えると思います。


【好走条件該当馬】

以上の共通点①、②に該当する馬ですが、今年は

共通点①

グアンチャーレ、サングレーザー、ネオフレグランス、ブラックムーン、モズアスコット、ロジクライ

共通点②

カデナ、サングレーザー、ネオフレグランス、ブラックムーン、モズアスコット


以上の馬が該当しています。


共通点①、②共に該当している馬はサングレーザー、ネオフレグランス、ブラックムーン、モズアスコットの4頭です。
この4頭から好走する馬が出る確率が高そうです。


この中からさらに条件を足して該当馬を1頭に絞ります。
上のブログランキングに馬名を、下に追加条件を記載します。

ランキングクリックにご協力お願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ


今日の夜も指数分析記事を更新する予定です。

この記事が皆様の予想の参考になれば幸いです。


お待たせ致しました。
4月16日23時 完全版を更新しました。


この土日もプライベートが大変忙しく、今にも意識が飛びそうな状態のためレース結果のみ書かせていただきます。
月曜日の夜にはレース回顧も含めた正式版を書きますので申し訳ございませんが、少々時間をください。




4月14日・4月15日の予想結果です。

まず、14日のアーリントンCです。


【期待値2強レース・結果】

本命 タワーオブロンドン 1着
道中は中団の内側をロスなく追走し、直線い向けて進路を確保する最低限の外を回る走りでした。もともと距離不安が囁かれていた馬なのでそれをカバーするためにもこういった騎乗になったのかも知れませんね。結果として直線のラスト200mを切ってからも力強く伸びることができており、この結果はルメール騎手の素晴らしい騎乗あってのものだと思います。
1つ覚えておいておきたいのはルメール騎手はこういった外目の枠から一旦内に入れて力を温存し、最後に外に出して進路を確保する騎乗が本当に上手いです。これに関しては現JRA所属騎手の中で1番だと思います。

対抗 パクスアメリカーナ 2着
タワーオブロンドンとは対照的にこちらはたまたま前が空いたが為の好走でした。もっとも展開が向いた馬がこの馬で結果は2着です。現時点ではまだその程度の実力ということでしょう。今後の成長が楽しみな1頭ですね。


【主要馬回顧】

レッドヴェイロン 
スタートで行き脚がつかずここまで結果を残してきた前からの競馬ではなく、そのまま後方待機の直線勝負という競馬になりました。この枠でスタートを失敗したのであればベストな騎乗だと思います。さすがデムーロ騎手は勝負強さが桁違いですね。レース運びは1着のタワーオブロンドンとほぼ同じで、伸び方もほとんど互角だったことを考えると、能力はかなりのものがあると予想されます。今回の負け方は位置取りの差なので次走以降に期待したい1頭ですね。

インディチャンプ
素晴らしい位置取りから早く先頭に立ち過ぎたが故の悔しい敗戦でした。能力的には今回馬券になった馬と遜色ないのでこの馬も次回に期待したいです。ただ注意が必要なのは、今回の早仕掛けは岩田騎手の意思ではなく、半ばインディチャンプの暴走だったのではないかと思える点です。道中も行きたがるそぶりを見せていることからもう少し距離が短い方が精神的にマッチするのかも知れません。今の岩田騎手は馬の制御があまり効かない印象があるので、折り合いが上手い騎手に乗り替わりがあれば積極的に狙いたいと思います。

ダノンスマッシュ
今回は中団待機の戦法を一変させ前に付けてきました。今回は外を回ることによる不利がかなりあったので負けて強しの内容と言えると思います。そのため騎乗ミスによる負けという側面が強いのでこの敗戦で評価を下げる必要は全くないと思います。今回はいい経験となる敗戦だったと思います。次にどういった競馬をするかが予想できない点は難しいですが、どこかで再度狙いたいと思います。



続いてアンタレスSです。


【期待値2強レース・結果】


本命 クインズサターン 3着
過去傾向で指摘した上がり最速馬です。不良馬場の発表を見た時点でこの馬が最速を使ってくるのは結構自信があったので読み通りという感じでした。この馬を本命にしたのはそれだけが理由です。もっと荒れると嬉しかったのですが、がちがちでしたね。それでもオッズが割れていた分配当は高めだったのでしっかり回収はできて良かったです。

対抗 トップディーヴォ 4着
こちらも不良馬場ということで馬場で推させていただいた1頭になります。良馬場であれば対抗になる事はありえませんでした。かなり特殊な馬場だったので次走以降の参考にはなりません。


【回顧】

グレイトパール
この馬強いですね。直線手前で位置を上げてそのまま突き放す上がり最速タイの脚お見事です。良馬場でも同じレースができたのか気になるところですが、良馬場でも結局は役者の違いで1着になっている気がしますね。テイエムジンソクと言いこの馬と言い、世代交代感があっていいですね。長く活躍してくれることを願っています。

ミツバ
この馬が最終コーナーで先頭にいるなんて予想もしていませんでした。松山騎手の勇気ある素晴らしい騎乗でした。最近ミツバの乗り方が分かってきている感じがしますね。今後もこういったレースをしてくれると予想も立て易くまた買い易くもなるので、継続騎乗でお願いしたいです。次走はまだフロック視されると思うので、注目したいと思います。



続いて皐月賞です。


【期待値1強レース・結果】


本命 ステルヴィオ 4着
強烈な前有利馬場の中よくここまで追い込んできました。今回は馬場による敗戦なので評価を下げる必要はありません。この世代では能力上位だが馬場傾向で十分逆転は可能な馬というのがこの馬の今の位置ですね。


【回顧】

今回馬券になった、エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラレウーノは馬場傾向を味方に付けての好走です。皐月賞好走組として高い評価を与えると少し過剰評価気味になると思うのでご注意ください。反対にステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルは頑張った印象です。ただここで7着以下だった馬も今回は馬場が特殊過ぎただけなので、今回の敗戦で評価が下がるようであれば次走は狙う価値十分だと思います。今回の結果は能力とはそこまでリンクしていないということを頭に入れて3歳の予想はしていきたいと思います。



今週の皐月賞では予想記事で直前の傾向が重要になるので発信に注目くださいと書かせていただきました。そしてline及びツイッターで以下のように発信させていただきました。

--------------------------------――---------------------------------------------------------------------------------------------------
中山競馬場 馬場傾向
内有利かつ前残りの傾向が強くでています。

これは難しくなりました。
内を通る馬としてはタイムフライヤー、ワグネリアン、ジャンダルム、キタノコマンドール加えてもエポカドーロまでですね。

前から競馬をする馬は多数いますので、割愛させていただきます。

重複して該当している馬としてワグネリアン、ジャンダルム、エポカドーロまでは評価を上げる必要がありそうです。
かなり強い傾向がでているので、この三頭から好走馬が出てくる可能性が高いです。軽視していた方はご注意ください。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

結果はエポカドーロが予想段階で好走するパターンとして書かせていただいた、大逃げから離れた馬群の先頭からのパターンそのままのレース運びで好走しました。
2着には同じく予想で逃げ勢から上位に食い込むならこの馬と書かせていただいたサンリヴァルがはいっています。
あのアイトーンですら、ワグネリアンとそこまでタイム差のない競馬ができてしまうほどの前残り傾向があり、そのかなり強い傾向が事前に発信されていてなおかつ、評価を上げる必要があると3頭挙げたうちの1頭が1着を獲り、逃げ勢で馬券になるのはこの馬と書かせていただいた馬も好走している状態です。

上に書かせていただいた内容はたまたま前日に雨が降り、たまたま偏った傾向が強く出て、たまたま好走する馬が予想された通りだっただけです。

ですが
今回私のブログを見ていただいており、かつlineやツイッターの発信もご覧になられている方でこの簡単な馬券を外した方はいらっしゃらないと私は思っています。


上記のような直前にしか判断できない細部の情報を発信しています。
まだ登録していないという方!
もしよろしければ下記のリンクから友だち追加をして、あなたの収支を上げること間違いなしの直前情報をご利用ください。
友だち追加

ツイッターも下部から見ることができるのでそちらもよろしくお願いします。


明日は過去傾向分析を行う予定です。
最後になりますが管理人の励みになりますので、もしよろしければブログランキングクリックにご協力お願いします。


4月15日(日)中山11R皐月賞の全頭考察と予想です。



【考察】
【タイムフライヤー】 内田博騎手

ホープフルSでG1馬となりました。前走はOP戦を5着と物足りない結果でしたが、これはあくまで調整過程の最後方の末脚のみの競馬に徹した結果なのでそこまで気にする必要はなさそうです。過去にはジャンダルムやグレイルといった馬と差のない競馬をしているのでここでも力は上位に入る存在だと思います。枠はよくないですね。陣営的には馬群を捌くというように指示が出ているようなので、上手くいけば着も十分にあると思いますが、内田博騎手ですか。あまりいい結果は想像できないですね。馬場が渋るのは歓迎だと思います。


【ワグネリアン】 福永騎手


ダノンプレミアム以外には負けなしの馬なので、ダノンプレミアムがいないここでの1番人気は納得ですね。枠はもう少し外枠がよかったかと思います。この枠では福永騎手が差しを選択すると馬群に閉じ込められてゲームオーバーなんてこともあるかも知れません。前目に付けることができたらいいのですが、このメンバーでは恐らく中団からの競馬になると思います。外を回しても十分馬券になる事の出来る馬だけにここは大外を回してきて欲しいと願います。そして2~3着に収まってもらいたいですね。渋った馬場は可もなく不可もなくと考えています。


【ジャンダルム】 武豊騎手

良い枠を引きましたね。今回の皐月賞で一番いい枠を引いたのではないでしょうか。能力的にも十分通用する馬なのでここは期待したいですね。気になるのは距離とペースです。距離2000mはこの馬にとって長いと思います。そこに予想されるハイペースが重なるとなれば、直線まで脚が残っていない危険があります。武豊が前走のような完璧な競馬をしてやっと馬券内が見えてくるくらいの感じで捉えています。そしてレジェンド武豊ならそれを現実にしてくれるのではないかと思っています。これだけ言ってなんですが、一番確率が高いのは掲示板付近の着順かも知れないですね(笑)


【スリーヘリオス】 柴田善騎手

枠、騎手、能力、全て水準にありません。消しでいいと思います。


【キタノコマンドール】 デムーロ騎手

枠は可もなく不可もなくですね。能力が通用するかも未知数で、本当に扱いに困る馬です。この馬が好走するパターンは大きく分けて①前がつぶれていく中馬群を捌く②外を回して圧倒的能力で差すの2パターンだと思います。①についてはたぶんありません。①を実行するにはこの馬より前の位置に伸びる馬がいてその後ろにくっついて行き道が開くのを待つ必要があるのですが、今回はその馬が見当たりません。②は判断が難しいですね。ただ、この馬の前走と同じことがワグネリアンやステルヴィオにできないかと言われるとそうではないと思うので、能力的に圧倒的に高いとも思えません。②も可能性は低そうです。そうなると好走パターンが殆どないということになってきますので、3番人気という人気は買いにくい馬というのが今回のこの馬の評価です。ただG1のデムーロ騎手です。馬券の相手少なくとも紐には抑えておく必要がありそうですね。結局外人のワンツーかーい。これがいつものパターンですからね。


【アイトーン】 国分騎手

騎手、能力共に水準にありません。消しでいいと思います。ただ逃げを宣言しているのは面白いですね。ケイティクレバーも今回逃げを宣言しているのでこの2頭が共に譲らないとなるとペースはかなり激化しそうです。そうなってくると狙うべきは地力のある差し馬しょう。



【エポカドーロ】 戸崎騎手

前走ではステルヴィオと差のないレースをしていますこれは評価できるのですが、皐月賞出場のため本気調整だったことや前有利の展開でのロスなし競馬だったことを考えるとステルヴィオからは格が落ちることがわかります。もう少し内枠であれば今回も前走ような走りを期待したかったのですが、少し外に回ったのであまり好走するイメージがなくなってしまいました。ハイペースになるであろうこともこの馬にはよくないと思います。2頭が大きく逃げて離れた3番手を悠々と進めるという素晴らしい展開があれば好走できるかも知れません。でもその時はたぶんデムーロかルメールが何かしてくるんですよねー。好走は難しそうですね。渋った馬場は苦にしないので、馬場を味方にどこまでやれるか。


【ケイティクレバー】 浜中騎手

前走でキタノコマンドールと差のない競馬をしています。これは展開がすべてで再現の可能性は限りなく低いと思います。逃げる宣言の2頭目なのでここは思いっきり競り合って前の馬を全滅させるくらいのことをしてくれることに期待したいです。


【オウケンムーン】 北村宏騎手

枠はもう少し内が欲しかったですね。能力的にはいい意味でまだ底が見えていないです。好走条件の共同通信杯馬なのでここは印を必ず付けるべきだと思います。5番人気と人気もあまりしていないので、配当を大きくするための好走に期待したいです。ただ稍重で一度大敗しています。新馬戦のことなのでそこまで気にはしていまませんが、プラスではないことは覚えておいていいと思います。


【ジェネラレウーノ】 田辺騎手

この馬も前から競馬をする馬ですね。枠は外を引いてしまったのでここはマイナスです。能力的にはぎりぎりと思います。ハイペースになれば厳しい結果が待っているかも知れません。


【マイネルファンロ】 柴田大騎手

スプリングSでは3着の馬です。渋った馬場も得意としています。13番人気は人気していなさすぎですよ。ただ来る確率が高いかと言えば高くはないので賭けるならほんの少し遊び程度でになると思います。


【グレイル】 岩田騎手

前走の共同通信杯はダントツの1番人気ながら7着と大敗しました。外を回し過ぎたことと、この馬の出せる速度の限界的に仕方のない凡走だったと思います。この馬の能力が劣っていたわけではないと思うので渋って速度の出なくなった馬場かつハイペースからの持続力勝負になれば復活もあり得るのではないかと思っています。10番人気はさすがになめられ過ぎですね。今回穴を狙うならこの馬だと思います。


【ダブルシャープ】 騎手

枠、騎手、能力、全て水準にありません。消しでいいと思います。


【サンリヴァル】 藤岡佑騎手

戦績こそ惜しい結果が続いていますが、相手が強いのでここは仕方なさそうです。相手なりに走れる馬なので逃げ勢から上位に食い込むならこの馬かと思います。藤岡佑騎手は最近勝つための騎乗ができるようになってきているので今回も積極的な騎乗に期待しています。そしてこの枠、この馬の能力で勝ちにいくとおそらく負けます。


【ステルヴィオ】 ルメール騎手

ダノンプレミアム以外には負け知らず以下略。このレース2頭目の繰り上がり無敗馬です。重い馬場もそこまで苦にはしないですし、この馬普通に強い馬ですよ。外枠も差し脚質の馬なので気にるする必要はありません。後は当日の馬場傾向次第ですね。差しが届くような傾向であれば、この馬の好走率はグンと高まると思います。


【ジュンヴァルロ】 大野騎手

枠、騎手、能力、全て水準にありません。消しでいいと思います。



ダノンプレミアムの無敗皐月賞を楽しみにしていただけに非常に残念です。
残り物レースとなってしまった皐月賞ですが、馬の能力は結構上位と下位できっちり分かれていて、アーリントンCのような印象です。
アーリントンCと違うのはペースと馬場です。
この2つのファクターがどう結果に左右するのか、難解なレースです。
当日の馬場傾向の発信にご注目下さい。

印は期待値1強レースでいきたいと思います。
本命の馬名は上のランキングに記載しています。
ランキングクリックにご協力お願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ



今週も皆様の馬券が当たりますように。


4月15日(日)阪神11RアンタレスSの考察と予想です。


【考察】
【グレイトパール】 川田騎手

スタートが良い馬とは言えないので内枠は望ましい枠ではないのですが、内枠が有利なアンタレスSなのでこの枠もマイナスとは言い切れない何とも言えない感じです。能力は申し分ないのですが、それはこの馬のピーク時の話で11か月休養明けの現在でどの程度やれるかは未知数となっています。休み明けは苦にしないとの話もありますが、なんとも言えないですね。現時点では単勝2.4倍と思ったより人気していますね。印は打ちますが、軸にはできないというのが本音です。不良馬場は経験済みで全く苦にしていませんでした。ここは大きな押し材料ですね。


【ナムラアラシ】 幸騎手


この馬は瞬発力に秀でたタイプなのでこの枠はむしろ歓迎だと思います。ただそれは直線で馬群を捌く競馬が前提の話であり、能力に不安のある幸騎手への乗り替わりはマイナスだと思います。能力的にはここで通用するだけのものはありそうです。ただこの馬は時計の掛かる馬場が苦手な感じがします。不良馬場まで悪くなった馬場では自慢の瞬発力は不発となる危険性もありそうです。


【ディアデルレイ】 勝浦騎手

枠は良い枠を引けましたね。能力的には足りるかどうかくらいですが、展開次第では馬券内も十分ありそうです。この馬もどちらかというと速い時計の出る馬場の方が好みなのではないかと思っています。余程前残りの展開に恵まれないと厳しいかも知れません。こういう時は騎手次第なのですが、勝浦騎手ではあまり期待できないですね、、、


【メイショウタケダ】 北村友騎手

この馬は不良馬場を得意としています。人気はしないと思うので穴として賭けるのは面白いと思います。


【トップディーヴォ】 横山典騎手

枠はかなり良い枠を引きましたねあと2つくらい外であれば理想だったと思います。能力的にはおそらくぎりぎりといったところだと思います。横山典騎手が乗るようになってから安定感がありますね。余程手が合うんだと思います。不良馬場は全く苦にしない馬なのでここは推せるポイントですね。特殊な馬場なので展開次第なところはありますが、そういったときにこそ横山典騎手のペース配分力が発揮される時だと思っているので、普段は嫌っていますが今回に限っては鞍上を推し材料として捉えています。


【ロンドンタウン】 松岡騎手

枠は可もなく不可もなく、能力的にも良くわからない馬です。恐らくこのメンバーであれば通用するのでしょうが、ここまで好走する条件がよくわからない馬もそういないというくらいつかみどころがない馬なので判断が難しいですね。いつもそこそこ人気していますが、何が評価されていつも人気しているのでしょうか?わかる方がいれば教えて欲しいです。たぶん不良馬場が得意なタイプではないと思うのでここはマイナスですね。いつも通り、余裕があれば抑える。なければ消すくらいの馬として考えています。


【アルタイル】 小崎騎手

無難な枠に、無難な能力、無難な適正すべてが平均といった感じですね。常に惜しい競馬をしているのでここでも相手なりに格好は付けてくると思います。9番人気は少しなめられているように感じます。恵みの雨が後1押しをしてくれるとしたら馬券内もあり得ない話ではないと思っています。ただベストは1600mだと思うのでここは気がかりです。


【コスモカナディアン】 丹内騎手

この馬もつかみどころがないですね。今回は馬場のおかげで能力以外の点もかなり着順に関わってきそうなので、基本は来ないとは思いますがこういう馬は抑えておくに限ると思います。


【メイショウスミトモ】 古川騎手

枠は可もなく不可もなく、能力的には少し足りないくらいの馬ですね。つまり普段であれば消していい馬だと思います。ただ今回は例外的な馬場なので、人気が悪い馬はとりあえず抑えておいて損はないと思います。


【ユラノト】 藤岡康騎手

枠はもう少し内が欲しかったなという印象です。休養明け、不良馬場と何もかもが未知数ですね。そして7番人気うーん悩みます。とりあえず紐として抑えることになりそうです。基本は来ないと思っているのですが、、、


【クインズサターン】 四位騎手

もともと後方からしか競馬をしない馬なのでこの枠はマイナスにはなりません。能力的にも十分通用するだけの能力があります。注目は6走前の1600万以下です。不良馬場の中56㎏という当日2番目のハンデを背負いながら上がり3Fのタイムが2位の馬から0.8秒も速いタイムをたたき出しています。この馬は不良馬場でこそ活きる脚の持ち主だと思います。前がつぶれるような展開になればこの馬が馬券になる可能性はかなり高いと思います。


【モンドインテロ】 池添騎手

芝で枯れた馬がダートに来ても結果は一緒だと思います。陣営もここを真剣に狙ってきているわけではないと思うので、ここは紐の端の端に加える程度でいいと思います。


【ミツバ】 松山騎手

枠はこの馬にとってはマイナスだと思います。能力的には通用していいはずなのですが、ポジションを取る能力に乏しい馬で中央の重賞では後方からの競馬にさせられてしまいます。その結果追い込むも届かずの展開が多いです。逆に地方では楽にポジショニングできるので好走することができるという馬です。今回も後ろからの競馬になるとすれば差して届かずという展開になりそうです。前が総崩れのときにようやく馬券になるようなイメージで見ています。


【マイネルバサラ】 松若騎手

枠はマイナスだと思います。もう少し内の方が欲しかったですね。能力的には通用しても良いと思うのですが、人気になっていませんね。いいですねー。不良馬場もそこまで苦にしない馬なのでそこは心配ないと思います。気になるのは鞍上が柴田大知騎手でないことですね。ここはマイナスとなりそうです。



ただでさえ、能力差の少ない荒れ模様のレースだと予想していたところに雨が降り、現在発表は不良馬場となっています。
賭ける気はありませんでしたが、ここまで荒れる条件が揃えば外れることを前提にでも大きな当たりを狙いたくなりますね!
荒れなければ的中してもトリガミとなる覚悟で賭けるつもりです。
それだけこの馬場に期待しています。
期待値2強レースで狙いたいと思います!!

本命の馬名は上のランキングに、対抗の馬名を下ランキングに記載します。
ランキングクリックにご協力お願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ




この雨が恵みの雨となり、今週も皆様の馬券が当たりますように。


4月14日(土)阪神11RアーリントンCの予想です。


【考察】
【パクスアメリカーナ】 川田騎手

前走ではケイアイノーテックを前々走ではラセットを倒しています。戦績こそ500万以下のものですが、倒した相手とそのレース内容はここで通用しても不思議ではないクオリティだと思います。川田騎手であればここはおそらく先行策を取ってくると思うので、この枠はプラスだと思います。前日では1番人気ですが、これは少しやり過ぎかなとは思いますが無印にはできない馬ですね。


【インディチャンプ】 岩田騎手


前走の毎日杯では素晴らしい瞬発力を見せてくれたのでこの枠はむしろプラスと捉えたいと思います。岩田騎手が継続騎乗しているのもいいですね。前走と同じような内から馬群に突っ込む競馬を期待したいと思います。能力についても毎日杯の不完全燃焼で3着確保という強い内容から不安は感じていないので再度の好走を期待したいと思います。ないとは思いますが、天気予報が早まり日中雨が降りかつ、内が避けられるような馬場状態になっていたら本命はこの馬で間違いないと思います。


【ラブカンプー】 松山騎手

逃げ馬が1頭なのでこの馬にとってはプラスですね。枠もいいところが引けたと思います。今回は理想的な競馬ができそうで、問題は能力が足りるのかという点だと思います。これについては自分の競馬さえできればダノンスマッシュやモルトアレグロに近い能力は発揮できる馬なのでここくらいであればぎりぎり足りるのではないかと思っています。主役を張るには少し格が落ちますが、穴としては十分楽しめる馬ではないでしょうか。距離がもつかだけは心配なところです。


【ピースユニヴァース】 武豊騎手

枠はこの馬にとってはよくない枠だと思います。馬の能力はぎりぎりここであれば通用するかくらいはありますが、武豊騎手が直線で外を回すことを選択すると届かない可能性が高いのではないかと思います。前が崩れるようなペースになれば出番もあるかと思いますが、今回はそうはならないのではないかと踏んでいます。


【タワーオブロンドン】 ルメール騎手

ダノンプラミアムやステルヴィオと比較すると格が落ちますが、今回はやつらは出走していません。そうなってくると相対的に能力上位の存在と言えるのではないでしょうか。過去のレースを見ている限りでは操作性に秀でた馬なのでこの枠もプラスだと思います。馬格があるのもいいですね。ここで好走するだけの下地は十分だと思います。


【エアアルマス】 福永騎手

枠はもう少し内がよかったと思います。能力的にもまだ判断しにくいところがありますね。先行策で馬券になるとはあまり思えないのですが、差してきても鞍上が福永騎手では大外を回してロスが大きくなりそうです。それを覆す能力が確実にあるかというとないわけで、前日のオッズは5番人気ですが、人気馬としてはあまり好走がイメージできいない馬ですね。


【レッドヴェイロン】 デムーロ騎手

枠は内が欲しかったですね。ここから前に行くのはなかなか骨が折れそうです。デムーロ騎手は逃げるラブカンプーの後ろの2番手を狙ってくると思います。もしラブカンプーから離れた2番手をこの馬が走って馬群をコントロールしていたらデムーロマジックが発動するかも知れません。これ以外で好走する姿はあまり想像できないですね。好走する可能性もありますが、人気が高いのでどちらかというとリスクが高いなと感じてしまいます。


【ダノンスマッシュ】 北村友騎手

枠はここでいいと思います。後方から大外を回して自慢の脚で直線勝負ですね。基本的にこのレースはペースが早くなることはないと思ているので、この馬に出番が回る可能性は低いのではないかと思っています。もしミドル以上のペースになれば馬券内の可能性は割とある気がしています。馬場と展開次第で判断を変える必要のある馬そんな感じで見ています。


なかなか良いメンバーが揃っている気がしますね。
そのため上位陣と下位陣で力が離れており、今回は比較的堅い決着になるのではないかと見ています。
その中でもリスクの少なく見える2頭を軸に選びたいと思います。
2頭共に来ればプラス、どちらか1頭であれば元返しくらいの感じで賭けようと思います。

期待値2強レースで
本命の馬名は上のランキングに、対抗の馬名を下ランキングに記載します。
ランキングクリックにご協力お願いします。




人気ブログランキング

最強競馬ブログランキングへ




今週も皆様の馬券が当たりますように。

明日はアンタレスSと皐月賞の記事を更新します。
お楽しみに~♪

↑このページのトップヘ